おすすめの黒字転換2選と黒字転換銘柄一覧

黒字転換銘柄のサムネイル

初心者でも利益を狙いやすく、損切のリスクを抑えやすい手法としてよくお勧めされるのがこの黒字転換銘柄。

この黒字転換した銘柄で利益を狙う手法は有名アナリストの馬渕磨理子さんもおすすめしており、その再現性の高さやシンプルさを評価しています。

内容は至って単純。経常利益が黒字転換した銘柄、しそうな銘柄をいち早く買うだけ。売りタイミングは株価が2倍になったら売るのがよく採用される基準です。

このルールに従うだけで投資手法として成り立ってしまうほどに簡単なのです。

では実際に黒字転換後に株価が2倍を超えた例を見てみましょう。

FRONTEOは業績が黒字転換してから株価が上昇し始め、約半年後には株価2.17倍にまで上がりました。

FRONTEOのチャート

黒字転換の決算が出た直後、醍醐味である急騰も見られますね。このタイミングで利確してしまうのも有りかと思います。

以下の記事ではこのFRONTEOのように株価2倍も夢じゃない黒字転換銘柄を厳選してご紹介致します。

おすすめの黒字転換銘柄2選


利益を上げやすく再現性が高いと言われる黒字転換銘柄。

ここでは、5月~6月の決算で黒字転換した銘柄で、今後の株価上昇が期待できるものをご紹介します。

1.トーホー
コード:8142
業種:卸売業
6月15日時点株価:1312円

2022年3月発表の決算で営業利益、経常利益ともに黒字転換。

2022年6月発表の決算で2期連続黒字となり、継続的な業績回復が見られます。

トーホーの業績推移

継続黒字により株価は急上昇。大きく注目されています。

トーホーのチャート

黒字化の要因として、新型コロナウィルス感染症の影響が薄れ、主要取引先である外食事業者への販売が回復基調にあるとのことで、今後コロナ沈静化に伴い増々業績が上向くと思われます。

コロナ前の株価が2000円前後、現在の株価が1300円前後。業績が順調に回復すれば2000円あたりまで株価上昇するかもしれません

2.ユーグレナ
コード:2931
銘柄名:ユーグレナ
業種:食料品
6月15日時点株価:858円

2022年5月発表の決算では経常利益が黒字転換しました。

ユーグレナの業績推移

しかし今の段階では営業利益がマイナスだからか株価への影響は見られません。

ユーグレナのチャート

売上が前年同期比で約3倍になっているにも関わらず、営業利益はマイナスの理由はバイオ燃料事業への先行投資とのことでした。

そのバイオ燃料事業は、最短で2025年9月期に営業黒字に転換しそうとの見通しを出しており、黒字化をバイオ燃料の商用プラントの完成としています。

バイオ燃料は脱炭素化のテーマ株とも言われているクリーンエネルギーの一つで、この実現が目の前ということで黒字転換の兆しが見えている今、今後の上昇が期待できる銘柄としています。

他にも高騰が期待出来る低位株を知りたいという方は、AI分析ソフトのグローイングAIが役に立つかもしれません。

グローイングAIは今後値上がりが期待出来る銘柄をAIが解析し、ピックアップするというもの。これまで株価106円から19倍以上に値上がりしたテラなど、高騰した200円以下の株を事前予測してきた実績があります。

>>グローイングAIの過去実績と解説はコチラ

2022年6月に黒字転換したの銘柄一覧


その他直近で黒字転換した銘柄の一覧もご紹介致します。おすすめの2銘柄以外にもお宝銘柄が眠っているかもしれません。

1.パーク
コード:4666
銘柄名:パーク24
業種:不動産
株価:1861円
黒字転換ポイント:1Q、2Qの営業利益、経常利益が前年同期間比で黒字転換

黒字転換の要因:コロナ禍の影響緩和による売り上げ改善に加え、不採算駐車場の解約、地代減免、管理コスト抑制などが想定以上に進捗したこと

2.クシム
コード:2345
銘柄名:クシム
業種:IT通信業
株価:407円
黒字転換ポイント: 2Qの営業利益、経常利益が前期比で黒字転換

黒字転換の要因:事業転換中のブロックチェーンサービス本格稼働したこと

3.CAICA DIGITAL
コード:2315
銘柄名:CAICA DIGITAL
業種:IT通信業
株価:160円
黒字転換ポイント: 2Qの営業利益、経常利益が前年同期間比で黒字転換

黒字転換の要因: 従来のシステム開発が堅調であることに加え、複数社の連結子会社化による寄与及び、子会社の一つであるカイカキャピタルにおける暗号資産の投融資、運用が堅調だったこと

