ファイネストアドバイザリー 11件のレビュー(2/5)

 新参投資顧問「ファイネストアドバイザリー」を検証

無登録業者による業界汚染が問題視される中、新しい投資顧問会社を見つけました。

その名も『株式会社ファイネストアドバイザリー』。

「いつか最高の自分に」をコンセプトに掲げるファイネストアドバイザリーとは、どのような特徴を持った投資顧問会社なのか。

管理人が実際に会員登録を行い、サービスの有用性について検証しました。

サイトOPENから2ヶ月の新参投資顧問


ファイネストアドバイザリーは東京都千代田区麹町に拠点を置く投資顧問会社です。

公式サイトには、「2021/02/22 記念祭開催!≪OPEN2ヶ月記念≫ミリオン株 開始いたしました!」との文言が確認できます。

どうやら運営開始からまだ2ヶ月の新参投資顧問のようです。

銘柄情報やマーケット情報といったファイネストアドバイザリーが配信するコンテンツが羅列されていますが、中身を確認するにはやはり会員登録が必要な模様。

今回はファイネストアドバイザリーの調査が目的なので、実際に会員登録を行い検証を進めていきます。

ファイネストアドバイザリーの配信情報に管理人も拍子抜け


結論から申し上げますが、ファイネストアドバイザリーが提供するサービスに期待するのは辞めたほうがいいかもしれません。

実際に会員登録を行いサービスに一通り目を通しましたが、魅力的なコンテンツは見受けられませんでした

登録後にまず確認できた情報が「入会特典注目銘柄」です。

会員登録を行ったユーザーに向け、ファイネストアドバイザリーが注目している銘柄を配信しているのでしょう。

ただこの銘柄の情報、1ヶ月以上も前のものでした。

▼入会特典注目銘柄
ファイネストアドバイザリーの入会特典注目銘柄

ユーザーからすれば、ファイネストアドバイザリーが今注目している銘柄が知りたいところ。

既に世間に知れ渡っている二次情報では投資家にとって優位性があるとは言い難いでしょう。

情報の鵜吞みは危険、リスクマネジメントをお忘れなく


ファイネストアドバイザリーでは、「コラム」「注目銘柄」「マーケット情報」といったコンテンツが用意されています。

会員登録をしたユーザーであれば無料で閲覧することが出来ます

予めお伝えしておくと、これらの情報は参考程度に考えておくことが賢明です。

いくら投資顧問会社の情報と言えど、投資にはリスクが付き物ですからね。

例えばファイネストアドバイザリーが2/22に配信したこの銘柄情報。

スペースVH(1448)
ファイネストアドバイザリーが注目するスペースVH

実体経済と株高の乖離が問題視されているように、スペースVHも業績は良くないのに株価は上昇している状況にあります。

その要因は、『アスリード・ストラテジック・バリュー・ファンド』というファンドが同社の株を大量購入したためです。

経常利益77%減の会社ですからね、いくら連日ストップ高を更新しているとはいえ、銘柄情報として配信するにはリスクが高いと私は思います。

株に関わらず投資で成果を出すうえで”情報の鮮度は命”です。

既に世間に溢れる二次情報ではなく、次に注目を集める銘柄を事前に察知する銘柄選定ロボがあります。

独自AIを搭載し、移り変わる市場で成果を残す「循環物色アナライザー」は高い評価を得ています。

収益力を爆発的に向上させる最短ルートはこの銘柄抽出AIをおいて他にありません。

> > > 循環物色アナライザーの投資成果

ファイネストアドバイザリーのレビューは皆無


運営開始からまだ2ヶ月しか経過していないせいか、ファイネストアドバイザリーのレビューを確認することは出来ませんでした。

ただ一部の口コミサイトではこんな意見が散見されました。

▼ファイネストアドバイザリーの評判
・代表と助言責任者のプロフィールが怪しい
・実績が気になる

興味があるがまだ利用するには至っていない投資家が一定数いるようです。

実績については、OPENから2ヶ月経過しているのでそろそろ公開されても良いころですが、1件もないというのは不自然ですね。

ただそれ以上に不自然なのが”代表と助言責任者のプロフィール”です。

何故かはわかりませんが、顔出しNGのようです。

▼代表取締役:荒木篤滋
荒木篤滋

証券会社勤務とのことですが、どの証券に属していたのか、どのような部署にいたのか、そういった情報は一切非開示のようです。

▼助言責任者:森本貴志
森本貴志
森本の壁は初めて聞く言葉ですね(笑)

両名ともネット上では一切情報が確認出来ませんでした

証券会社のHPなども一通り目を通しましたが、該当する名前は見当らず

何をやっていたかだけならば、いくらでも自由に書くことは出来ますからね。

ただファイネストアドバイザリーは、金融商品取引法に基づき財務局へ登録された投資助言業者です。

無資格で売買助言を行う無登録業者とは違い、一定の基準をクリアしているはずなんですが、何か胡散臭さを感じてしまいますね。

私が知る一流の投資顧問会社では、代表の経歴は包み隠さず公開されています。

まあそれなりのクラスの企業となれば、代表のプロフィールなどはホームページに載ってて当然なんですがね。

中でも一流の分析・助言者たちのコラムなどが読めるAIP投資顧問」は一見の価値ありです。

> > > AIP投資顧問 の検証記事

ファイネストアドバイザリーのサービス・料金


最後に簡単にファイネストアドバイザリーが提供する投資助言サービスの内容と料金について触れていきます。

同投資顧問で用意されているサービスは大きく分けて3種類

1.OPEN2ヶ月記念≫ミリオン株
契約単位:1銘柄
報酬額(税抜き):10,000 円
配信銘柄総数:1~3銘柄の範囲内で契約により変動あり
配信頻度:原則週に1回

2.期間契約(1ヶ月)
契約期間:1ヶ月
報酬額(税抜き):会費10,000 円
配信頻度:1営業日につき1銘柄をメールにて提供

3.成果報酬契約(3ヶ月~1年)
契約期間:3ヶ月~1年
報酬額(税抜き):登録費15万円~36万円、会費15万円~36万円
※報酬額は、有価証券の売買差益から、売買手数料・源泉所得税・消費税・信用取引金利を差引いた金額に25%を乗じた金額として、取引の都度1銘柄ごとに精算

サービス自体は一般的な投資顧問会社とさほど大きな差はないでしょう。

ただ成功報酬で25%とられるというのは利用者からするとデメリットになりえるかもしれませんね。

自身の運用額と想定される利益とを照らし合わせて検討する必要があるでしょう。

ファイネストアドバイザリーの総括


最近では、無登録業者が業界の品位を著しく汚していることが問題視されています。

そのような中で新たな投資助言会社として登場したファイネストアドバイザリーでしたが、検証前の期待を上回るだけの実力を垣間見ることは出来ませんでした

ネット上にはまだ実績や利用者による体験レビューがない状況ですので、新しい情報が確認でき次第、さらに追及していきたいと思います。

実績もレビューも遜色ないサービスという点では、「話題株セレクト」がお勧め。

株価5倍超えの不二精機を始め話題のテーマ株を次々に予測、「テーマ投資の進化系」と評判は上々です。

> > > 話題株セレクト の実績検証レビュー

より正確な情報を皆さんにお伝えするためにもファイネストアドバイザリーの情報をお持ちの方は下記の口コミ投稿欄からコメントをお寄せください。

あわせて読みたい記事

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

ファイネストアドバイザリーへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る