柴垣デイトレード塾 34件のレビュー(1.5/5)

柴垣デイトレード塾

 柴垣デイトレード塾

柴垣デイトレード塾は優良株式投資情報商材なのか悪徳株式投資情報商材なのか。ネットの口コミ評判を見る限り、悪評が優勢ですね‥早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず柴垣デイトレード塾が如何なる株式投資情報商材なのか確認していくと「常勝トレーダー創出プロジェクト」と記載があります。

本情報商材はその名の通り「デイトレード塾」であり、塾長を務めるのは自称「個人投資家再生請負人」で「オープンエデュケーション株式会社」で代表を務める「柴垣英明」氏です。「柴垣英明」氏のプロフィールは以下の通りです。

1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、日経225 先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。

柴垣氏は「元ディーラー」という肩書を武器に本商材を始めとした「投資の教養」「株の自動売買 12週間習得プログラム」「株リッチプロジェクト」などを手掛ける人物です。

「元ディーラー」ならば、今頃セミリタイヤで悠悠自適な生活を送っているはずが、情報商材の販売、本サイトのような塾の宣伝で忙しいようですね‥
ディーラーとして大成できなかった」という事が容易に想像できます。

それにしても気になるのがHP(セールレター)で散見される過剰な宣伝文句の数々‥ 中でも「常勝」という本業界におけるNGワードが多数見受けられます。

自身の「柴垣式シンプルトレード・メソッド」を「常勝デイトレード手法」を謳ったり、 「デイトレード常勝メソッド」とも謳っています‥

file426file424

もはや「元証券マン・ディーラー」としてのプライドも投げ捨てて、金儲けのためなら手段は選ばないって事でしょうか‥呆れて言葉もありませんよ‥

柴垣デイトレード塾の主なサービス内容は以下の通りです。

◆柴垣デイトレード塾(料金:49,800円)料金:49,800円 金融機関のディーラーが実際に活用している高勝率・高収益の売買手法と長期プランの資金管理手法を公開するとの事。以下のような特徴が挙げられています。
・実際に売買している動画を見ながら学べる
・時間軸戦略を独自の吻側チャートを融合させた手法を公開
・デイトレード用のリスク管理手法を伝授
・デイトレード用銘柄リストを公開
・日経225miniの売買手法も公開

価格設定について、当初は「298,000円」での販売を考えていたのだとか‥そこをできるだけ参加しやすい価格にしたいとの思いから49,800円まで値下げしたとの事ですが、これはこの手の商材ではありがちな割安感の演出です。最初から49,800円であったと考えるのが自然です。

その他、HPには実績(仕手株など)として、本トレードメソッドを使用した実例が動画で公開されています。長い事撮影していれば、偶然上手くハマる事もあるでしょうから、当然鵜呑みにはできません。

やはり、ここは柴垣氏自身のトレードの実力を証明してもらうのが一番。
そのためにも、簡単なトラッキングレコードくらい掲載してもらいたいですよね‥
ただ「常勝」と連呼されても何の信憑性もないのですから‥

何はともあれ、現状では利用検討する段階にすらないと思います。
引き続き、柴垣氏の動向を注視していきたいと思います。

▼あわせて読みたい
・相場の循環を先読みし、急騰候補株を選定「循環物色アナライザー
・スイングトレードで資産形成をサポート「TMJ投資顧問
・有望テーマ株をAIが自動で抽出「話題株セレクト」を見る

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

柴垣デイトレード塾への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る