4.ブラス
コード:2424
銘柄名:ブラス
業種:サービス業
株価:848円
黒字転換ポイント:1Q、2Q、3Qの営業利益、経常利益が前年同期間比で黒字転換

黒字転換の要因:緊急事態宣言下でもコロナ対策を徹底したことでの受注獲得。その後はワクチン普及による需要再拡大

5.バルニバービ
コード:3412
銘柄名:バルニバービ
業種:小売業
株価:1038円
黒字転換ポイント:1Q、2Qの経常利益が前年同期間比で黒字転換

6.SKIYAKI
コード:3995
銘柄名:SKIYAKI
業種:IT情報通信
株価:367円
黒字転換ポイント:1Qの営業利益、経常利益が前年同期間比で黒字転換

黒字転換の要因:ストック収益が好調に推移。さらにグループ全体で固定費削減を行い、欠損金の繰越控除などで法人税が減少したことが寄与

7.VALUENEX
コード:4422
銘柄名:VALUENEX
業種:IT情報通信
株価:880円
黒字転換ポイント:2Q、3Qの営業利益、経常利益が前年同期間比で黒字転換

黒字転換の要因:コンサルティングサービスやASPサービスの販売拡大に取り組んだため

8.トーホー
コード:8142
銘柄名:トーホー
業種:卸売業
株価:1312円
黒字転換ポイント:1Qの営業利益、経常利益が前年同期間比で黒字転換

黒字転換の要因:新型コロナウィルス感染症の影響が薄れ、主要取引先である外食事業者への販売が回復基調にあるのが要因

9.鳥貴族 HD
コード:3193
銘柄名:鳥貴族 HD
業種:小売業
株価:2,354円
黒字転換ポイント:3Qの経常利益が前年同期間比で黒字転換

黒字転換の要因:来店客の回復やコスト削減効果、助成金の計上などが利益を押し上げた

10.インスペック
コード:6656
銘柄名:インスペック
業種:電気機器
株価:1,327円
黒字転換ポイント:4Qの営業利益、経常利益が前期比で黒字転換

黒字転換の要因:半導体需要の高まりを受け、検査装置の受注が改善した

10.ハウテレビジョン
コード:7064
銘柄名:ハウテレビジョン
業種:サービス業
株価:1,901円
黒字転換ポイント:1Qの営業利益、経常利益が前年同期間比で黒字転換

黒字転換の要因:既存サービス機能のリニューアル及び、新収益モデルの創出による黒字化

11.トラース・オン・プロダクト
コード:6696
銘柄名:トラース・オン・プロダクト
業種:電気機器
株価:319円
黒字転換ポイント:1Qの営業利益、経常利益が前期比で黒字転換

黒字転換の要因:既存サービス案件が堅調に推移した他、前期納品の期ずれ計上、前期からの商談の受注獲得が貢献

黒字転換銘柄のスクリーニング方法


黒字転換銘柄は黒字転換の直前直後に仕込む必要がありますので、まずはギリギリ黒字やギリギリ赤字のような会社を探すことから始めます。

スクリーニングに便利なツールは『バフェット・コード』。これは経常利益をはじめとしたさまざまな項目で条件設定しスクリーニングが出来るツールです。

このバフェット・コードで経常利益を3000万円以下の黒字や3000万以内の赤字に設定することで、ギリギリ黒字やギリギリ赤字の銘柄を選び出すことが出来ます。

バフェット・コードで実際にスクリーニングして出てきた銘柄一覧がコチラ

50銘柄出てきました。あとは少々大変ですがこれら銘柄のこれまでの業績や今後の展望をチェックし、気になる銘柄をウォッチするようにしましょう。

黒字転換銘柄でより大きな利益を狙うには


黒字転換銘柄でより大きな利益を狙うには、本物の黒字転換なのかを見極めることが重要です。

特別計上などによる一時的な黒字化なのか、それとも今後も継続的に黒字を継続してくれそうなのかを見極めるということですね。

もう一つ重要なのは、他の人よりも早く仕込むこと。

株価が大きく動くのは通期の業績が黒字転換したタイミングと言われます。

そのため、他の人より早いタイミングでその銘柄を見つけ出すためには、四半期決算の黒字転換をした企業をリストアップすることから始まります。

そこから本物の黒字転換銘柄かどうかを精査していくのが良いでしょう。

大きな利益が狙える、本物の黒字転換銘柄を探すための精査項目は以下のようなものがあります。

▼本物の黒字転換銘柄の条件例
・黒字に転換しているのが本業で稼いでいる営業利益がメインかどうか
・黒字に転換している理由が一時的なものではないかどうか
・黒字が市場予想より低いものではないかどうか
・通期業績の推移も確認し、この黒字が継続しそうかどうか
・その事業が時流にのっている株(テーマ株)かどうか
・時価総額が大きくないかどうか(目安は500億円以下)
・株価が過去の推移から見て割安かどうか
・出来高を伴った上昇をしているかどうか

