野村吉和 5件のレビュー(4.67/5)

総合資産アドバイザー野村

 野村吉和とは何者?伝説の元証券ディーラーの経歴&評判を調査

最近「金融業界出身で、その名を知らない奴はモグリ」とまで言われている“とある人物”が密かな評判になっています。

それが国内外の某金融機関と独立系投資会社に従事していた『野村吉和』氏です。

同氏はディーラー、ファンドマネージャー、富裕層の資産管理・運用をサポートするプライベートバンカーと華々しい経歴の持ち主。

圧倒的なトレードスキルとホスピタリティで、金融市場の最前線で活躍されていました。

また日本に帰国してからはトレーダーやディーラーの教育担当者として従事。

外資系証券会社で勤務していた私自身も、現役時代に野村氏の活躍を何度か耳にすることがありました。


しかし、なぜ今になって野村吉和氏が話題になっているのか?

どうやら定年退職をきっかけに野村氏は、SNSを通じて次世代の投資家を育成する活動を始めたらしいのです。

以前から優れた教育者として有名でしたが、こうした活動も現役時代の延長線なのかもしれません。

豊富な知識と経験を生かした野村氏のアドバイスを基に、勝ち組に転身する投資家が激増しているとのこと。

噂を聞き付けた当サイトの読者様からも「野村さんを紹介してほしい!」といった問い合わせが殺到しています。

そこで今回は、僭越ながら同じ元証券マン視点から『野村吉和』氏の評判や経歴を掘り下げてみました。

野村吉和の評判・口コミ


野村吉和氏のアドバイスを基に「二ヶ月で300万円の元手を1945万円に増やした」と読者様からタレコミが寄せられています。

▼野村吉和氏の評判・口コミ
ユーザーの資産状況
(※ご投稿者様から許可を頂き掲載しております。)

余裕資金さえ無かったユーザーが、野村氏のアドバイスを基に成功者へと転身

流石はプライベートバンカーとして数多くの投資家を成功に導いてきた男…噂に違わぬ実力です。

また野村氏に相談したことで、メンタル面と資金管理面での問題も解決した様子。

▼野村吉和氏の評判・口コミ
野村氏に対するタレコミ
全文表示
Re:Re: 野村さんについて

2023/09/03 日曜日 12:42
お世話になっております。先日ご連絡差し上げました******です。

野村さんと出会う前の私は、住宅ローンと子供の教育費に追われて資産運用どころか余裕資金さえ無いという状態でした。

このままだとわずかな退職金と厚生年金だけで老後を迎える事になる為、限られた資金を短期間でいかに増やすかというかなりワガママな相談をさせて頂きました。

野村さんが過去に金融機関でトレーダーの育成にあたっていた時や、超富裕層の個人資産を管理していた時の経験から、具体的で再現性の高い投資アドバイスを頂くことが出来ました

また、私は過去に怪しい投資家が煽る銘柄に飛びついて失敗したことがあるのですが、なぜ普段そういう人がイナゴ投資家と蔑まれているのを知りながら自分も飛びついてしまうのか?というメンタル面と資金管理面での問題も解決していただけました。

お陰様で300万円の資金を2カ月で1945万円まで増やすことが出来、かつ無料でここまでの内容を話して頂けるとは思わなかったので大変満足するとともに感謝しています。
(※ご投稿者様から許可を頂き掲載しております。)

資産運用を始めて暫くしてから立ちはだかるのがメンタルコントロールと資金管理の問題です。

特にメンタルコントロールは、投資家として成功できるか否かを大きく分かつ重要なファクター。

長年、投資家の資産運用をサポートしてきた野村氏だからこそ、投資家の抱える悩みに寄り添ったアドバイスが出来るのでしょう。

投資初心者から上級者まで、野村氏が幅広い層に支持される理由が窺い知れます。


野村氏はSNSを通じて、あらゆる資産運用に対する相談を受け付けているとのこと。

株式のみならず不動産に為替、時計や車、相続の悩みまで、資産に区分されるものであれば何でも御座れ。

豊富な経験と知識から繰り出される的確なアドバイスに、救われている投資家が激増しているのも頷けます。

ちなみに野村氏いわく「世の中に詐欺師が多過ぎるから、本当に役に立つ情報を無料で提供したい」とのこと。

SNSを通じたアドバイス活動も、投資情報の発信も、全て無料で行っています。

そういえば資産80億円の某デイトレーダーも同様の信条を掲げて情報発信を行っていますね。

投資詐欺の撲滅は、勝ち組が最終的に行き着く思考なのかもしれません。


※2023年11月13日 追記

直接コンタクトを取り、当記事で野村氏のご連絡先を紹介させていただく許可を頂きました。

快く承諾していただきましたこと、この場を借りてお礼申し上げます。

▶ 野村吉和氏への相談はコチラ


野村吉和とは何者か?


