日本投資機構 137件のレビュー(1.31/5)

日本投資機構

 日本投資機構の評判 最新口コミから顧客満足度を検証

日本投資機構は、関東財務局(金商)第2747号に登録する投資顧問会社です。

個別銘柄の情報発信や売買サポートを始め、株ツールの開発も行う日本投資機構。

ホームページには「本格的な投資教育の普及」を目指すとありますが、具体的にどのような特徴を持つ投資顧問会社なのか?

日本投資機構が投資家から選ばれる4つの理由を掘り下げ、専門家が扱う銘柄情報の満足度を検証しました。

日本投資機構が投資家から選ばれる理由


日本投資機構”最大の特徴”は、取り扱うサービスの多さです。

助言サービス「キングトレード投資顧問」や、株式ソフト「トレンドスカウター」の販売、更には投資スクールも運営しています。

この中のトレンドスカウターの販売ページに、日本投資機構が投資家から選ばれる理由が書かれていました。

▼日本投資機構が選ばれる4つの理由

①の独自開発ツールについては、近ごろ投資会社が競って投資ソフトの開発を行っていますからね。

日本投資機構もその流れに乗って株ソフトの開発に踏み切ったのでしょう。

②~④をまとめると、収益率とサポートが良いことが投資家から評価されている理由と言うことでしょうか。

懸念点は、③の「プロの機関投資家が一般公開してこなかった手法を駆使」しているという点。

機関投資家にとって有効的な手法が、必ずしも個人投資家にとって効果があるやり方とは限りません

資金力も違えば、投資対象も機関投資家と個人投資家では違いますからね。

機関投資家は常日頃から数百億・数千億という単位の金を動かしています。

つまり株価が1%でも上がれば、利益は数億円にもなるというわけです。

また機関投資家は、取引の成立のしやすさから、発行株数が多く取引高の大きい大型株が中心となります。

前述したように、株価が2円3円上下するだけで数億の損益が出る世界、取引が成立しないリスクは避けなければなりません。

つまり機関投資家は負けない投資が最優先となるわけです。

しかし、個人投資家が求めているのは”負けない投資ではなく勝つための投資”です。

そのため、資金力が豊富でない個人投資家が好むのは値幅の大きい銘柄。

東証二部やマザーズに上場する中・小型株は、テーマ性や材料1つで”大化け株へと変貌する可能性”を秘めています。

昨年掲示板でも話題になったマザーズ上場のBASE(4477)は、半年足らずで株価10倍にまで上昇しましたからね。

当サイトでも紹介している「AIP投資顧問」では、このBASE(4477)に投資したユーザーから喜びの声が複数寄せられました。

投資顧問会社にとって、情報の質と売買サポートは重要なファクターです。

機関投資家の手法がどれほどの汎用性を秘めたものなのか、日本投資機構の銘柄選定力を掘り下げていきます

日本投資機構の銘柄情報の満足度を検証


日本投資機構の顧客満足度は高いのか?

利用者のレビュー(口コミ)から銘柄情報の満足度を見定めます。

日本投資機のホームページには、同社が提供する各サービスに対する利用者の声が紹介されています。

▼日本投資機構の口コミレビュー
『いつもご丁寧なアドバイスありがとうございます。本日は暴落してしまいましたが、勉強になりました。株が難しく、奥が深いと納得しています。今後ともよろしくお願いします!』

