ケンミレ株式情報 12件のレビュー(2.75/5)

ケンミレ株式情報

 ケンミレ株式情報

ケンミレ株式情報」の口コミ評判 を調査した結果、悪徳『株ソフト』を販売する会社の看板名であることが分かりました。

ケンミレ株式情報は、株式投資用のチャートソフトをする提供する会社で、以前は「グッドイシュー」と言うサイト名で運営していたようで、何度もソフト名(看板名)を挿げ替えています

サイトアップ→悪評蔓延→改名で延命
と言ったように、ソフトの評判が悪くなったら首だけ挿げ替えるという、その場しのぎの対応をしている、底辺サイトと言っていいでしょう。

この会社、首ばかり変えているせいか身体もバラバラのようです…

↓従業員が内情暴露↓
ケンミレ株式情報Twitter画像

●まさにブラック企業の鏡
最初から難癖つけて減俸する前提で雇用しているのですね。しかも同意なく1/3の減俸とは、労働基準法以前の非常識極まる悪行ですね。(ちなみに文中の杉内は固有名詞ではなく2ちゃんねる用語で嘘つきの事です。)

このTwitterアカウントは、会社名や固有名詞を出していませんが、ところどころヒントが出ているので、ケンミレ株式情報の運営会社の事だと分かるようになっています。例えば、上の画像に3月8日にオンラインセミナーがあるとつぶやかれていますが、ケンミレも‥

↓同じ日時にオンラインセミナーを開催の証拠↓
ケンミレ株式情報サイト画像

同じ日時にオンラインセミナーを開催していたことが確認出来ました。と、言うことは、つぶやきに登場する会長と言うのは、セミナーの講師を務めたケンミレの生みの親「 森田謙一」氏である可能性もありますね。

●過去に裁判沙汰も
2013年、会長は2chに不満を書いた会員2名に数百万レベルの損害賠償請求の裁判をおこした。』という情報もあり、グッドイシューと運営会社 グッディー株式会社も、初代ケンミレ同様、悪評に塗れてしまっている事が改めて確認出来ました。

顧客と従業員両方と法廷闘争に入る会社なんて、まともな訳がありません。悪評が広がって当然ですね。むしろ、これで良く潰れないものだと感心します。ただし、グッドイシュー時代自慢の種だった『江崎玲於奈』氏は顧問を辞められたみたいですが、逃げられて当然だと思います。

そこで再び改名です。グッドイシューをケンミレ株式情報に変更するとともに、グッディー株式会社は平成30年1月9日 アポロン株式会社に商号変更しています。老婆心ながら、ケンミレに戻さずまったく別の名前にした方が良いと思いますが、よほど愛着が有る名前なのでしょう。

社長も「 森田千秋」氏から「 速水千秋」氏に代わっていますが‥結婚か離婚でもしたのでしょうか?同一人物ですよね。サイトの住所(会社の所在地が「東京都千代田区」で、途切れているのが悪徳サイトの様です。相当恨みを買っているので明記できないのでしょう。調べればわかる事なのですが。

さて、短期間に悪評が広がりすぎて、しょっちゅう名前を変えないといけない、まるで悪徳投資顧問サイトみたいなケンミレ株式情報がどのようなサイトなのか、時間の無駄かもしれませんが一応検証しましょう。ケンミレ株式情報の主な無料株式投資ソフトは以下の通りです。

・ハイパーインデックスソフト
・割安インデックスマップ
・買いたいシグナル登録
・売りたいシグナル登録
・売買履歴登録ソフト
・相性診断ソフト
・売買履歴チャート
・高機能チャート
・波動ラインソフト
・買いタイミング診断
・タイムマシンチャート
・株・為替の世界地図。

このほか、ソフトを利用するための無料株式講座や動画セミナーが見られます。有料のケンミレ会員になると、以下のソフトが使えるようになります。

◆コロンブス・エッグ投資ソフト
市場の転換点で投資するソフト
◆割安株投資ソフト
個別銘柄の転換点で投資するソフト

会費は3ヶ月3万円(税別)で、契約更新時に1年コースにステージをアップできるそうです。1年コースの特典は

特典1
会費の5%を割り引きします。12万円 → 114.000円(税別)になります
特典2
コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄数が 20銘柄 → 50銘柄に増えます

個人的には、『コロンブス・エッグ投資 』と言う名前を止めて欲しいのですが‥

AIを使った投資ソフトの提供がケンミレ株式情報のウリですが、私が検証した感想は
『これのどこがAIを使ったソフトなのかさっぱりわからない‥』です。
機能的にはAIを使わなくても実装可能なレベルのありきたりのチャートソフトでした。

他には無い機能としては、ケンミレ独自の『コロンブス・エッグ投資』に対応している点ですが、このコロンブス・エッグ投資がケンミレ的にはまったく新しい投資手法と言うのですが、はっきり言ってありきたりのテクニカル分析です。どちらかと言えば古臭い波動理論ですからね。

テクニカル分析の中でも否定的な意見が多い「波動理論」による投資法なのですが、『コロンブス・エッグ投資をマスターできれば、ほぼ負けない投資ができるとケンミレは考えている』とサイトに書いてあります。これでは悪評が広がるのも無理はないですね

波動理論の問題点は、テクニカル分析でありながらチャートを見る人によって解釈が変わってしまうところです。観察者によって実験結果が変わってしまったら科学的な分析は出来ないですよね。

しかも、予想が外れた時は『理論は間違っていない、チャートの読み方が間違っている』と、投資家に責任転嫁できるので教える方にとって都合が良い一面もあります。
これって新興宗教の教祖や占い師、そして詐欺師がよく使う手ですけどね。

ケンミレもご多分に漏れず、サイトトップに『ケンミレの主張 お客様から正反対の二つ声』と言うコーナーを設けて、予想が外れたという苦情に反論していますが、そもそも、ユーザーの見解が分かれてしまった時点で、株式投資ソフトとして欠陥があります。

にもかかわらず、ケンミレは『誰がやっても同じ結果が出る』と、事実と異なる説明を行っています。これでは詐欺と言われても無理はないでしょう。

もう一点、私が気になった『これのどこがAIを使ったソフトなのかさっぱりわからない‥』です。という疑問については、先ほどのTwitterの方が暴露してくれています。

↓実際のTwitter画像↓
グローインサイト画像

サービスサイトのタグライン 「AIを使った○○」 はい、嘘です。php4です。統計学の知識も皆無です。 顧客に対する詐欺。#人工知能 #機械学習 #深層学習 #ディープラーニング(原文ママ)

ちなみにPHPとは、AIとは全く別のプログラムで作られたソフトだということです。統計学の知識も皆無ということで、AIを利用した投資ソフトを謳っている時点で、
ケンミレは株式情報は悪質な詐欺サイトであることが確定しました。

本気でAIを使った株式投資ソフトを作ったら、ケンミレの『コロンブス・エッグ投資 』が如何に間違った投資理論なのか証明されてしまいますから作れるはずないですね。所詮、社員や顧客の事など一顧だにしない人物が作った人工無能ソフトですよ。

検証の結果、ケンミレ株式情報は、サイトの進める投資法も販売する提供するソフトも、疑う余地なく詐欺なので使ってはいけないと断定します。最近AIを謳った詐欺ツール、詐欺ソフトが増えてるので警戒したいですね。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

ケンミレ株式情報への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る