野村吉和氏は国内外の某金融機関と独立系投資会社で活躍していた人物です。

大学を卒業後、野村氏は日系金融機関に従事したのち、海を渡り独立系投資会社へ。

ちなみに独立系とは、他の金融機関や事業会社に属さない運用会社のこと。

世界30ヶ国に展開する世界最大の独立系資産運用会社:米ブラックロックが最たる例でしょう。

▼米ブラックロック社
米ブラックロック

親会社や系列企業に縛られない独立系は、顧客の利益を第一に考えた運用が特徴。

プライベートバンクも独立系投資会社の一種で、富裕層などの個人資産を運用も行います。


独立系投資会社へと渡った野村氏は、圧倒的な実力でエリート街道を駆け抜けました。

そこではディーラー、ファンドマネージャー、富裕層向けプライベートバンカーなど様々な業務を担当

言わずもがなディーラーは、自社に利益をもたらすため実際に金融商品の売買を行う役職です。

株式のみならず、為替・債券・スワップ・コモディティーなど、様々な金融商品に精通していなければなりません。

また金融市場の最前線である米国では、高い運用成果を上げられないディーラーは淘汰されていきます。

州にもよりますが、パフォーマンスが一定のレベルに達していなければ即刻クビ…なんてことがザラにある世界。

日本にもディーラーやトレーダーといった役職はありますが法律の関係上、海外ほど簡単に解雇されないでしょう。

つまり野村氏は非常にシビアな金融市場の最前線を生き抜いてきた猛者…ということですね。

またファンドマネージャーやプライベートバンカーに関しては、トレードスキルや専門知識があるだけでは務まりません。

ファンドマネージャーは、ファンドに携わるアナリストやトレーダーなど専門家たちを統括する司令塔。

一癖も二癖もあるその道のプロたちを纏め上げる統率力がなければ務まらない仕事です。

プライベートバンカーは富裕層を対象に、株式や不動産など金融資産の運用から、相続までサポートする役職。

そもそも人として信頼されなければ、運用どころか資産を預かることさえ出来ません。

運用スキルや専門知識に加え、厚い人望も兼ね備えていなければ務まらない仕事なのです。


スキル、知識、カリスマ性に人望…どれを取っても、野村氏が常人と一線を画していることは言うまでもないでしょう。

一介の証券マンだった私の耳にさえ噂が届くほどの人格者であったことがお判りいただけたかと思います。

▶ 野村吉和氏への相談はコチラ


野村吉和の経歴


野村吉和氏の経歴を語るうえで外せないのが、同氏は優秀な教育者でもあったことです。

日本に帰国後、野村氏は外資系金融機関でディーラー・トレーダーの教育担当として従事

表立って世に知られてはいませんが、野村氏に育てられたディーラーは数多く、実は私の現役時代の友人も元教え子だったりします。

野村氏が教育者になったきっかけは、日本の外資系金融機関からヘッドハンティングされたことでした。

独立系投資会社に務めた後は、自分の運用会社を興すか、早期リタイアするのが一般的。

一流ディーラーともなれば、会社や他人の資産を運用するよりも自分の資産を運用したほうが稼げるに決まっています。

そんな企業に属さずとも成功できるであろう野村氏が、専業トレーダーの道を捨てるほどです。

余程の好待遇で迎えられたことは想像に難くありません。


ちなみに投資会社では入れ替わり立ち代る新人を、常に育て続ける必要があります。

先にも解説しましたが、海外の投資会社では成果の上げられないディーラーは即刻解雇も珍しくありません。

逆に数億円単位で成果を叩き出す野村氏のような優秀なディーラーは、自身で会社を興し独立してしまう。

しかしながら解雇にせよ独立にせよ、人が出て行ってしまうばかりでは経営がままなりません。

そのため投資会社では、利益をコンスタントに出せる人財を育成できる“優れた教育者”が求めれらているのです。

一流のディーラーでなければ、一流のディーラーを育てることは出来ませんからね。

並外れた成績を残してきた野村氏だからこそ、教育業務を任されるまでになったのでしょう。

また元教え子の友人いわく、野村氏ほど素晴らしい教育者は後にも先にも現れないだろうと語っていました。

