DTC投資顧問 34件のレビュー(1.64/5)

DTC投資顧問

 DTC投資顧問の運営会社が行政処分

■最新追記(2020/3/16/追加検証済み)
2020年3月11日、証券取引等監視員会から金融庁に対し、DTC投資顧問を運営する「株式会社ディーティーシー」に、行政処分を行うよう勧告したと発表がありました。

勧告を受け、株式会社ディーティーシーは2020年3月11日を持ってサービスを停止する旨をDTC投資顧問のホームページで発表しました。

▼DTC投資顧問のが運営を終了
DTC投資顧問のが運営を終了

株式会社ディーティーシーは、DTC投資顧問の他に「トラフィックトレード」「ブライアン投資顧問」の運営も行っていましたが、全サイトでサービスの停止を確認しました。

株式会社ディーティーシーの勧告内容は以下の通りです。

❶ 投資助言・代理業を適確に遂行するに足りる人的構成が確保されていない状況及び投資助言・代理業を適確に遂行するための必要な体制が整備されていない状況

❷顧客取引を利用して実質的支配者の利益を図る目的をもって行った正当な根拠を有しない助言行為

株式会社ディーティーは金商登録を受けた正規の投資顧問会社でした。しかし、実態を握っていたのは資格を有していない、株式会社アイエフリバースの代表である「五十森達哉」という人物。

五十森は、投資顧問会社の会員に自分たちが買い付けた銘柄の株価を上昇させ、私利私欲のために投資助言を行っていた”極悪人”というわけですね。

関連サイトであるブライアン投資顧問が営業停止する直前に送ったメールには驚きの言葉が。。。

▼ブライアン投資顧問のメール
ブライアン投資顧のメール画像

メールでは、「また逢う日まで…」と書かれていますが、これだけの悪行を行ってもまだ運営を続けようとしているということでしょうか?

詳しい処分内容はまだ決定しないため、数か月の停止もしくは、金商剝奪もあり得るかと思います。新しい情報が確認でき次第、追記してまいります。

皆様からの口コミを元に当サイトでも記事作成を行っております。情報をお持ちの方は、ページ下部の口コミ投稿フォームよりコメントをお寄せください。

以下、検証記事になります。



■検証記事
DTC投資顧問優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネット上の口コミ評判を見る限り、 おびただしい数の悪評を確認

読者様から寄せられた口コミを一部をご紹介します。

口コミ①
「短期取引にこだわりすぎ、損切りのタイミング最悪。こいつら素人ですよ。任せて失敗自分でやってた時のほうがましでした。ほんとうに頭にきますね。素人は引っ込んでろ!」

口コミ②
「ここの少しだけ利用してみましたが、最悪でしたね。全然当たらないし、サポートも悪すぎる。ロスカットの指示もずいぶん適当な気がしました。もはや一人でやっている感覚です。正直なことを言うと、ここを使うのはやめたほうが良いかなと私は思いました。」

評判を見る限り、手厳しい評価が多いですね‥

いつもであれば、DTC投資顧問が推奨した銘柄を検証し、寄せられた口コミの信憑性を確かめるのですが、残念なことに非会員ページでは実績を確認することが出来ません。

今回はホームページから確認できる実績以外の部分でDTC投資顧問を検証するしかないのですが、気になった部分が幾つかありましたので、以下に記載していきます。

▼会社案内のご挨拶
DTC投資顧問のご挨拶

2016年度に入ってから書いたと思われる代表挨拶なのですが、その中で「日銀による追加金融緩和が春頃に実施されれば、日経平均株価は今年以上の値幅を出す上昇の足となります。買い方としては「前半勝負」の年です。日経平均が20,000円大台へ乗せてくれば当然に値動きの幅も大きくなります。」との事。

結果論ではありますが、追加緩和が実施され現在5月下旬で今年も前半が終わりますが、日経平均は完全にレンジ相場になり20,000円には到達していません

ある程度相場をわかっていれば、前半勝負や日経平均20,000円回復とは言わないはず。

結果的にどうなるかわかりませんが、アナリストなどの見通しでは上値目途は19,000円前後多かった気がします。私自身もアメリカ利上げが日本株にマイナスに働く可能性を考慮すれば、財政政策や金融緩和をしても20,000円は厳しいと思います。

▼5/22の「今日の独り言」
5/22の「今日の独り言」

上記、DTC投資顧問のコラムにて「今週の相場ですが、ドル円は112円程度までの戻りは試しそうであり」との事ですが、今週に限って何を根拠にドル円が112円まで戻りを試すのでしょうか?

