factror(ファクター) 188件のレビュー(1.36/5)

FACTOR(ファクター)

 株式会社ファクター 超成長株の法則と有料株情報の評判を検証

金のタマゴを探し出す超成長株の法則なる電子書籍を配信する株式会社ファクター。

しかし実態は、無登録で投資助言を行う(違法)株情報サイトだと判明。

最近はSNSでも広告を見かける頻度が多くなってましたが、ネットの評判を見る限り、株式会社ファクターの口コミ評価は高くありません

その証拠にfactror(ファクター)の内情を調べたところ『会社が法人登記されていない』『他サイトのコンテンツを無断転載』と、違法行為が次々と露わになりました。

当記事では、そんなファンタジー色強めの株式会社ファクターの実態を、利用者の評判を交え検証していきます。

電子書籍『超成長株の法則』はただの解説資料だった


factror(ファクター)に会員登録することでもらえる電子書籍『超成長株の法則』。

管理人も実際にダウンロードして分かったのですが、法則とは名ばかりの”ただの解説資料”でした。

▼超成長株の法則
1.超成長株と成長株の違いって?
2.バリュー株と成長株の違いって?
3.成長株投資の魅力
4.一般的な成長株の基準
5.超成長が見込める銘柄の特徴
6.さらに絞り込むには?
7.最後に
参考:株式会社ファクターHP

バリュー株と成長株の違いといった初歩的な内容が紹介されています。

また、過去業績が高成長した銘柄や、今後成長する可能性が高い銘柄を、factror(ファクター)では独自に”超成長株”と命名したようです。

▼超成長が見込まれる銘柄の特徴
① マザーズにいる
② 上場10年以内
③ 時価総額500億円以下
④ 事業内容がユニークなものである
参考:株式会社ファクターHP

特におかしいところはないですが、ごくごく当たり前のことしか書いてないです。

正直ダウンロードしてまで見る価値のある電子書籍とは言えないでしょう。

株式会社ファクターの評判から分かる杜撰なアフターフォローの実情


株式投資に関する学習教材を提供する株式会社ファクターですが、言わずもがな”裏では有料で投資助言まがいの行為”を行っています。

そんな株式会社ファクターの評判を調べてみると、杜撰なアフターフォローの実態が明らかになってきました。

▼株式会社ファクターの評判
『7月25日に投稿された人と同じ銘柄三井E&S(7003)を私も紹介されました。購入して一週間ですが買ったら翌日から下がり、何のフォローもないのでこちらから担当の山口にメールするともう少し持っていてくださいと。それから次のスッテプの案内があり、ことばも私の為に情報システム部と相談して、上司の村瀬も入ってもらいあなたの資産運用をWIN-WINの関係できづいていきたいと何回もメールが来ました。私が反応しないでいたら、締め切ったのですがどうにか参加できるように枠を設けておきますので是非。あの手この手。その時の手数料9万8千円。3倍成長銘柄。』

推奨銘柄の下落は仕方ないにしろ、フォローが何もないというのは投資助言会社としては失格ですね(助言会社ではないですが)。

その辺、会社としてどういったサポート体制を実施しているのか?

調査を行った結果、もはやファンタジーとしか思えない株式会社ファクターの驚きの実態が明らかになりました。

株式会社ファクターは空想上の存在と判明


まず結論から申し上げると、株式会社ファクターは登記上”存在しない会社”であることが判明しました。

何を言ってるのかわからないという方もいらっしゃるかと思うので、運営元の株式会社ファクターがどんな会社か?順を追って見ていきましょう。

▼株式会社ファクターの会社情報
販売業者:株式会社ファクター
責任者:野村和己
所在地:東京都中央区新川1-17-24
電話:03-6263-0327
メール:info@i-factor.net
参考:株式会社ファクターHP

会社情報を見る限り、東京都中央区に所在する会社のようです。(※偽情報でした)

また公式サイトには、「創業40年」「満足度97.8%」との記載が確認できます。

凄いですね、40年以上の歴史。日本の五大証券の1つでもある大和証券よりも古い歴史を持っているようです。

▼日本の五大証券の創業年
日本の五大証券の創業年

バブル崩壊も乗り越えた株式会社ファクター。

この情報を見て「factror(ファクター)は凄い会社」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これも全てフィクション(作り話)です。

驚くことにこの株式会社ファクターという会社、法人登記されていませんでした。

▼factror(ファクター)の法人情報
株式会社ファクターの登記情報
引用元:国税庁法人番号公表サイト

評判が良い悪い以前の問題で、会社が登記されてないという時点で信用は無いに等しいでしょう。

口コミでも度々登場する『山口』と『村瀬』とは何者か?