これらの項目で銘柄を精査し、購入した銘柄は少なくとも次の四半期決算までの3ヵ月、できれば1年は保有しましょう。

株価が大きく動くのは通期の業績が黒字に転換したタイミングだからです。

3カ月以上その銘柄を保有する場合は以下の条件も気にするといいでしょう。

▼中期で保有する場合の注意点
・黒字が続いているかどうか
・利益の成長が続いているか

もしこの条件から外れてしまった場合、株価が下がる傾向が大きくなるので、その理由を確認した上で必要であれば売ってしまった方がよいかと思います。

こんな黒字転換銘柄には注意


株価が上昇しやすいといわれている黒字転換銘柄ですが、買った後株価が上がりにくい注意すべきケースもあります。

それは以下のような2つのケースが考えられます。

▼株価が上がりにくいケース
・一時的な黒字
・黒字だが市場評価より悪い数字

1つ目は黒字化した理由が一時的なもので、黒字の継続性が低い場合です。

例えば2021年6月期の通期決算で、メルカリ(4385)は上場後初めて通期の決算が黒字になったと発表しましたが、株価はさほどあがりませんでした。

この通期黒字は新型コロナウィルスによる巣ごもり需要が一時的に拡大したものと発表しており、市場にこの需要は一時的なものと判断されたためと思われます。

2つ目は黒字化したが、その黒字がマーケットコンセンサス(市場予想平均)よりも悪かった場合です。

市場予想平均とは、一般的にアナリストなどが出す予想平均値のことをいいます。

株価は黒字か、赤字かというより、このアナリストが出すマーケットコンセンサスより良いか、悪いかで決まる側面もあるので、赤字でも株価が上昇し、黒字でも株価が下落するなどの現象がおきることがあるので注意が必要です。

黒字転換銘柄とは


黒字転換銘柄とは、企業の本業で稼ぐ力である営業利益と本業以外の利益も含めた、会社全体の利益である経常利益に着目し、業績が赤字だった企業の営業利益と経常利益が黒字転換した銘柄のことをいいます。

赤字体質の企業というのは人気がなく株価が安い値段で放置されていることが多いです。

それが業績の回復が期待できる状態となり、懸念材料であった赤字体質が解消され、黒字に転換したことで株価は上昇をはじめるため、黒字転換銘柄は利益を狙いやすいのです。

実際に黒字転換後に株価が上昇した例を見てみましょう。

ソフトバンクグループ(9984)は2021/3月期の2Q決算で、営業利益が黒字転換しています。

2020年11月4日発表後、株価が上昇をはじめ、数か月後には株価は約1.6倍となりました。

また自分で業績や将来性を分析しなければならない点に引っかかっている方は、AIが値上がり期待の銘柄を分析してピックアップしてくれるサービスもありますので、そっちを活用するのもアリだと思います。

AI分析の話題株セレクトが抽出した銘柄は2022年に入ってからもガーラ、サイバーステップ、東邦チタニウム、ナガホリ、HENNGEなど多くが2倍越えを記録。今注目が集まっているAIサービスです。

>>話題株セレクトの実績と評判はコチラ

黒字転換銘柄の総括


黒字転換銘柄は株価が上がりやすいとされている銘柄です。

業績が黒字転換した銘柄、特に通期での業績が黒字転換した銘柄は今後の値上がりを期待することができ、これまでソフトバクグループをはじめとして数々の値上がり実例があります。

そんな黒字転換銘柄の中から2つ、特に値上がりが期待出来ると判断したのは以下の2銘柄です。

▼おすすめ黒字転換銘柄
・トーホー
・ユーグレナ

有名アナリストもシンプルで株価が上がりやすいと評価する黒字転換銘柄で利益を狙ってみてはいかがでしょうか

▼併せて読みたい
2022年度版おすすめの低位株
2022年度版おすすめのボロ株

黒字転換銘柄への口コミ

  • サイト名 黒字転換銘柄 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2022年07月13日

    そこまで絞り込めはしないが、四季報のコメント欄に「浮上」や「黒字化」「プラ転」「底」などの言葉が書かれている銘柄で絞るのもいいと思う。いろいろ組み合わせて絞り込むしかないかな。

  • サイト名 黒字転換銘柄 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2022年07月04日

    2~3銘柄くらいに絞り込む方法教えてけろ

  • サイト名 黒字転換銘柄 投稿者名 ダンゴムシ
    評価 投稿日 2022年06月30日

    黒字転換銘柄はダマシが多くてキツイ。上がるものと上がらないものの区別がつかない。再現性を持たせるのは難しいと思う。

  • サイト名 黒字転換銘柄 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年06月28日

    黒字転換銘柄て探すの結構大変ですよね。
    馬渕磨理子さんも黒字転換銘柄を推していたので試しにスクリーニングしてみたんですが、200社くらい出てきてそこからの絞り込み方がわからず挫折しました。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る