ウェブトレーダーズ 3件のレビュー(1/5)

ウェブトレーダーズサムネイル

 ウェブトレーダーズの怪しい実態

当サイトの読者の方から私宛に「○○という投資情報サイトに騙された。悪徳業者だと思うので調べてほしい」という依頼が来ることが多々あります。

これまで数百件に上る投資情報サイトを調べてきた結果を記事にしたため公開している私を信頼してくれた方からの切実な依頼です。

さて今回も私の元にとある依頼が届きました。「ウェブトレーダーズというサイトに金を払って教えてもらった上昇期待銘柄が上がらない。騙されているかもしれない」。

ということでこのウェブトレーダーズというサイトについて調べてみた結果を記事にしましたので、ぜひご覧になってみてください。

さて世の中には他人に対してはニコニコと外面がよいものの、家庭内では暴力をふるう二面性を持った人というのが存在します。

ウェブトレーダーズもまさにこれ。善良な様子で信用させ、ガセネタ情報を高額で売りつける凶悪な二面性を持った存在、なのかもしれません。

ウェブトレーダーズの偽装工作と真実


ウェブトレーダーズというサイトは自身のサイトの会員に対し値上がり期待の銘柄を教え、さらに売買のサポートを行うという有料サービスを提供しています。

有料サービスのため、契約してもらうにはどうにかしてウェブトレーダーズの実力を信用してもらう必要があります。

そこでウェブトレーダーズは推奨銘柄の実績を捏造し、他社が作った相場解説資料を無断転載したのです。

1.実績の捏造
ウェブトレーダーズがHPに掲載している実績を見てみると、HENNGEや廣済堂の値上がり実績が捏造され紹介されています。

なぜ捏造と言い切れるのか。それはHPに記載された銘柄推奨日とウェブトレーダーズの活動時期が合わないからです。

ウェブトレーダーズのHPでは2021年の推奨実績としてHENNGEや廣済堂が紹介されていますが、ウェブトレーダーズのWEBサイトが作られた時期を見てみると…。

▼ウェブトレーダーズの活動時期
ドメイン情報

上記の画像はウェブサイトの作成時期を確認することができるサービスなのですが、そこにはウェブトレーダーズの作成時期が2022年2月と記載されています。

これによってHPに記載された2021年の実績があり得ないものだとわかるのです。

2.相場解説資料の捏造
ウェブトレーダーズはNEWSとして相場解説の記事を毎日更新しています。

その記事の内容が大手投資情報サイトの内容を丸々コピーしたものなのです。

見たところ多くがkabutanの市場ニュースをコピーしているようなので、皆さんも一度確認してみることをお勧めします。

語尾などを少し変えてはいますが、内容の99%が一致しています。

こうしてウェブトレーダーズは自分たちの推奨銘柄が儲かること、自分達に分析力があることを擬態して見せているのです。

またこれらの捏造行為が意図して行われたものだと根拠づける情報も存在します。

謎の運営母体トラストリューション


ウェブトレーダーズは自分たちの素性を徹底的に隠しています。

▼隠蔽している情報
・企業の本当の名前
・企業の本当の住所

これは恐らく自分たちがやっていることが悪質だと自覚し、顧客や金融庁、警察などから調査されないための工作だと思われます。

「え?でもHPには運営会社や住所が記載されていますよ?」

と思った方もいるでしょう。しかし残念ながらこれはダミー(嘘情報)です。

ウェブトレーダーズのHPには販売業者「トラストリューション」所在地「 東京都渋谷区神宮前6-23-4」と記載されています。

実はこの情報と一致する法人はこの世に存在しません。

国税庁が管理するデータを調べた結果がコチラ。

▼国税庁の索引
登記されていない証拠

京都にある会社が1件引っかかるのみ。

HPに記載されている情報は偽物です。

それって違法じゃないの?と思うでしょう。実は巧妙な手段で合法にニセ情報を掲載しているのです。

よくよく見るとトラストリューションは販売会社ではなく販売業者と書かれています。

株式会社ではない集団が株式会社を名乗ると違法なので、販売業者という表現でテキトウに作った団体名を記載していると思われます。

彼らの本当の会社名は別にあるのでしょうね。

また記載されている住所にはとあるビルが建っているのですが、そのビルにはバーチャルオフィスとして使える施設が入っていることが判明しました。

バーチャルオフィスとは何かというと、住所貸しをさせてくれる施設です。

その住所に住んでいるわけでも、会社があるわけでもないけれど、住所として届け出に使えるという施設になります。

こうして捜査されても問題ないダミーの住所も入手しているのです。

ここまでして自分たちの素性を隠すなんて、どう考えてもおかしいですよね。

ではウェブトレーダーズの正体とは一体


ウェブトレーダーズが数々の偽装工作により信用を得て高額なサービス契約を迫る集団であることは説明しました。

さらにその偽装工作が悪質であると自覚し、捜査の手が及ばないよう素性を徹底的に隠していることも解説しました。

これで皆さんにはウェブトレーダーズが危険な集団であると察していただけたと思いますが、最後に単純な私の興味から、さらに踏み込んでウェブトレーダーズの正体を探ってみた結果を解説していきます。

ウェブトレーダーズは一点、素性を隠すうえで致命的なミスを犯していました。

それは料金の振込先として指定されている銀行口座の名義です。

この口座は法人口座なので、偽装ではない本物の法人名が記載されているはずです。

記載されている名義は「合同会社トラストソリューション」。

この名前で法人検索してみると、ビンゴ。

合同会社トラストソリューション、住所はHPにあった東京都渋谷区神宮前6-23-4。これです。

▼法人登記情報
本当の登記情報

この登記情報を見てみると、以前の所在地が以下の建物であることが判明しました。

▼驚愕の以前の住所
以前の住所

なんと個人向けアパート。ウェブトレーダーズは以前このアパートの一室で営業していたということでしょうか。

これでウェブトレーダーズを運営する輩が少なくとも財界政界仕手筋とつながりがあるような人ではないことがご理解いただけたかと思います。

投資界隈にはこのような悪意を持った情報販売会社が一定数存在します。

こうした背景もあり、近年はAIを用いたデータ分析を用いて投資を行う人が増えているようです。

数字は嘘をつきませんからね。

個人向けAIの『グローイングAI』が高騰銘柄の予測に次々成功していることもあり、今後は情報会社ではなくAIを活用するのが正解となっていくのではないでしょうか。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

ウェブトレーダーズへの口コミ

  • サイト名 ウェブトレーダーズ 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2022年09月14日

    評判を調べたくても有名情報サイトのトレーダーズウェブばかり引っかかってしまって・・・たまたま見つけたこのサイトには助けられました。ほかの人が口コミに書いているように、ウェブトレーダーズは悪質情報会社だと私も思います。

  • サイト名 ウェブトレーダーズ 投稿者名 ★-10000
    評価 投稿日 2022年09月13日

    皆さん気を付けてください!ここは違法業者です!金融商品取引法に違反している悪徳業者です!絶対にお金を払ってはいけません!

  • サイト名 ウェブトレーダーズ 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年09月12日

    ウェブトレーダーズに推奨された銘柄が1週間で-15%(泣)
    これが実態です;;

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る