才能をひけらかすことなく組織の一員として若手を育成したり、大きなプロジェクトを成し遂げたり、チームワークを好んでいたとのこと。

定年退職後のアドバイス活動や情報発信についても、現役時代の延長線なのかもしれません。

▶ 野村吉和氏への相談はコチラ


野村吉和の現在


野村吉和氏は金融機関を定年退職した現在、自らの資産を管理・運用する資産管理会社を運営しています。

野村氏の会社で管理する資産総額は、株式や不動産などの有価証券あわせて50億円以上

株式は東証プライム上場銘柄が中心で、財務の健全性・安定性を重視し中長期のバリュー投資で運用しているそうです。

それ以上は語っていただけませんでしたが毎年、億単位で資産が増え続けているとのこと。


また悠々自適な生活を送る傍ら、野村氏は趣味で株式投資を継続している個人投資家でもあります。

野村氏個人のポケットマネーで運用している株式は約3億円程度とのこと。

▼野村吉和氏の運用状況
野村吉和氏の運用状況
(※野村氏より許可を頂き掲載しております。)

資産運用会社での運用額に比べて少額なのは、小型株での短期トレードをするためなんだとか。

基本的に小型株は、株価が低い場合や、発行済株式数が少ない場合が多いですからね。

野村氏ほどの巨額資金を突っ込んでトレードなどしようものなら、相場を大きく変動させてしまいます。

株価操縦を疑われないためにも、ポケットマネーでのトレードは少額に抑えているのだとか。

ちなみにトレードで増えた分は資産運用会社に回すか、お小遣いとして使ってしまうそうです。


野村吉和氏のSNSを見ると、時計や車、物件、グルメなど様々な投稿がされていました。

▼野村吉和氏のSNSより引用
野村吉和氏のSNS
(※野村氏より許可を頂き掲載しております。)

現役時代は職業柄、手を出せなかったとのことで、定年をきっかけにSNSを楽しんでおられるようです。

ですが、SNSにおいても現役時代の話は当たり障りのない程度に留めているとのこと。

というのも定年退職された現在も、複数の政府と金融機関の間で交わした守秘義務契約が有効になっているのだとか。

また以前の勤務先や顧客に野村氏に関する問い合わせなどが入ってしまえば、迷惑が掛かります。

そのため野村氏は所属していた金融機関や企業名、顧客の情報などは一切公開していません。

定年後も各方面への配慮を欠かさない野村氏の誠実な人柄が窺い知れます。


野村吉和は怪しい?


世の中には“個人情報を明かさない=怪しい=詐欺”などと、こじつけも甚だしい馬鹿げた理論を振りかざす無礼者も多いですが…、

野村氏のような個人投資家を詐欺師よばわりする無礼者こそが、実は違法サイトを営む詐欺師だったりします。

証券マンから一転、しがない投資ブログを運用し始めてから現在までの長きに渡り、この業界を見てきた私が断言します。

とはいえ私としても詐欺師どもの同族に思われるのは真っ平御免ですから、根拠を判りやすく解説していきましょう。


個人投資家や投資サービスを投資詐欺よばわりする悪質な投資ブログや情報サイトの記事を見たことはないでしょうか?

下記画像は、ある悪質サイトに投稿された金融業界出身の某個人投資家への誹謗中傷です。

▼常習的に誹謗中傷を行う悪質サイト
常習的に誹謗中傷を行う悪質サイト

探偵でもなければ弁護士でもない投資ブログのライター風情が、合理的な理由も根拠もなく相手を詐欺師よばわり…。

読んでいるだけで、こちらの知能指数まで低くなりそうです。

そもそもメディアへの露出もされていない個人投資家の情報が、インターネットで簡単に調べられるわけないでしょうに。

海外で働いていた人物であれば尚のこと、日本に情報が入ってくる機会も少なくなりがちです。

上記画像のように悪質サイトは大した裏取りもせず、とにかく詐欺だなんだと騒ぎ立てているケースがほとんど

また金融業界出身の人間が、守秘義務も個人情報も守らずに、何から何まで素性を明かすことなどしません。

働いていた企業名や役職くらいは明かす人も居ますが、明け透けに何から何まで晒すほうが人としてどうかしています。


では何故、悪質サイトは常習的に個人投資家や投資サービスへの誹謗中傷を行っているのか?

