マエストロの株式ボナセーラ 36件のレビュー(1.73/5)

マエストロの株式ボナセーラ

 マエストロの株式ボナセーラ

マエストロの株式ボナセーラ優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はマチマチのようです。
「悪徳」の可能性もあるので早速、HP等の検証をしていきたいと思います。

まずマエストロの株式ボナセーラがいかなる投資顧問なのか確認していくと、「難しく不安に思いがちな株式投資をシンプルで楽しく考えていく事をテーマに、投資顧問業という立場から、皆様の株式投資のお役に立つことを目標としております。」という記載があります。

また「あせらない!欲をかかない!堅実に!と、しっかりと利益を積み重ねていくスタンスでご提案」とも記載されていて、推奨銘柄の目標株価も設定してくれるようです。

主なサービス内容としては以下の通り。
まずは無料サービスから。
・無料メルマガ
・セミナー開催
・デイリーコメント

続いて有料サービスの紹介
◆一般会員
利用できるサービス
・ザラ場のブログ
・短期注目銘柄‥目標上昇率、提供後翌日~2週間で8~10%
・企業ニュース
・過去の注目銘柄フォローコメント
・料金:1ヶ月~/13,650円~

◆特別会員
一般会員情報に加え以下のサービスが利用可
・特別短期注目銘柄‥目標上昇率、提供後翌日~5営業日で8%
・中期注目銘柄‥目標上昇率、提供後1~2カ月で13%
・特別用意銘柄‥相場環境等の要因から、今後期待の銘柄を配信
・料金:1ヶ月~/27,300円~

その他、マエストロの株式ボナセーラのHP上では特に不審点が見受けられないので、「実績(熊谷氏の実力)」を測定していきたいと思います。

HP掲載の実績には材料系仕手株やテーマ株が多く掲載されています。
銘柄選定方法としてはややテクニカル重視の印象です。
上昇トレンド銘柄の押し目買いや、急騰銘柄の調整局面への飛び乗りなどがメインですね。

助言方針は悪くないので後は単純なセンスの問題なのですが、実績で「目標達成」と記載されている銘柄の中で実際は利益を得られていない銘柄も多いようです。

例えば6/1推奨のリミックスポイント(3825)。推奨日は陰線で始値258円、終値246円。目標値である8%上昇は250円でエントリーした場合でも270円です。

↓HP掲載画像↓
file129

270円を超えたのは7/1なので期間として1ヶ月要していますが、
実際はその間6/24には安値で186円まで下落していますから、とっくに損切りしているはずですよね。 ※HPによると「注目日終値から8%下落した株価をロスカット目安」との事。

これを「目標達成」と呼んでしまっていいのか‥ 実際に利用者が利益を出していないにも関わらず、 どこらへんが「目標達成」なのか教えてほしいです

ちなみにヤフーファイナンスの株価予想の今年の成績を確認したところ、2016年は1月~2月まで予想していますが、なぜか勝率・パフォーマンスが記載されていません。

↓投資の達人画像↓
file128

仕方なく手計算で数えたところ、合計286回予想し84勝202敗という結果になりました‥。
勝率は29%という悲惨な結果で営業に支障があるためヤフーファイナンスでは勝率等を表示していないのかもしれませんね‥

この成績を引っ提げて、よく投資顧問なんてできますよね。
なんか可哀想になってきたので、ここらで追及をやめておきます笑

以上、マエストロの株式ボナセーラの検証結果をまとめると、悪徳投資顧問の要素こそないものの、肝心の熊谷氏の実力・センスは現状では悲惨なレベルです。とても利益を得られるような投資顧問ではないので、利用価値は無いでしょう。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

マエストロの株式ボナセーラへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る