投資情報サイトPosition(ポジション) 16件のレビュー(1.14/5)

投資情報サイトPosition(ポジション)

 投資情報サイトPosition(ポジション)の評判

■最新追記(2020/3/27/追加検証済み)
2020年3月27日、投資情報サイトPosition(ポジション)がこの世から消滅。
新たに誕生したのが「投資顧問プラン (PLAN)」という偽投資顧問サイト。

検証の結果、投資顧問プラン (PLAN)は、投資情報サイトPosition(ポジション)のリニューアルサイトであることが判明しました。

投資顧問プラン (PLAN)の検証結果が気になる方は、以下からご参照ください。
>>> 投資顧問プラン (PLAN) の検証記事を見る


以下、投資情報サイトPosition(ポジション)のサイト全体の検証記事になります。

■検証記事
Position(ポジション)という投資情報サイトを発見。

先日検証した「投資顧問 BEST(ベスト)」同様に、投資情報サイトPosition(ポジション)も金商を持たない無登録業者であることが判明。違法サイトの実態に迫ります。

●Position(ポジション)の悪行【4選】
❶ 無資格の違法業者
❷ 会社が存在しない
❸ 実績は当然ウソ
➍ 他サイトの原稿を盗む

世間の常識を悪い意味で根底から覆す、評判の(偽)投資顧問サイトです。
こんなサイトがあるのか?くらいの軽い気持ちでお読みください。

まず❶のPosition(ポジション)を違法業者という位置づけにした理由を説明します。
株を始め投資に関する助言やサポートをするには、特定の資格が必要になってきます。

その資格を持つ業者のみが顧客に対し投資助言を行うことができます。俗にいう「金商」と呼ばれるものです。しかし、Position(ポジション)はこの資格を持っていません

にもかかわらず、顧客に対して投資助言を行うととれるような記載を、ホームページ上で行っています。つまり法令違反を当たり前のようにしているわけですね。

これが無登録業者と呼ばれる所以です。金融庁も無登録業者に対しては警告を促しており、この時点で利用価値は”ゼロ”です。元外資系証券マンとしても警告しますが、無資格の業者が一流企業とのコネクションを持っていることはまずありません。

国が警告を促してる業者と関わってるとわかった時点で、企業側も制裁を受ける可能性がありますからね。一流企業のコンプラがそんな無能なわけがないんですよ。

❷会社が存在しない!?
どうやらPosition(ポジション)の特商法上の運営会社「Position」は存在しないようです。

投資顧問 BEST(ベスト)の広告

まず第一に、株式会社でも有限会社でもない「Position」という記載しかされていない時点で怪しいですが、まあ特商法に表記するのに架空の会社名を載せているだけでしょう。

所在地がダミーとか、レンタルオフィスとかはよく見ますが、会社自体が存在しないとなるともはや誰が運営しているのかさえわからない状態です。

❸2017年の提供銘柄があるが‥
Position(ポジション)のホームページには、複数の実績が紹介されています‥が、これも嘘でしょう。最古の実績は、2017年1月13日サイバーステップ【3810】で、株価は3.12倍達成とあります。

投資顧問 BEST(ベスト)の広告

この実績が嘘である可能性が高いと判断した理由ですが、まずPosition(ポジション)は昨年12月に出来たばかりの新しい投資情報サイトだからです。

投資顧問 BEST(ベスト)の広告
ドメインを取得しなければサイトをオープンさせることすらできないため、サイトオープン前に銘柄を提供するなど不可能なのです。まあ仮にオープンさせていたとしても無理だと思いますけどね。

また、最近の無登録業者の特徴として、「ドメインを取り直した」という表記をするサイトが増えていますが、ドメインを取り直す前の情報がない時点で信用など出来ません

運営会社も架空なうえに実績まで捏造する、悪徳サイトのお手本のようなサイトですね。

➍他サイトの記事を盗用
Position(ポジション)の無能さがにじみ出てますね。

無料会員登録を済ませると、会員専用ページにある無料コンテンツを見ることが出来るようになります。その中にある「投資ニュース一覧」で記事の盗用を確認。

盗用元は、Yahoo!ファイナンスの「今朝の注目ニュース!」から元記事にある銘柄から3つをピックアップしてそれを自社の無料銘柄として紹介してるあたり、脳足りんとしか言えないです。

投資顧問 BEST(ベスト)の広告
この他にも複数の株情報サイトから記事を盗用していることも確認出来ており、Position(ポジション)がいかに能無しで、卑劣な業者であるかがよくわかります。

引用したなら引用したと書けばいいのに‥まあ好材料が出た株をコピペして貼るだけならば、中学生でもできますからね。利用価値はないと言えるでしょう。

以上、検証の結果 Position(ポジション)は「無能な悪徳サイト」と判定しました。

口コミサイトと裏で繋がっている可能性も高いため、利用者からの評判は細かくチェックすることをお勧めします。来月には銘柄検証も行えるかと思いますので、楽しみにお待ち頂ければと。

今回の記事を読んで、金商を持つ投資顧問に興味をお持ちになった方は、私が銘柄検証した中で、優良認定した「TMJ投資顧問」の記事をご覧いただき、無登録業者との違いを見比べてみてください。

コロナウイルスなどの地政学リスクで、相場全体が落ち込んでる今ですが、そんな中でプロの投資顧問はどのようにして優良銘柄を見つけ出しているのか、ヒントが転がっているはずです。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

投資情報サイトPosition(ポジション)への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る