システムトレードの達人 5件のレビュー(3.33/5)

システムトレードの達人

 システムトレードの達人

システムトレードの達人優良投資顧問なのか悪徳投資顧問を運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はマチマチです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずシステムトレードの達人が如何なる投資顧問サイトなのか確認していくと「投資の上級者に限らず初~中級者の個人投資家が、手軽にシステムトレードを開始できる。また、パソコン上級者に限らず、パソコンが苦手な方でも手軽に安心してご使用いただけるソフト」と記載があります。

本サイトを運営するのは「フェアトレード株式会社」です。
同社は本サイト以外にも「フェアトレード株式スクール」、「フェアトレード投資戦略パートナーズ」という2つのサイト運営も手掛けています。

「フェアトレード投資戦略パートナーズ」の検証記事をご覧いただければ分かりますが、同社の代表「西村剛」氏は、プロの投資助言とは思えないレベルの低いミスを犯しています‥

個別銘柄(仕手株など)の投資助言も上手くいかず、フェアトレード株式スクールも完全放置状態と、全体的に運営難の気配がしますが、本サイトは大丈夫でしょうか‥

「システムトレードの達人」の開発者は「斉藤正章」氏。
個人投資家としてそれなりに知名度があったのか、以前はメディア露出もあったようです。

そんな斎藤氏が開発したソフトの特徴としては、以下が掲げられています。
・現役システムトレーダー斎藤正章氏が開発
・初心者に嬉しい、直感での操作性を重視した画面構成
・充実のサポート体制

主なサービス内容
・システムトレードの達人(フリー版)
先着10,000名限定に「無料」でプレゼント中との事。
あの「西村剛」氏が成功に導くソフトの使い方などを伝授するようです‥

・システムトレードについて
システムトレードについての基本的な考えが学べるコンテンツ。

・システムトレード無料教材
レポート・メールセミナー・メルマガ・音声ファイルなど豊富なラインナップです。

・無料サンプルストラテジー
無料で利用できる売買ルール・ストラテジーです。

以下有料
◆システムトレードの達人
投資の上級者に限らず初~中級者の個人投資家が、手軽にシステムトレードを開始できるソフト。

主な機能としては以下の5つが掲げられています。
・過去20年の株価データを用いて運用成績をシュミレーションできる
・現実トレードを忠実に再現した多彩な注文方法による検証機能
・斉藤正章のノウハウが詰まったフィルター機能
・信用余力や委託保証金維持率を反映した「ドテン売買」での検証が可能
・検証した売買ルールに合致した銘柄をスクリーニングする売買シグナル機能

なお、料金は189,000円(税抜)。

ここまで全体的にHPを確認してきましたが、特に不審点はありません。使いやすいシステムで簡単にシステムトレードを始められるという点においては、一定の需要もありそうです。ただし、数あるシステムソフトの中で「システムトレードの達人」を選ぶメリットがあまり見えてきません。

結局のところ戦略・売買ルールは自分で決める必要があるので、勝てるか負けるかは自分次第です。
同じような内容のソフトで20万円以下のシステムもありそうですよね‥

運営元は投資顧問なのですから、 戦略を組み込んだシステムでも販売すればいいのでは?と思ってしました。 まぁ運営難の投資顧問ですから、実力がないという事なのでしょうか‥

結論としては、特に批評するポイントはありませんが、「お勧めするできる要素もない」です。

▼評判の銘柄選定ロボ
循環相場を分析して銘柄を自動で選定 → 循環物色アナライザーを見る
有望テーマ株をAIが自動で抽出 → 話題株セレクトを見る

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

システムトレードの達人への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る