持田有紀子 3件のレビュー(2.67/5)

持田有紀子

 持田有紀子の3次元ベータトレードからわかる実態

持田有紀子は20年無敗という異次元のキャッチコピーを売り文句に、高額情報商材を販売している元野村証券在籍の女性トレーダーです。

彼女の情報商材はどれも「1回のトレードで資金10倍、100倍、1000倍」「すさまじく儲かる投資法」などの衝撃的な宣伝文句が使われているのが特徴。

キャッチコピーの20年無敗が事実なら情報商材の宣伝文句も本当かもしれないと思うのですが、いざ商材の評判を見てみると…?

利用者からは「肩透かしをくらう」「もうやる気がしない」などの評判が出ているのがわかります。

持田有紀子が販売する投資情報商材は、天才トレーダー持田有紀子の脅威のロジックを再現したものではなかったのか?

持田有紀子が手掛ける高額な投資情報商材の詳細について、代表作である3次元ベータトレードの内容や評判を中心に調査し、持田有紀子という人物の実態についても深掘りしていきます。

持田有紀子の3次元ベータトレードの内容と評判


持田有紀子はこれまで以下の4つの高額投資情報商材を販売してきました。

▼持田有紀子の商材
・3次元ベータトレード塾
・Vガンマトレード
・持田有紀子の必勝トレード!モチトレ!
・3次元FX

持田有紀子が満を持して販売した投資商材とは一体どのような内容だったのか見ていきます。

1.3次元ベータトレード塾
最も最近販売された情報商材。株、FX、債券、コモディティなど、6つの金融商品それぞれのエントリーとエグジットのタイミングをシグナルで教えてくれるツールです。

それぞれの金融商品に存在する値動きの相関性を元に、次に価格が上がる金融商品を見つけ出し、それをシグナルで教えてくれるようです。

ツールに表示された数値を毎日ただ入力するだけで、3年間で50万円が6億7000万円になる無敗のトレード法という常軌を逸したキャッチコピーが打たれています。

では利用者の評判はというと?

▼3次元ベータトレードの評判
確かに塾にしては内容が…ね。持田先生の説明もじゃっかんわかりづらいし。詐欺商材とはおもわないけど怒る人の気持ちもわからないでもない。
引用:暴露板

▼3次元ベータトレードの評判
この塾で学べるのはノウハウではなく考え方です。一応トレードルールは用意されていますが、裁量要素が非常に多いため曖昧な部分が多いです。それと相関性に関しても確実性はないのでここの判断も裁量要素が多い。その上で持田さんのトレードルールという大枠の中で自分の裁量を磨いていくような、そんな塾です。ですが、塾にする必要があったのか?と思うほどシンプルです。期待して参加すると肩透かしをくらうかもしれません。現に私がそうでした。最初は失敗したかなと思っていましたが、しっかり向き合うことで後々役立つことは多いです。だたやっぱり高いとは思いますよ。それと他の方が言うようにサポートがちょっと。そんな感じですかね。
引用元:暴露元

宣伝では「ただ数字を入力するだけ」と言っていましたが、実際は裁量だらけ。

持田有紀子の説明がわかりにくく、3次元ベータトレード塾のサポートもイマイチということでした。

この内容で料金は248,000円。

2.Vガンマトレード
1回のトレードで資産10倍、20倍、100倍を狙えるトレード手法を解説する商材、Vガンマトレード。

相変わらず派手な宣伝文句ですが、その評判はというと?

損出限定利益無限大に違いはないですが、それには裏があり、宝くじの様に当たれば大きいけど外れれば紙屑の、危うい投資手法でした。
引用:暴露板

まあ、乱暴に言えば、やろうとしているトレードは期限SQまでのバイナリーオプション(ラダー)みたいなものですから、8割ぐらいは退場じゃないでしょうか。残るのは運のいい人のみ。
引用:暴露板

Vガンマトレードの場合はリスクの大きい宝くじのような手法という意見が多数見つかります。

これで料金248,000円+アドバンスコース248,000円+継続サポートで月々9800円とのこと。

残りのモチトレ!と3次元FXについても状況は似ています。

こうした高額な情報商材ビジネス数年前から繰り返しているのが持田有紀子という人物というわけです。

しかし持田有紀子は話によると元野村證券でディーリングを行っていた凄腕トレーダーのはず。

持田有紀子の技術を商材にしたのであれば、購入者は爆益を出せていて然るべきです。

一体なぜ経歴と商材の評判が食い違うのか?その答えは持田有紀子の評判を見ることで判明しました。

持田有紀子の評判


持田有紀子が投資手法を解説する3次元ベータトレード塾や彼女の執筆した書籍に対する評判を見ていくと、持田有紀子に関する1つの共通した不満が出ていることがわかりました。

「具体性が無い」「物足りない」といった説明力に対するマイナスな評判が多数出ています。

▼持田有紀子の評判
結論から言えば、取り立ててユニークな方法論や独自の分析が述べられている訳ではありませんでした。ありきたりな損切りの重要性から始まり、方法論としても、1)はじめから損切りポイントを設定しておく。2)逆指値を使え、3)トレーリングストップを使え・・・などというもう言い尽くされたことばかりに終始するありさま。要は、損は素早く切り捨て、利は伸ばせ。ということです。リスク管理のためにはどうすべきかという仮説は提示しているものの、それを実際のデータを使って検証しておらず、記述に具体性もないので説得力がありません。これでは単なる投資精神論のレベルにも達していません。
「成功者の投資術」とありますが、いったい誰のことなのでしょうね。
引用:amazon『利確と損切りのタイミングを読む 成功者の投資術』レビュー

