株之助 3件のレビュー(2/5)

株之助のサムネイル

 株之助の現在 資産300万を2億にした手法から会社情報まで調査

松井証券のYouTubeチャンネルで登場した株之助

カリスマトレーダーとしてもてはやされる株之介とは一体何者なのか?

プロフィールによると、働いて貯めた300万円を元手にトレードを行い、2億円もの資産を築いたデイトレーダーとのこと。

過去には、注目の個人投資家としてガイアの夜明けにも出演していたことが判明。

手法はデイトレ一本。現在は日々のデイトレ成績をブログで公開しています。

多くの投資家は成功すれば会社を興して事業を始めたり不動産投資に移行したりしますが、株之助は変わらずデイトレで戦い続ける生粋のトレーダーです。

そんな株之助について、会社情報まで含めて。素性を詳しく掘り下げます。

株之助は資産300万を2億にしたデイトレーダー


▼株之助の学歴・経歴
1976年:名古屋にて生誕
1994年:工業高校を卒業
1994年~2002年:株に失敗し退場
2002年11月~2004年末:300万円をデイトレで2億に増やす
2004年8月:「ガイアの夜明け」に出演
2005年:資金3000万円から再スタート

2018年に株之助が友人で株式評論家のBコミ(坂本慎太郎)と飲みに行った際、「億トレの俺に払わせろ」と語っていたそうなので、2022年現在恐らく資産は1億を超えていると思われます。

株を始めた当初はデイトレではないトレードスタイルで売買していたらしく、その頃は勝てずに一度退場したようです。

その後デイトレ、特に数秒~数分単位で売買を繰り返すスキャルピングというトレードスタイルに変え、結果を出せるようになったとのこと。

このスキャルピングを用いて資産300万円を2年足らずで2億に増やしたのです。

株之助が一体どのようなトレードをしているのか気になるところですが、それを含めて知ることができる、株之助の情報発信コンテンツを見ていきます。

株之助は現在もブログでトレード結果を公開中


株之助は「株之助の株!デイトレードの結果を頻繁に公開するブログ」にてトレード結果を公開しています。

毎営業日公開しており、内容は大まかな日経平均の値動きの振り返りとその日売買した銘柄の紹介、トータル収支、来週見る予定の銘柄は何かです。

詳しい売買タイミングやその理由についての解説はありませんので、このブログから手法を学ぶというのは難しいかと思います。

ただ、市場全体の動向について株之介本人の考えが知れるという意味では、株之介のファンにとっても有益なブログと言えるでしょう。

他にも株之助は投資書籍の執筆、出版を行っています。

▼株之助の執筆書籍
『半年で1億円 デイトレでどかんと大儲け!』
『北浜先生♪デイトレこう売買すれば儲かりますよ』
『超入門2億円稼いだ株之助の世界一受けたいデイトレ授業』

これまでに計3冊の書籍を出版しています。

どれもデイトレの手法や考え方を解説した内容になっています。

財務諸表などは見ない、短期売買に特化した手法です。

以前は株之助が講師を務めるセミナーを定期的に開いたり、ファンクラブがあったりしたんですけどね。

他にも実際のトレードを解説とともに収録したDVD教材の販売などを行ったりしていましたが、現在はすべて廃止、停止となってしまったようです。

株之助は証券会社とのコラボ動画も配信


カリスマデイトレーダーとして名をはせた株之介ですが、現在は証券会社とのコラボ動画配信を行っているようです。

松井証券のYoutubeチャンネル『松井証券_MatsuiSecurities』では、M-1グランプリ2020覇者のマヂカルラブリーなどが生徒役として出演しています。

