大城英史 16件のレビュー(1.5/5)

大城英史

 大城英史(JGグループ)の実態を検証

■検証記事(2019/11/29/検証)
無登録業者(JGグループ)の元会長の「大城英史」が金融商品取引法違反の疑いで逮捕されました。

予てから金商を持たない無登(違法)録業者には警笛を鳴らしてきた当サイトですが、ようやく鉄槌が下った模様。逮捕内容とJGグループが運営していた『30以上の違法サイト』について触れていきます。

▼JGグループ逮捕の速報
JGグループ逮捕の速報

逮捕者全員の情報はまだ明らかになっていませんが、巨悪の根源は「大城英史」と6名の大悪党たち。警察の調べによると被害総額は37億円あまりで、被害者は4000人近い模様です。

このJGグループは、2013年から2018年頃にかけて無登録で投資助言を行っていました。サイトを立ち上げては閉鎖してを繰り返し、国の許可を受けていないまま株の情報を提供し続けていたのです。

当サイトでも都度警告を鳴らしてきたものの、被害者は増える一方でしたが、今回の逮捕でJGグループの壊滅は間違いないでしょう。やっと業界の闇が1つ消えましたね。

続いて、JGグループ(大城英史)が運営していた『違法サイト31選』をご紹介します。

▼JGグループが運営していた違法サイト
JGグループが運営していた違法サイト

当サイトでも検証を行い、悪徳サイトと位置付けたものばかりです。
その中でも「株式ジャーナル」や「株式ナビゲーション」は、大量の悪評が寄せられました。

そんなJGグループですが、2018年にとある投資顧問会社と裏で繋がっていたことが明らかになり話題を集めました。その投資顧問会社とは「ヘッジファンドバンキング株式会社」です。

ヘッジファンドバンキング株式会社は、JGグループが無登録業者であると知りながら共同し、顧客を騙したとして 関東財務局から3ヶ月の業務停止命令(行政処分)を受けました。

現在は、「日本投資機構株式会社」へと名称変更を行い、のうのうと運営を続けています。

JGグループの社員がヘッジファンドバンキング株式会社へ出入りしていた可能性もあることから、もしかすると日本投資機構株式会社へも捜査(警察)のメスが入ってるかもしれませんね。

また別グループではありますが、現在も無登録で運営を続ける違法サイトは一定数存在しています。

▼2019年11月現在も運営を続ける無登録業者たち
2019年11月現在も運営を続ける無登録業者

JCグループだけでなく上記グループについても取締りを厳しくしてほしいものです。

画像内のサイトたちについても検証を行っておりますので、気になる方は併せてご覧ください。
※各サイトが提供している銘柄についても掘り下げています。

投資顧問 プラン(違法)
投資顧問 四季(違法)
投資顧問 ソリューション(違法)
BEST投資情報(違法)

無登録業者がどれほど杜撰に銘柄を選び、会員に提供しているのか。推奨銘柄を掘り下げて検証を行っていますので是非ご覧になってみてください。

無登録で投資助言を行う違法サイトを利用するくらいならば、売買のサポートはありませんが、株のスクリーニングツールを利用してみるのも1つの方法です。

抽出条件をAIが自動で設定し、国内の株式市場の銘柄データから上昇期待値の高い銘柄を抽出してくれる最新の銘柄選定ロボ「循環物色アナライザー」は、株式投資の知識が乏しい方にもおススメの次世代型投資ツールです。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

大城英史への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る