123株式マネースクールWest 41件のレビュー(1.5/5)

123株式マネースクールWest

 123株式マネースクールWest

■最新追記(7/21/追加検証済み)

前回「123株式マネースクールWest」の検証を行ってから、約1年が経過しました。
その間、何か変化はあったのか、HPや読者様からの口コミを基に再度検証していきます。

HPを見ると、デザイン・構成共に大きく変わっている事が分かります。
HP冒頭では「株の初心者から既に株式投資をされている方まで「スクールと銘柄情報配信」の両方でフォローします」と謳っていますね。

以前から、スクール+銘柄情報配信の2本立てだったので、大まかな運営方針等に変更はない模様。

・サービス内容について
有料コースについて変更点があったようなので、以下でまとめておきます。

◆体験入学セミナー
料金:3,000円

◆ビギナーコース
ネット株売買の基礎を学んで、あなたの株式トレードをスタートさせるコース。
料金:7,000円

◆ベーシックコース
負けない技術を習得するためのプログラム。
料金:162,000円

◆マスターコース
ベーシックコースで習得した基礎理論をベースとして、ベーシックコースよりもさらに利益を伸ばしていく方法が学べる。
料金:378,000円

◆インテンシブコース
元々株式投資をされていた方で、ベーシックコース以上をご希望の方向けのコース。
料金:不明

◆プロ・トレーダーコース
マスターコース」までの内容(正規の基準での見方)をふまえて、ここからはマーケットでの戦いに出陣して頂く為の技術を手にして頂くコース。
料金:540,000円

◆システムトレード銘柄情報サービス(STS)
現役の個人投資家が選んだ推奨銘柄の情報配信との事。全てのサービスを利用するにはマスターコースまで受講する必要があるようです。
料金:月額5,000円~10,000円

上記の各コースは以前の検証でも確認していましたが、以下が今回新たに設けられたサービス です。

◇株式トレード講座(ベーシック)
利益を狙う「株式トレード」を始めるための実践方法を教える講座。
料金:6,500円

◇【STSプレミアム】銘柄情報サービス
大口投資家の資金が仕込まれる銘柄を毎月10~20銘柄に絞り込んで「値上り候補銘柄リスト」として月初にお送りし、それを基にチャート分析による売買ポイントで買い仕掛けて利益を狙える内容との事。上記「株式トレード講座」と合わせての利用が推奨されています。
料金:月額/50,000円

まず言えるのは、それぞれステップアップ方式での利用が推奨されているので、トータルで考えると非常に高額である事。
特に体験~プロトレーダーコースまでは総額「109万円」ですからね‥

これは以前からあった問題点です。
そして、そういった指摘が多かったからなのか、新たに追加されたサービスは比較的安いですね‥

HPには【STSプレミアム】の実績が掲載されていますが、配信された各銘柄におけるベストに近いシナリオに基づいているようなので、額面通りの結果が得られるかどうか定かではありません。

それにしても、株式トレード講座と【STSプレミアム】である程度の成果が見込めるならば、もはや総額109万円の会員コースの存在意義がない ですよね‥

・講師陣について
HPでは本スクールの代表「粟津 隆」と「西尾 聡」の2名が講師として紹介されています。

粟津氏はサービス業や販売の仕事をバックグラウンドとする個人投資家、西尾氏は本スクールの元生徒ですね‥

共に金融のプロとは言えず、一体トレーダーとしてどれほどの実績・実力があるのでしょうか‥

以前よりも安いサービスが新設されたとは言え、月額/50,000円(STSプレミアム)ですからね、利用検討する上での情報が不足していると思います。
まずは彼らのトレード実績を少しでも公表してもらいたいところですね。

以上、123株式マネースクールWestの再検証を行ってきましたが、HPリニューアルに伴いサービス内容も変わっている事が分かりました。

以前の「高額会員コースへの参加ありき」な体質から脱却している点は評価できますが、根本的に講師陣のトレーダーとして実力が不明では利用検討しようがありません。

また、そもそもスクールとして会員コースの内容に自信があれば、その後の銘柄配信サービスを利用しなくとも勝てるようになるはず。高額な料金設定を考えれば尚更です。

逆に言えば、銘柄配信サービスが勝てる内容ならば、会員コースは不要ですよね?
利用者目線で考えれば、 本来「スクール」か「銘柄配信サービス」のどちらかでいいのですよ。利用者の最終的な目標は「株で儲ける事」なのですから。