会社自体が登記されてないという驚きの実態が明らかになったfactror(ファクター)ですが、口コミを見ていると更に面白い情報を見つけました。

それが株式会社ファクターの社員、『山口』&『村瀬』さんタッグの評判です。

▼factror(ファクター)の口コミ
『担当者が山口、上司が村瀬のペアで何人の人達を騙しているのか😤😤😤😤😤 ここと豊を無くすのにはどうすれば良いのでしょうか😤😤😤😤😤』

どうやらこの2人がfactror(ファクター)の有料情報の販売を行っているようです。

因みに『』は、factror(ファクター)と同一グループで、先日”金融庁から警告を受けた”無登録業者です。

※2021年12月にはサイト名を豊から『都(miyako)』に変更

この他にも、あの手この手を使って情報を買うように指示してくる様子が口コミからも見て取れます。

▼factror(ファクター)の口コミ
『山口、桜井、村瀬など上層部とか言っているが、それぞれあの手この手で情報料を払わせようと必死です。まともな銘柄ではなくひどいものです。何がAIだと思いますね。今のところどう出てくるかわからないがメールでいじめてやろうと思ってます。1300万円儲かるまではこのプログラムで頑張りましょうと言ってきたので乗ってしまった。そのあとうまくいかないから この銘柄で行きましょうという。金を払わせて、また失敗する。この繰り返しです。お客様の利益が1番の目的ですとか言って、適当な銘柄を言ってくるのだろう』