Youtubeのコメント欄を見ても「面白い」と評判は上々の様子。

もともとはセミナーや教材販売、解説書の出版などに力を入れていた株之介。

現在は証券会社の動画に出演するなど、ノウハウ販売ではなく後身を育成するような活動をしているようですね。

株之介の投資手法はスキャルピング中心の短期トレード


株之助の活動内容は理解いただけたかと思いますが、肝心のスキャルピングの売買手法をまだ詳しく解説していませんでした。

そこで株之助に2億を稼がせたスキャルピングについて解説していきます。

株之助のスキャルピングには3つの重要な要素があります。

それが以下の2点。

▼株之助の手法で重要なポイント
・逆張り戦略
・信用取引
・約定回数を増やす

逆張りとは相場の動きとは逆の売買を行うことです。

相場が上昇中に買うことを順張りと言いますが、逆に下落中に買うことを逆張りと言います。

この逆張り戦略は下がり過ぎた株価が戻るのを狙うと上手くいくと言われている戦略です。

株之助が2億を稼いだ時期も日経平均が過去30年間で2番目に安かった時期。まさに下がり過ぎた株価の戻りを狙ったものと思われます。

▼株之助の逆張り戦略
株之助が逆張りで出稼いだ時期

また株之助は以前松井証券から受けたインタビューにて、信用取引を活用していると発言しています。

さらに2013年5月あたりは信用取引で一日に300回は約定していた様子も伺えます。

一回一回の値幅が小さいスキャルピングの弱点を信用取引と約定回数でカバーしていたようですね。

2億円もの利益を出すのも納得のトレードスタイルですが、判断を間違うと痛い目を見ることも。

▼株之助の手法体験談
株之助の手法の体験談

手法そのものが優れていたとしても、それを一般の個人投資家が必ずしも使いこなせるかは別問題ですからね。

頭では理解していても、欲に駆られて間違った判断をしてしまうのが投資家心理です。

技術面に加え、正しく損切りするためのメンタルコントロールも必要になってくる。

少なくとも株初心者にはハードルが高い手法なので、安易に手を出すのは良策とは言えないでしょう。

ただやはり短期的に利益が見込めるという意味では、デイトレードやスキャルピングは魅力的です。

短期で利益は得たい、けどリスク管理は怠りたくない

そんな方におすすめな手法がスイングトレードです。

スイングトレードは数週間から1ヶ月前後のスパンで銘柄を売買していく手法で、様々なメリットがあります。

▼スイングトレードのメリット
・短期投資の中でも利益効率が良い
・中長期投資よりも早い成果が期待できる
・トレーダーのメンタルの影響を受けづらい
・パソコンに張り付いている必要がない

また最近話題の銘柄抽出AI『話題株セレクト』は、短期トレードに適した高騰期待銘柄を抽出してくれると評判を呼んでいます。

▼話題株セレクトの抽出銘柄実績
・FRONTEO(2158)
7月5日911円→7月11日1127円 +23.7%

・モイ(5031)
7月12日523円→7月15日644円 +23.0%

・ザインエレクトロニクス(6769)
7月19日1111円→7月20日1350円 +21.5%

・サイバーステップ(3810)
7月26日684円→8月1日880円 +28.6%

最新AIが選ぶ銘柄を1週間前後でスイングトレードし、利益を手にした利用者の中には”月利1,000万超え”の投資家もいるようです。

▼話題株セレクトの体験談
『過去の決算期の実績などを確認させて頂き、私も今月から使わせてもらってます。運良くいきなり東京通信が抽出されたことで、6日~13日のわずか数日間のトレードで、70%もの利益を出すことができました。こんなこと人生初なので感動しました。』

『セレクトが抽出したテーマ株で何度高騰を経験した事か。8月なんて1200万近くも利益が出た。AIの分析力には感心するばかりですね。』

これまでAIは証券会社などプロの投資家の特権でしたが、最近では個人投資家向けの製品も数多く販売され始めていますからね。

高騰期待株を自動抽出してくれることからも、話題株セレクトのようなAIツールへの需要が今後高まっていくことは間違いないでしょう。

> > > 話題株セレクトの検証記事 はコチラ

過去には『ガイアの夜明け』などテレビ出演も


株之助が有名となったきっかけはテレビ番組『ガイアの夜明け』への出演です。

本項目では株之助のメディア出演歴を紹介していきます。

▼株之助テレビ、映像出演
・2004年「ガイアの夜明け」
・2022年「伝説の投資家 株之助のトレード術大公開!資産運用!学べるラブリーSeason5~テクニカル編~#8」