各コースを受講させてからの銘柄配信サービスというのは、 自然なようで不自然な運営方針だと個人的には思います。

おそらく利用者の大多数はスクールという「過程」をすっ飛ばして、銘柄配信サービスという「結果」を求めていると思うので‥

引き続き、123株式マネースクールWestの動向を注視していきたいと思います。

※以下、サイト全体の検証記事になります。
上記の追記と合わせてご覧ください。

■検証記事

123株式マネースクールWest 優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価は低い ようですね‥
早速、HP等の検証をしていきたいと思います。

まず123株式マネースクールWestが如何なる投資顧問なのか確認していくと「全くの初心者の方~既に株式投資をされている方までを対象に、 株式投資で利益を上げる為に必要な「知識」・「方法」・「銘柄」を教える 株の学校・株式スクール」との事。

特徴としては
①まず、授業で儲ける為に必要な知識・方法を習得していただきます。
②銘柄情報サービスで売買ポイントに近付く個別銘柄をお伝えします。
という2点。

主なサービス内容
・公式ブログ‥授業の様子をレポート
・ストックシャウト‥現役トレーダーの講師によるザラ場中リアルタイムラジオ、2014年4月を最後に更新ストップ

以下有料
・体験入学
受講料:3,000円

・ベーシックコース
株式トレードを始めるための基礎知識と負けない技術を習得するために開発されたプログラム
受講料:162,000円

・マスターコース
ベーシックコースをベースにより利益を伸ばすトレードと下降・持合相場でも利益を取る ノウハウを習得するプログラム
受講料:378,000円

・プロトレーダーコース
実践力を極める実戦習得授業
受講料:540,000円

・銘柄情報配信サービス
上記会員コースに参加した方限定のサービス。 ストックチャート(推奨銘柄分析チャート)、ストックシャウト(インターネットラジオ)、ストック動画レクチャー(推奨銘柄分析動画)、ストックフォローコメント(売買アドバイス)など授業内容の理解を更に高める為の情報提供
料金:1ヶ月/1万円

その他、HP上では実績(仕手株など)は確認できませんでした。

全体的に見て、不満と疑問があります。
まず不満、「会員コース」に参加するだけで30万円や50万円というのは高過ぎ ますよね。
あくまで「講座」に過ぎず、投資助言を受けられないのにそんな大金を払う人いるんですかね‥

そして疑問点なのですが、 なぜ銘柄情報配信サービスはセミナー参加者限定なのでしょうか?

そもそも、「会員コースに参加しないと銘柄情報を活かせない」的な主張が間違っていると思います。銘柄情報に 「エントリーポイント・利食い・損切りライン」を記載すれば誰でも銘柄情報を活用できますよね

「会員コースへの参加ありき」なのが不可解です。
普通 会員コースを安価で開催し、興味ある方のみ銘柄情報配信サービスの申し込み、が自然な流れじゃないでしょうか。

百歩譲って、ステップアップ方式ですから全て受講し100万円以上払って、その後は銘柄情報配信サービスは無料ならまだ‥否やっぱり価値ないですかね笑

投資顧問として最終的な終着点が投資助言であるならば、セミナーで高額な料金払わせて洗脳した利用者を相手に商売せずに、「投資助言」で真っ向から勝負してほしいものです

会員コースがこれだけ高額ならば、「卒業すれば銘柄情報に頼らずトレーダーとして生きていける」くらいの内容を求めますし、銘柄情報には正確性と利益を求めます。

両方でお金を取ろうなんてどう考えても腑に落ちませんし、逆に両方とも自信ないのかもしれませんよ。 自信があれば片方だけで十分勝負できるはずですからね。

以上、私個人の見解ではありますが、 会員コースへの参加ありきな営業手法は投資顧問として真っ向勝負を避けている事に他なりません
123株式マネースクールWestとは関わらないようにしましょう

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

123株式マネースクールWestへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る