銘柄選定にはAIが用いられているようですが、その精度の低さからかユーザーは怒り心頭です。

最近では膨大な情報を解析できるAIを投資に応用する企業が増えていますからね。

factror(ファクター)もその波に乗ろうとしたようですが、口コミから察するに同サイトのAIの精度には期待は持てないでしょう。

当サイトでも数多くのAI株サービスを検証してきましたが、現時点で一定の評価を受けているのはほんの一握りのサービスのみです。

その筆頭と言えるのが『グローイングAI』というAIロボなのですが、最近では株価7.2倍超えの高騰銘柄を抽出し話題を集めているようです。

投資実績までもがファンタジーと口コミは大荒れ


嘘に嘘を重ねるとはまさにこのこと。

factror(ファクター)の投資実績ですが、驚くことにサイトが運営を始める4年近くも前の騰落情報が実績として掲載されていました。

▼factror(ファクター)の[嘘]投資実績
factror(ファクター)の[嘘]投資実績
引用元:株式会社ファクターHP

因みにfactror(ファクター)が運営を開始した日付に関しては、ドメインの取得日から算出しています。

▼factror(ファクター)のドメイン取得日
ファクターのドメイン取得日
引用元:SEOチェキ

2021年1月にオープンしたばかり。ここまでくると、もはやファンタジーですね。

実績と一緒に口コミも記載されていますが、利用者がいない中で誰がこのコメントを書いたのか…

真相は闇の中、皆までは言うなということですかね(笑)。

ただもう一つだけ言わせてもらうとしたら、実績にある「利益日」という文字。

これは利益獲得した日付ということを指しているのでしょう。

しかし、factror(ファクター)には個別銘柄の売買指示を出すことは出来ません

正確にいうと、出来ないではなく”やってはいけない”なんですがね。。。

金融庁が警笛を鳴らす無登録業者が横行


昨今の投資業界で問題となっているのが、無登録業者による業界汚染です。

基本的に日本で投資情報の販売や個別銘柄の売買指示などの投資顧問業を営むには公的な許可が求められます

この許可が下りていない状態で運営することは勿論ですが違法になります。

▼著名な無登録業者4選
株情報サイトステップ
株情報サイトダイレクト
株情報サイトリード
株情報サイト豊

金融庁のホームページを見ると、投資顧問業者として認められた会社が一覧で記載されています。

私も一通り目を通しましたが、株式会社ファクターの文字はどこにも見当たりませんでした。

つまり株式会社ファクターは、許可が下りていない状態で運営している違法業者と言うことになります。

しかも驚くことに、会員ページにはこんな記載も‥

▼自ら違法行為を公表
自ら違法行為を公表
引用元:株式会社ファクターHP

何度も言いますが顧客へのアドバイスは違法です。

さらに言えば、そのアドバイスをしている人間さえも”投資のプロではない”可能性すらあります。

一般的な投資顧問会社の場合、アナリストなどの情報が明記されていますが、株式会社ファクターでは一切開示されていません。

まあ紹介できるだけの経歴を持つアナリストがいないということでしょうね。

また多くの証券会社・ファンド等の機関投資家からノウハウを吸収しているとありますが、違法業者と手を組むほど機関投資家も馬鹿ではありません。

もし事実なら新聞で一面を飾ってもおかしくない大スクープです。

実際に株式会社ファクターが紹介してる株情報を見ても、機関投資家から情報が下りてきてるとは到底思えない内容でした。

【株探の下請け?】factrorの株情報は他サイトのコピペばかり


factror(ファクター)に会員登録して驚いたのですが、同サイトの株情報は株探に掲載されている記事のコピー&ペーストであることがわかりました。

管理人も思わず「株探の下請け会社か何かなの?」と思って調べてみましたが、どうやら単純に自社コンテンツとして無断転載しているだけのようです。

▼factror(ファクター)の株式ニュース
factror(ファクター)の株式ニュース
引用元:株式会社ファクターHP

↑この情報は3/16の午前中に送られてきたものになります。

そしてこれが、株探が3/16の朝に配信した情報です。

▼株探が配信した今朝の注目ニュース
株探が配信した3月16日朝の注目ニュース
引用元:株探

よく見てもらうとわかるように、好材料が発表された銘柄情報の中から、factror(ファクター)が搔い摘んで紹介していることがわかります。

しかも株探で配信されたのは当日の7時30分に対し、factror(ファクター)からの情報配信があったのはその1時間以上も後。

株式投資において情報の鮮度は新しければ新しいだけ価値があります。

大手の株サイトの情報の後だしではコンテンツとしての魅力は皆無でしょうね。

更に驚いたのは、パクっていたのは株探だけではなかったということ。

3/15の株式ニュースでは、ロイターから無断転載していることが発覚しました。

▼factror(ファクター)とロイターの比較
ファクター×ロイター

超コピペ祭りですね。どうやら自社コンテンツへの思い入れやプライドというものはfactror(ファクター)にはないようです。

総括


超成長株の法則なる電子書籍を配信する株式会社ファクターですが、その実態は違法株情報サイトであることがわかりました。

もしfactror(ファクター)から有料情報の購入を検討している方は、是非とも再考することをお勧めします。

株式の専門家からのアドバイスが受けたいという方は、金融庁に登録を済ませた投資顧問サイト『株株』や『新生ジャパン投資』の利用を検討するのも良いでしょう。

また最近では、有望株をAIが自動で選定する銘柄抽出AIも評判を呼んでいます。

中でも、日米双方の有望株の抽出に成功した『WSC』は2つの市場の解析に成功した日本初のAI株ソフトです。

日米併せて1万近い銘柄がある中で、平均勝率7割超えと高い数値を記録しています。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

factror(ファクター)への口コミ

  • サイト名 株式会社ファクター 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年05月09日

    いつの間にかなくなってない?このファクターって会社?

  • サイト名 株式会社ファクター 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2022年04月02日

    このサイトを使う前までは非常に良い印象だったんですけどね、実際使ってみると負け取引ばかりになりますから駄目だなって思いました。資金は減っていく一方ですからくれぐれも皆さん関わらない方が良いです。

  • サイト名 株式会社ファクター 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年03月26日

    明らかに下落してしまうから買わないほうが良いだろうみたいな銘柄を出してきたりと結構おかしな点が多かったですね。本当に玄人が選定しているのかかなり疑問に感じてしまうことが多かったですから。これは辛いです。

  • サイト名 株式会社ファクター 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年03月16日

    ファクターもサイト名が変わってみたいですよ。次はニーズだそうです。

  • サイト名 株式会社ファクター 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2022年03月01日

    高配当ETFが3%超となり、S&P500も2%超の反発という今までの市場を覆すような動きをしている。米株は流れが変わったと見ていいだろうか?

  • サイト名 株式会社ファクター 投稿者名 しっかりと記事は読むべきです
    評価 投稿日 2022年02月28日

    この記事に書かれてることは全部嘘だから気にしてはダメと言われてそれを信じたが真実はまったくの逆であったよ。今となっては書かれてること全てが腑に落ちる。でも3ヶ月前には個々に書いてることが自分でも嘘なんだってマインドセットまでしてたしされてた。弱いし悔しい自分が嫌いです。

  • サイト名 株式会社ファクター 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年02月27日

    別サイトを使っててこちらのファクターというサイトを案内されました。結果は最悪です。

  • サイト名 株式会社ファクター 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年02月21日

    会社情報すら公表されてない投資会社とかもはやリスク以外の何者でもないwww

  • サイト名 株式会社ファクター 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年02月20日

    別のサイトではかなり評価が高かったので使えるのかなって思っていたんですけどね。結局全然利益確定できないで終わってしまったのでこれは悪質だなって思いました。みなさんも惑わされないようにして下さい。

  • サイト名 株式会社ファクター 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年02月13日

    法人登記されてないってもうほとんど詐〇会社ってことですよね?オフィスの場所を明かしてないとか芸能人の自宅とかじゃないわけですし明かさない理由も不明。関わらないのが賢明ですよ。

  • ▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る