サミットを控え動きづらい事、輸出企業の想定為替レート(110円~105円前後多い)を意識した円買いによる円高圧力など、どう考えても上値目途は110円前後だと考えられます。

私は元証券マンで、現役の時から比べれば相場観は鈍っているかもしれませんが、今週のドル円くらいはどうなるか予想できますよ‥

続けてホームページについて触れていきます。

DTC投資顧問は、「5営業日以内の売買を目指す 短期銘柄専門」の株式投資顧問とのこと。

特徴として、以下が記載されています。
・効率良く勝てる銘柄
・塩漬けさせません
・分析力と的中率の高さ
・質の高いサポート体制

本サイトでは会員登録をすることで、無料メールマガジンが受け取れる模様。
それ自体は別に問題ないのですが、マズいのがホームページに記載されている勧誘文言。

「無料メルマガで勝てる銘柄情報をゲット」「勝ちたければ今すぐ登録」「勝てる銘柄を毎日配信」など、「断定的判断の提供」として処分されかねない文言が多数見受けられます。ちなみに上記の「特徴」でも「勝てる銘柄」と謳ってます‥

▼勝てる銘柄情報
勝てる銘柄情報

運営元の「株式会社 ディーティーシー」は金商を有する投資顧問です。「勝てる」保証などないのですから、 利用者の誤解を招くような文言は訂正すべきです。

主なサービス内容は以下の通り。

・無料メルマガ
上述のメルマガですが、とにかく1日何通も配信されてきて、迷惑レベルです。
もうちょっとコンパクトな内容にできないですかね‥

・DTCの宣伝と実績のアピールがメインなので、特に見る価値はなさそうです。

・仕手株ブログDTC
宣伝用のブログですね。ブログ名が「仕手株ブログ」ですか‥

・今日の独り言
前回検証時に、本サイトの相場観の無さを確認したコラム。
現在では当たり障りのない内容に終始しているので、特に閲覧価値はなさそうです。

以下有料

◆ホワイトプラン
月5%利回りを目指す、スタンダードプラン。
料金:2ヶ月/30,000円

◆ゴールドプラン
  1銘柄5%以上の利回りを目指す、当顧問のワンランク上の上級プラン。
料金:1ヶ月/100,000円

◆プレミアムプラン
本サイトの最上級プラン。
料金:3ヶ月/400,000円

◆単発スーパー銘柄
有力な銘柄・投資効率の高い銘柄で短期売買を目的とされた方向けのプラン。
料金:非会員1銘柄/50,000円 会員1銘柄/30,000円

実績について。
HPでは「DTC銘柄情報」にて上昇実績が公開されているのみです。その真偽を確認するためにも、ロスカット実績も含めて確認したかったのですが‥

情報が不十分 なので、現状では本サイトの実力は不明です。
ついでに言うと、投資助言者である「大久保 貴広」・「麻生 絵夢」の情報もないですよね。

投資顧問として、どのような経歴・実績のある人材を抱えているか公開すべきだと思います。

最後に系列サイト「ブライアン投資顧問」について。
運営元の「株式会社ディーティーシー」は投資顧問サイトを複数運営しています。

なぜ複数運営する必要があるのか‥尚、「ブライアン投資顧問」の検証結果も決して良好とは言えませんでした。

以上、DTC投資顧問についての検証結果をまとめると、日経平均やドル円の相場予想を見る限り、相場観が無くプロとは思えませんでした。また無断掲載の疑いもありますので、DTC投資顧問は悪徳投資顧問である可能性が高いと考えられます。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

DTC投資顧問への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る