別府孝男の株式information 7件のレビュー(1.17/5)

別府孝男の株式information

 別府孝男の株式information

別府孝男の株式information 優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価は最悪と言っていいほど悪いですね‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず別府孝男の株式informationが如何なる投資顧問なのか確認していくと、本サイトは投資顧問会社『株式会社ノーブル』が運営しており、ラジオNIKKEI「おはよう!株式」でパーソナリティーを務める別府孝男が代表を務めているようです。

一応、金融業界では有名な方ですよね。
新人だったころ何度かラジオを聞いた事がありますが、先輩に「聞いても意味ないよ」と言われ、すぐに止めました‥
今思えば、確かに何の意味もなかったと思います

それはさておき、本サイトの最大の特徴は「儲けが出なれば、お代はいただきません」という完全成功報酬型サービスを採用している点です。

また「腕と実績に自信があり、真剣だからこそ、この完全成功報酬型のサービスを提供できる」と豪語しています。

確かにその通りなのかもしれませんが、ではなぜこんなに評判が悪いのか? という疑問が浮かんできます。
単純に結果=利益が伴っていないのか‥

主なサービス内容
・無料銘柄相談
・究極の投資バイブル ~投資家必須資金倍増への道~
別府孝男が20年以上に渡って株式の研究をしてきた中から株式投資で勝つために必要な情報だけを凝縮して、まとめたノウハウ集
・別府孝男の集まれ株仲間!
ラジオNIKKEI(おはよう!株式)の放送情報をブログ形式で公開しているようです。

以下有料
・メール会員サービス
株式投資の銘柄選定から買付け・売却まで買い水準・売り水準・見切り水準・逆張り水準を毎回助言
料金:1ヶ月/3,240円

・完全成功報酬型サービス
入会費・管理費一切無し、利益が出た場合のみ成功報酬を支払う完全成功報酬型の有料会員コース。テクニカルと情報の両面から厳選した株式銘柄情報を提供。
料金:
①運用資産1,000万円以上の場合 成功報酬率 25% (税込27.0%)
②運用資産1,000万円未満の場合 成功報酬率 30% (税込32.4%)

その他、HPにはラジオで取り上げた注目銘柄の実績が公開されています。
銘柄の傾向としては材料系仕手株やテーマ株がメインですね。

また実績の掲載方法として、放送日後の高値でしか計算されていないのには不信感を覚えます
当然上昇率=利益にはなりませんし、むしろ値動きの良い銘柄が中心ですから ロスカットも頻繁ではないでしょうか。

例えば Hamee(3134)やセレス(3696) なんて、放送した日だけが高値でその後株価は右肩下がりですよね。これを高値だけで計算して「銘柄当たりました」というのは無理があります。利食い幅を考えれば普通まだ売ってない水準だと思いますし、その後の下落でロスカットになっているでしょうね。

file146

また動きの良い銘柄がメインなため当たれば大きいかもしれませんが、確率が低いのとロスカットのパーセンテージも大きくなりがちだと推察されます。
徐々に悪評が絶えない要因が見えてきましたね‥

あくまで「注目銘柄」ですから、推奨とは違うのかもしれませんが、 利用検討者に値上がり率だけをアピールするのはどうかと
ラジオに出るような人物ですから、悪徳の可能性は低いとは思いますが、 同社を利用してトータルで利益を上げる事は困難でしょうね。

以上、別府孝男の株式informationの検証結果としましては、「ラジオ含め全体的に利用価値はない」 とさせていただきます。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

別府孝男の株式informationへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る