神の数式研究所 30件のレビュー(1.63/5)

神の数式研究所

 神の数式研究所

神の数式研究所は優良株式投資サイトなのか悪徳株式投資サイトなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、あまり評価は高くありません。 早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず神の数式研究所が如何なる株式投資情報サイトなのかというと『緑に囲まれたトレードシステム開発・運用室。未来を予測せず、現状を判断するアプローチのシンプルな方程式で堅牢性・再現性の高い日経225Mini・Topix用のトレーディングシステムを研究開発しています』だそうです。

「神の~」とかいうサイト名から見ても、あまりまともな感じはしませんね。どうやらシステムトレードを開発しているようですが、その環境が「緑に囲まれている」との事。

HPトップにも森林が見受けられますし、グーグルマップで確認したところ所謂「ログハウス」のような物件が該当。長野県のログハウスで開発されるシステムトレードという事ですね‥本サイトの代表者=開発者は「三澤勇一」氏です。プロフィールは以下の通りです。

平成1年 住宅メーカーの松本支店(長野県)にて営業担当
主に収益物件の企画販売を独自に考案し2年目にして全国約3000名中10位以内の業績を収める。平成13年 自家用電気工作物(キュービクル)の保守管理をおこなう。 任意団体を創業。翌年、組織を協同組合化し「でんきほあん協同組合」を設立。専務理事 兼 事務局長に就任。長野県警察、独立行政法人など約1000件の顧客法人を開拓し保安管理を行う。平成17年 日経225先物のシステムトレード・自動売買のサイト225Laboを開設。1万5千人以上の会員に情報提供をする。(事業譲渡済み)

この経歴だけ見ても、三澤氏が金融のプロではない事は明白。ハウスメーカーの元営業員が制作するシステムなど当てにならない、と思ってしまいますよね‥

あと気になったのは以前検証した「225Labo」を開設した実績がある事。すでに会社は譲渡されているようです。

「225Labo」と言えば、万能のシステムを開発しているとは言えず、アベノミクス相場では想定を下回る成果しか得られない 凡庸シストレ開発サイトです。

しかも成果と言っても結果は全てバックテストですからね‥全くもって当てにできないし、期待もできない。いずれにしても、この系譜を考慮すれば本サイトにも過度な期待は禁物ですね。

神の数式研究所の主なサービス内容は以下の通りです。

・特別WEBセミナー
「完全自動発注で毎月着実に資金を増やす方法」を動画で公開しています。
・ブログ
岡三RSSを使った日経225Miniの自動売買ノウハウを公開しているとの事。
・ログハウスでの勉強会
高度なサヤトリのアルゴリズム解説、それを完全自動で収益にする方法までを公開しているとの事。

この世に「着実に資金を増やす方法」など存在しません。こういった表現は利用者に「絶対儲かる」という誤認を招く可能性があります。こんな初歩的な事も知らないなんて‥元ハウスメーカー営業員をバカにするわけではないですが、「金融の素人」と言わざるを得ないですね。

神の数式研究所の有料サービスは以下の通りです。

◆トレーディングシステム
4つのシステムが販売されています。岡三RSSに落とし込む事で、完全自動でサイン判定~発注まで行えるとの事。
・ArbiMasterD3
・サヤトリベースファイル
・完全自動発注版マーケットアナライザー225
・手動発注版マーケットアナライザー225

それぞれの概要については確認できたのですが、肝心の料金設定が不明です。一体どれくらいの費用がかかるのだか‥なお、本サイトは投資顧問サイトではありませんので、個別銘柄(仕手株など)の助言は行っていません。

その他、HPには2016年~現在までの実績が掲載されています。
本サイトの提供するシステムは大きく分けてサヤ取りとデイトレなのですが、共に目立った成果を得られていません。

特にデイトレは結構負ける事もあるようですね。まぁ2016年~とまだ日が浅いので、評価するのは時期尚早かもしれません。ここまで全体的にHPを確認してきましたが、あまり評価できるポイントはありませんでした。

引き続き、動向を注視していく必要がありますが、現状では利用を控えるべきと提言しておきます。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

神の数式研究所への口コミ

  • サイト名 神の数式研究所 投稿者名 イクセイ
    評価 評価なし 投稿日 2021年09月22日

    ま~考えんでも、安定して利益取り続けられる手法&システムなら、それで資産運用&コスト&メンテその他を賄える訳で、セミナー?会場費などは兎も角、客から手数料&料金取る必要そもそもなんてなかんべなw

  • サイト名 神の数式研究所 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2021年09月21日

    Youtubeライブ中継9/14から止まってます!! こんどは「急騰銘柄自動抽出!!」でしょうか??!! 楽しみですね!!

  • サイト名 神の数式研究所 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2019年09月23日

    そもそも本当に儲かるシステムなら自分でこっそりやり、人に売るなんて面倒なことなどせんでしょう!! 確実に儲かるなら、いくらでも大きなポジをとれますからね!! 儲けは天文学的数字になるんでは??!!

  • サイト名 神の数式研究所 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2019年08月07日

    何とアービマスターがバージョンを変えて、復活しているようである。(セミナーが開催されたとのこと)NTで鞘取りをやるには、NT倍率に平均回帰性があることが前提になる。しかし、日経平均とTOPIXには高い相関があるものの、NT倍率の平均回帰性は、不安定であることが過去のデータから検証されている。だから、過去、大損が発生したのである。NTはうまくいきそうなペアに見えるが、実は難しいトレードだ。損切りも片張りと比べて実に難しい。リスクヘッジされた手法とは夢夢思わないほうがいいだろう。Tラージ1枚に対し、Nミニ8枚が基本となっているようだが、直近、この比率でN買T売をやっていれば、結構利益が出ただろうが、NT倍率が13.7になっている現状では、10÷13.7=0.73となり、ミニ7枚ではないのか。1:8のN買T売のまま、17年に起きたようなことが起きると、また大損である。

  • サイト名 神の数式研究所 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2018年11月25日

    全て一年未満!! 使う人が多くなり、同じポジションが多く持たれるようになると、おかしくなる?? そんな気がしています!! そうならないといいですね!!

  • サイト名 神の数式研究所 投稿者名 NT倍率投資廃業者
    評価 評価なし 投稿日 2018年11月21日

    もうここのアービマスターは使っていませんが、株価が高値を付けた10月初旬からは、NT倍率が一定のレンジで推移しています。やっていれば、儲かった可能性大です。しかし、ここは、NTから片張りに方針転換。提供者のNT倍率投資に対する徹底的な分析・探求心、そして相場で勝つための一貫性が足りないように思います。よって、片張りも一時的には儲かることがあるかもしれませんが、続かないでしょう。

  • サイト名 神の数式研究所 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2018年08月16日

    6月SQ精算の分! その後のポジション!、どうなったんでしょうか?? 都合の悪いものは隠すんですね??!!

  • サイト名 神の数式研究所 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2018年07月26日

    NT倍率の急上昇、そして、急降下。この局面において、アービマスターのパフォーマンスはどうなったのか。なぜ、成績が公開されないのか。結局、自動売買義塾もこのパターンになるのでは。

  • サイト名 神の数式研究所 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2018年07月21日

    七月成績マイナス10万超!! 多数の人が使うようになると、逆になりますね!! すでに使っていませんが、今後は如何に??!!

  • サイト名 神の数式研究所 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2018年07月21日

    7/20day 買いポジ6 見事な下げ!! 見事なロスカット!! 同じ方向のポジを積みあげるとこうなる??!! 見本のような相場でした!! 多数の人が使うようになるとダメになる??!! 相場とはそういうもの、当然でしょう!!

  • ▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る