櫻井英明のEimei.TV 6件のレビュー(1.75/5)

櫻井英明のEimei.TV

 櫻井英明のEimei.TV

櫻井英明のEimei.TV 優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はあまり高くないようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず櫻井英明のEimei.TVが如何なる株情報サイトなのか確認していくと「兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く毎日動画ブログを更新していきます。企業訪問を中心により密着した情報はブロマガにて配信中」と記載があります。

本サイトを運営するのは櫻井英明氏です。
既にご存知の方も多いとは思いますが、東京MXのストボでメインキャスターを務める有名な人物です。
・プロフィール
日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。

そんな同氏が運営するサイトという事なので、悪徳の可能性はほぼないと思います。
よって、利用価値があるのかないのか確認しながら検証を進めていきます。

まず、私自身もたまに見る「ストボ」での櫻井氏の印象は、 只のオジサンです笑
メインキャスターという立場上、致し方ない部分もありますが、普通の個人投資家レベルの考えや物の見方しかしていません、少なくともストボでは。

同氏の話している内容や相場観を基に情報発信しているサイトを、別に利用したいとは思いません。
あくまで主観です。

まぁ本サイトにおいては、テレビとは一味違う部分もあるのかもしれませんけど。

主なサービス内容
・今週のスケジュール
国内・海外の経済指標や主要企業の決算スケジュールが記載されています。

・コラム
営業日ごとの相場概況、主なニュースを取り上げ、まとめられているコラム。
流石はキャスターだけあって、良い仕上がりです。

・上場企業IR
櫻井氏が企業訪問実施した際の様子が動画で閲覧できます。

・無料メルマガ
兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介。

以下有料
・ブロマガ(公開記事)
櫻井氏独自の「稼足」銘柄を毎週公開するコンテンツ。
2つのコースが用意されており、「プレミアム版」は3銘柄と「超プレミアム版」は8銘柄を公開。
料金:プレミアム版1記事/3,000円 超プレミアム版/5,000円

その他、HPには過去のパフォーマンスとして実績が公開されています。
銘柄の傾向は意外にも、材料系仕手株などボラのあるものばかりです。
てっきり大型株中心かと思っていました。

流石に実績を捏造しているとは思えないので、肝心の内容と実質的なパフォーマンスを考えてみましょう。

HPには、その月に推奨した中で最も上昇した銘柄を表示しています。
また月ごとに推奨銘柄全てが閲覧可能です。

結論から言えば、ごく普通のレベル ですね。
週に8銘柄という事は月に32銘柄なので、それだけ銘柄推奨すれば2.3銘柄が大幅上昇しても不思議ではありません。

また上昇していない他の銘柄にも目を向ければ、 下落率も中々です。

まぁ5,000円と比較的安価なので、そこまで精度は求めてはいけないし、 櫻井氏自身も自分の実力が分かっているからこその価格設定という事なのかもしれません

以上、櫻井英明のEimei.TVの検証結果をまとめると、悪徳の可能性はないものの、櫻井氏の推奨銘柄・実力は ごく普通です。
信頼できる人物という観点から考えれば、たまにサイトを覗くのはありかもしれませんが、特段おススメできる要素はなさそうです

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

櫻井英明のEimei.TVへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る