『5301 東海カーボンの見通しをいつものようにお願いします。いつも適切なアドバイスありがとうございます。』

引用元:日本投資機構株式会社HP

口コミから分かるように、「サポート面を評価」する声が多く見受けられました。

ただ一方でTwitterには日本投資機構に対する辛辣な書き込みも‥

▼日本投資機構のレビュー
日本投資機構のレビュー
引用元:安藤 豊 フリーカメラマンは休業中なので株投資をする人

サポートではなく、銘柄選定の方法や予測についてもっと情報を精査したほうがいいのではと口コミでは述べられています。

また、昨年の5月に企業のポータルサイト「Dream News」に日本投資機構が取り上げられた記事も紹介。

▼日本投資機構の紹介記事
日本投資機構株式会社の紹介記事
引用元:Dream News

記事の内容は、新サービスの紹介とサポート改善の報告となっています。

この記事によると、サービス提供及び顧客サポート体制を2020年4月20日より強化・改善したと記載されています。

売買指示やアフターフォローは投資顧問会社の評価を大きく左右しますからね。

ただ安藤豊さんはこの記事に対し、「たとえ窓口を増やして丁寧な応対であっても、利用者が損をしては改善したとは言えない」とコメントしています。

厳しい言い方ですが、その通りですね。

銘柄情報の質とサポートは二つで一つです。

満足度という観点では、カスタマー対応は〇だったが、銘柄の選定力については△といったところでしょうかね。

今後、銘柄情報の質について更なる改善が行われることを期待しましょう。

最近では、AIが今後注目を集めるテーマを予測し、自動で銘柄を選定してくれるサービスも存在します。

株価5倍超えの銘柄を始め、その鑑識眼が高く評価される「話題株セレクト」は、稼げる株ソフトと評判上々です。

銘柄選定において◎の評価を受ける、話題株セレクトの評判が気になる方は以下のリンクから検証記事をご覧ください。

・口コミ評価4.2越えの銘柄抽出AI ▶ 話題株セレクト

日本投資機構のアナリスト一覧


続いて銘柄選定に大きく関わる同社のアナリストについて掘り下げていきます。

日本投資機で確認できるアナリストは全部で8名です。

その中でもメインで活動しているのは以下の4名です。

◆分析・投資判断・助言者

FXトレーダーとして活躍していた人物のようですね。

書籍も出しているようで、「世界一わかりやすい「FX」1億円トレードの教科書」など、Amazonで販売されていました。

購入者のレビューもあったのですが、どうやら評判はイマイチのようです。

日本投資機構の人気サービス「株ドカン」の講師を務めている平田氏。

同社のサービス紹介ページから、公式サイトを見ようかと思ったのですが、リンクが切れているためか確認することは出来ませんでした。

一時期、登山中の滑落事故で大けがをしてしまったことが評判になってましたが、何か関係があるのでしょうか。

日本投資機構を支える大黒柱だっただけに、戦線を離脱するなんてことがなければいいのですが‥。

江口氏は、日本投資機構が運営する投資助言サービス「キングトレード投資顧問」の銘柄分析の行うアナリストです。

キングトレード投資顧問の公式サイトには、江口氏が著名な機関投資家やファンドマネージャーの元で知識と経験を培ったと記載されています。

ただ調べた限り、江口氏がどこかの証券会社に属していたという情報は見当たりませんでした

恐らくですが、著名な機関投資家やファンドマネージャーというのは山崎氏や平田氏を指しているのではないかと推察出来ます。

日本投資機構の中で、唯一の女性アナリストのようです。

期待の新人という感じでしょうかね。

転職サイトに日本投資機構の業務内容が記載されているのを見つけたのですが、新入社員にも入社直後から「メールマガジンの作成」を行っているようです。

▼若手の育成にも尽力
若手の育成にも尽力
引用元:enライトハウス

メールマガジンはその投資顧問の毛並みがもっとも反映されるコンテンツです。

ベテランに任せるのではなく、新入社員にもどんどんトライをさせていく。

若手の育成にも力を入れている投資顧問会社ということがわかります。

日本投資機構のサービス一覧


日本投資機構が運営する株式投資サービスについて触れていきます。

価格:29,800円
利用期間:1ヶ月更新
サポート:1ヶ月更新
> > > 株ドカン の評判を見る

価格:30,000円~
利用期間:最短1ヶ月~
サポート:最短1ヶ月~
> > > キングトレード投資顧問 の評判を見る

価格:29,800円~(月額契約コース)
利用期間:1ヶ月更新
サポート:1ヶ月更新

価格:100,000円~(基本コース)
利用期間:3ヶ月
サポート:3ヶ月
> > > 世界一わかりやすい株の学校 の評判を見る

価格:300,000円(基本コース)
利用期間:制限なし
サポート:制限なし

日本投資機構の会社概要


以下、日本投資機構の会社情報になります。

▼日本投資機構の会社概要
会社名:日本投資機構株式会社
事業内容:投資助言代理業etc
代表:田中類
所在地:東京都千代田区富士見1-2-27 秀和九段富士見ビル301
登録番号:関東財務局(金商)2747号
お問い合せ:03-5212-2244
アドレス:support@school-kabu.jp
引用元:日本投資機構株式会社HP