▼株之助の書籍
・『超入門2億円稼いだ株之助の世界一受けたいデイトレ授業』
・『北浜先生デイトレこう売買すれば儲かりますよ カリスマデイトレーダー・株之助、カリスマ株式評論家・北浜流一郎に1からデイトレードを教える』
・『半年で1億円デイトレ株でどかんと大儲け!1日15分で億万長者になろう』

メディア出演の数は少ないですが、書籍を出したり投資教材を出したりと株解説に精力的です。

書籍の評判はあまり高くはありませんが、レビューによると時代の流れで本の内容が環境に合わなくなってきている様子。

▼株之助の書籍の評判
株之助の本の評判

ネットでトレードができるようになり始めたデイトレ黎明期と、当時の成功譚が数多く広まってデイトレーダーが増えた現在とでは市場の動きが違う。

株之助の成功が知られたことでデイトレーダーが大幅に増え市場の動きが変わってしまったらしいのです。

なんとも皮肉なことになってしまいましたね。

また株之助は株式評論家として有名な『北浜流一郎』とも共著を出しています。

北浜流一郎と言えば株式投資界隈で半世紀もの間活躍する生き字引。BS放送、ラジオで冠番組を持ち、各種メディアでコラム連載を持つ人物です。

株之助と北浜流一郎の共同著作の内容は銘柄の選び方や買うタイミングなどについて書かれているようで、凄い内容だと高く評価している声もあります。

北浜流一郎は自身でも株で勝つための教材を出している人物ですので、この二人が合わされば良書が出来上がるのも必然に思います。

株之介のTwitterは現在更新がストップ


株之助は以前Twitterでも情報発信していましたが、現在株之助のTwitterアカウントは停止してしまっています。

最後のツイートは2012年4月16日。10年前です。

これ以外にアカウントはないので株之助の現在の情報発信をTwitterで見ることは出来ません。

まだTwitterを活用していたころは大まかなトレードの成果報告や現在のポジションについてをツイートしています。

▼株之助のツイート
株之助のツイート

インヴァスト証券のシストレ24を試しての経過報告やFXでのトレード内容ばかりで、株之助自身の株トレードの内容は一切つぶやかれていません。

株之助の株式投資のトレード内容や手法を学ぶつもりならTwitterは見る必要が無いと言って差し支えないでしょう。

2022年現在株之助の情報発信を見れるのはブログのみとなりますね。

株之介の本業は会社経営?親の会社を継いだとの噂も


株之介について調査していると、「親の会社を継いだのでは?」という評判が見受けられました。

株之助は親が会社経営者です。

最初の投資資金300万円も親の会社で働いて貯めたお金です。

株之助が株式投資で一躍有名になったのちすぐに表舞台から姿を消してしまったのは、もしかするとトレードから足を洗って親の会社を継いだからなのかもしれません。

リスキーな手法で安定して勝ち続けるのは大変でしょうし、ブログや本、メディア出演の利益も何十年も食べていけるほどではないでしょうから。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

株之助への口コミ

  • サイト名 株之助 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年10月01日

    テスタさんとかが一緒に出てる動画は面白かったです。今とは時代が違ったんだろうけどあの頃に新しいことにトライしてた人たちは今成功を収めてるって考えると良い時代だったんだでしょうね。

  • サイト名 株之助 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2022年09月30日

    昔はかぶのすけはカリスマ感あったと思う。現在は投資家ってよりもセミナー屋さんって感じかな?

  • サイト名 株之助 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年09月25日

    株の助って人の手法ってナンピン逆張りなんて素人が手を出したら即●でしょ。まあこういうのはエンタメとして見てるくらいが一番楽しいんだよ。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る