誹謗中傷で他者の評価を下げることで、自らが運営している違法投資顧問サイトへの勧誘を行うためです。

▼違法投資顧問を優良認定する悪質サイト
違法投資顧問を優良認定する悪質サイト

上記画像の悪質サイトが優良認定している違法投資顧問は、金融庁が投資詐欺であると警告を出しています。

金融庁の警告文
引用元:関東財務局

ちなみに違法投資顧問の存在は複数確認されており、どれも金融庁が投資詐欺であると認定しています。

▼違法投資顧問一覧
投資顧問〇ード
ス〇ーエス〇ャパン投資顧問
投資顧問〇ープン
投資顧問マー〇ット

投資家を騙して金を巻き上げるためなら、名誉棄損だろうが著作権侵害だろうが、何でもやってのける。

そもそも違法投資顧問自体が犯罪なので、罪に罪を重ねることも厭わない連中なのでしょう。

ちなみに違法投資顧問を推奨する悪質ステマサイトは以下の通り。

▼悪質ステマサイト一覧
おすすめ投資顧問ランキング(https://osusumekomon.tokyo/)
悪質投資詐欺110番(https://xn--110-m4ft8fntuylrzn3biwe7j.com/)
投資顧問比較.com(https://xn--Izt22a68g718a1lcb6t.com/)
投資顧問口コミ.jp(https://xn--tckue253jugbox7a1w3dhgq.jp/)
投資詐欺緊急ホットライン(https://kabu-sagi.com/)
投資顧問詐欺のすべて(https://toushisagi.com/)
株情報サイトロコミ評判.com(https://xn--eck4ae1fvft53tltc1.5lx6t32qkv2g.com/)
おすすめ株情報サイト口コミ比較(https://toushikomon-hikaku.com/)
今買えばいい注目.com(https://gori-gori.com/)
投資顧問クチコミポリス(https://toushikomon-police.com/)
投質顧問ランキング.jp(https://xn--nckg300bb8596cuotbf14va.jp/)
フクコミ(https://wor-kation.com/)
株式投資お役立ちガイド(https://kabutoushinavi.com/scam/)
おすすめ株サイトレビュー(https://xn--eck7a6c1362a.jp/)

違法投資顧問と、曲がりなりにも元証券マンの私、どちらを信じますか?

あなたが決めて下さって構いませんよ。


野村吉和の評判を総括


国内外の某金融機関と独立系投資会社で活躍されていた伝説の証券ディーラー『野村吉和』氏。

教育者としても優秀だった同氏はSNSを通じて、あらゆる資産運用に対する相談を受け付けています

株式のみならず不動産に為替、時計や車、相続の悩みまで、資産に区分されるものであれば何でも御座れ。

事実、野村氏のアドバイスを基に「二ヶ月で300万円の元手を1945万円に増やした」と読者様からタレコミも寄せられています。

長年、投資家の資産運用をサポートしてきた野村氏だからこそ、投資家の抱える悩みに寄り添ったアドバイスが出来るのでしょう。

豊富な経験と知識から繰り出される的確なアドバイスに、救われている投資家が激増しているのも頷けます。

▶ 野村吉和氏への相談はコチラ

よく読まれている記事

加藤
一押しワケ
を解説

 「資産30億男」の"超実践的"投資ノウハウ

 ユーザーから「資産4倍増↑」とのタレコミも…

 JPモルガンで積み上げたキャリアと実力に迫る

 詳しく見る

Alpha AI
一押しワケ
を解説

 下落相場でも安定した予測精度

 抽出銘柄の最大上昇率は1000%超え!

 初心者も納得のコストパフォーマンス◎

 詳しく見る

野村吉和への口コミ

  • サイト名 野村吉和 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2023年12月02日

    2,000,000円を4,570,000円まで増やせた。野村さんに出会ってなかったらここまで稼げなかったと思う。

    注目
  • サイト名 野村吉和 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2023年11月25日

    野村氏ほどの人から無料で話が聞けるのは本当に有難い。今までスクールやセミナーにウン百万と使ってきたが、野村氏の話が一番役に立った。

  • サイト名 野村吉和 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2023年11月18日

    株や不動産の運用の知識もだけど、野村さんはとにかく教養がすごい。相談だけじゃなくて話聞くだけでも面白いと思うよ。

  • サイト名 野村吉和 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2023年11月09日

    野村さんのおかげで持ち株を処分する踏ん切りがつきました。やはり株で大事なのはメンタルコントロールだということを改めて学ばせて頂きました。

  • サイト名 野村吉和 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2023年10月30日

    一昨年に祖父を亡くし1000万円ほど相続したのですが、どう運用したものかと悩んでいた時に野村さんに相談しました。的確なアドバイスのおかげで倍近くに増やすことが出来ました。祖父も喜んでいると思います。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

加藤
一押しワケ
を解説

 「資産30億男」の"超実践的"投資ノウハウ

 ユーザーから「資産4倍増↑」とのタレコミも…

 JPモルガンで積み上げたキャリアと実力に迫る

 詳しく見る

Alpha AI
一押しワケ
を解説

 下落相場でも安定した予測精度

 抽出銘柄の最大上昇率は1000%超え!

 初心者も納得のコストパフォーマンス◎

 詳しく見る