ありきたりな説明ばかりで独自性は無し。リスク管理の仮説は提示しているもののデータを使った検証は無し。説明に具体性も無し。とのこと。

このレビューが書かれた『利確と損切りのタイミングを読む 成功者の投資術』は2009年に出版されたものですが、そのころから持田有紀子の説明力を非難する指摘が出ていたようです。

2007年に出版された『外国為替取引(FX)はこうして稼ぐ』でも似たような指摘がでているのを発見。

▼持田有紀子の評判
全体の印象として、広く浅くと言ったところ。傾向として、スワップを否定し為替差益を取るべきとのスタンス。拠って、中長期ではなく超〜短期を例にして話しているが、テクニカルよりファンダメンタルに偏った印象もあり、ちぐはぐな面があると感じた。ポジションもショートやロングを織り交ぜており、初FX本ならば混乱を招きそう。更に、売買テクニックとサブタイにもあるが、ポジションの持ち時、清算時といった具体的な運用方法は皆無なので注意
引用:amazon『外国為替取引(FX)はこうして稼ぐ』レビュー

持田有紀子自身がどれだけ投資のことを理解していようと、それを説明できないのでは…。

持田有紀子の手法に問題があるというよりは、説明方法や宣伝方法に問題があるというのが正しいのかもしれません。

誰でもハイレベルな投資を再現できるということでAI投資が人気を博しているのは、こうした背景があるのかもしれませんね。

AIが値上がり期待の株式銘柄を選び出してくれる『グローイングAI』は投資に不慣れな方でも利益を出せていることからもわかります。

4銘柄連続で利確。+20%~+50%付近を立て続け。特によかったのは抽出銘柄が上昇した後あっさり急落するなんてことが無かったところ。売り時の天井は逃しても、急落しなければいくらかの利益は拾える。これが私のような経験の浅い投資家にはありがたかった。
引用:株的中

それにしても持田有紀子はここまでくると評判が悪い高額情報商材を販売し、本人の説明力も決して高くはない人物ということになります。

なんなんだこの人は。大丈夫なのか?と、なんだか持田有紀子という人物そのものがどういった背景を持つ人物なのかが気になってきました。

ということで経歴など改めて振り返ってみます。

持田有紀子の経歴


まずは持田有紀子の経歴、プロフィールからどういった経験を積んできた人物なのか見てみます。

▼持田有紀子の経歴
年代不明:慶應義塾大学法学部政治学科にて東アジアの地域研究と国際関係を専攻
1988年:慶應義塾大学法学部政治学科卒業
年代不明:野村証券入社。日本株トレーディング、オプションなど経験
年代不明:野村証券退社
年代不明:人事コンサルの会社で人事評価のコンピテンシーモデル開発
2000年:投資経験をもとに企業
2005年:アルジャントレード株式会社の代表取締役に。
現在:20年間、年ベースで無敗のまま優雅な毎日を送る

野村証券では本社商品本部での株式トレーダーを経て、女性初の総合職となり本店営業部へ。株式オプション課や営業課を経験します。

野村証券を去ったあとは人事コンサルティングの仕事に従事。心理学や行動科学を身に付け、投資家へのアドバイスを始めます。

2005年には投資情報サービス会社、アルジャントレード株式会社を設立し、代表取締役に就任。

アルジャントレード株式会社では海外の先物市場から外国為替取引、海外のヘッジファンド運用まで幅広い投資ジャンルの運用サービスを提供。

FXでもいくつかの解説書を出版しています。

著名な女性投資家の中では経済紙フォーブスで世界のファンドマネージャートップ20に選ばれた竹村尚子などと比べると多少見劣りしますが、それでもしっかりした経歴を持っている人物と言えるでしょう。

持田有紀子に一体何があったのか、なぜ高額情報商材を販売するに至ったのか、その理由は謎ですが、本来は信用していいはずの人物です。

彼女の人生に何があったのか、それが判明したならこの記事に追記していこうと思います。

持田有紀子の総括


持田有紀子は元野村証券でディーリングを行っていた人物です。

その後自身で投資情報会社を立ち上げるなど、一般投資家の為に精力的に活動していました。

しかし何があったのか現在は高額な投資情報商材を販売するのがもっぱらの仕事となり、その商材の評判も決していいとは言えません。

その姿はまさに竹村尚子などと被ります。かつて活躍していたトレーダーも、どこかで何かを踏み外してしまうことは珍しくないということなのかもしれません。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

持田有紀子への口コミ

  • サイト名 持田有紀子 投稿者名 金の音
    評価 投稿日 2022年06月20日

    評判はそこまでよくないですが、20年間無敗は本当なんですよね?だったら十分凄いと思います。世の中凄い記録は嘘だと決めつけて批判したい人間が多いですから。イチャモンを付けて認めようとしなかったりね。持田さんはそういう輩に負けず頑張ってほしいです。

  • サイト名 持田有紀子 投稿者名 毛虫
    評価 投稿日 2022年06月13日

    最初は数字を打ち込むだけだと言ってたのに、だんだんロジックを理解しろとか、それが出来ないなら勝てないとか言い始めて話が違うと思った。

  • サイト名 持田有紀子 投稿者名 マルチ会員
    評価 投稿日 2022年06月08日

    持田さんは投げっぱなしで全然詳しい説明もしてくれないし、3次元ベータトレードは裁量だらけでもうダメだ。これじゃ勝てない。そもそも本人が実績も出してないってどういうことだよ。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る