代表者の田中類さんですが、ネットの評判を調べても日本投資機構以外での経歴などは見つかりませんでした。

もし何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、下記の口コミ投稿欄からコメントをお寄せ頂ければ幸いです。

日本投資機構の総括


投資助言サイトの運営から投資の学校、株式ツールと幅広くサービスを行う日本投資機構。

利用者のレビューを掘り下げ明らかになったのは、サポート体制への満足度が高い投資顧問会社だということ。

その反面、銘柄情報の質については評価が分かれる結果となりました。

数ある投資顧問会社ですが、各社とも様々な特性を持っています。

「本格的な投資教育の普及」を目指す日本投資機構、今後の更なる飛躍には銘柄分析力の向上が鍵となりそうです。

尚、高騰銘柄の抽出に優れたAI株ソフトも評判を集めています。

話題のテーマ株や低位株を始め、株価10倍超えの銘柄も抽出する最新鋭の銘柄抽出AIの評判が気になるという方は以下のリンクからご覧ください。

▼最新鋭の銘柄抽出AI
株式市場の循環物色を先読みする銘柄抽出ロボ
某有名ファンドの運用成果を上回る高性能AIロボ

あわせて読みたい記事

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 某有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

日本投資機構への口コミ

  • サイト名 日本投資機構 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2021年10月21日

    前にここから紹介してもらった銘柄がネガティブサプライズで下がったことがあってそれ以来投資顧問会社は信用してません。

  • サイト名 日本投資機構 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2021年09月27日

    8月の実績が出てたけど推奨のタイミングを見るに順張りも逆張りもやってる感じですかね。ロスカットになったユーグレナのチャート見てるとなんでここだったんろってちょっと謎だけど。

  • サイト名 日本投資機構 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2021年09月07日

    経歴紹介してないってことはこれといった経歴ない人ってことでしょ?ただまあ経歴凄ければ結果も凄いとはならないけどね

  • サイト名 日本投資機構 投稿者名 だしたまご
    評価 評価なし 投稿日 2021年08月19日

    代表の田中類さんってどんな人なんだろう?経歴とかほとんど見かけないけど優秀な人なのかな?

  • サイト名 日本投資機構 投稿者名
    評価 評価なし 投稿日 2021年08月18日

    日本投資機構のTwitterフォローしてるんですが「損切上手は株上手」ってのを見てその通りだなまさに自分のことだなと実感しました。安くはないですが日本投資機構にお世話になってみようかと思います。

  • サイト名 日本投資機構 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2021年08月04日

    羨ましいですよ 自分は以前情報を買って投資したのですがてんでだめでしたから 運もあるのかな 広告でプロがあったから日本投資機構にはけっこう期待してたんですけど

  • サイト名 日本投資機構 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2021年07月14日

    日本投資機構で紹介された株が上がりました!

    株初心者の自分でも儲けることが出来てるのは日本投資機構のおかげです!

  • サイト名 日本投資機構 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2021年07月09日

    塩漬け銘柄をそのままにしておいていいのか?っていうのは納得かな。長期目的で買った株は別として短期見込みで上がると思って買った株をずっと放置にしてることによる機会損失は結構大きいし、資産は減るけど資金は増えるわけだからそこからまた投資して増やすほうが利口だなっていう意味では日本投資機構の考えに一票かな。

  • サイト名 日本投資機構 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2021年06月23日

    記事にある安藤さん、日本投資機構にキレながらもずっと契約続けてるの笑える。
    これが日本投資機構でよかったな。豊みたいな詐欺会社だったらとっくにホームレスになってるぞ安藤さん。

  • サイト名 日本投資機構 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2021年06月16日

    インフォトップに株ドカンが出てた頃利用していました。しばらく株式情報サービスみたいなのからは離れてましたけど久々に見たら株ドカンはやってなかったのでいろいろ調べてたらここを見つけました。平田さんが退いたってことなんですかね?あれだけ優秀な経歴の方がいなくなるってちょっと寂しいです。

  • ▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る