株式会社マーケットバンク 2件のレビュー(1/5)

株式会社マーケットバンク

 株式会社マーケットバンク

株式会社マーケットバンク優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はかなり悪いようですね‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず株式会社マーケットバンクが如何なる投資顧問なのか確認していくと、「1999年12月8日の設立から12年以上にわたって株式投資で安定した高パフォーマンスを継続して出すことのできる画期的な運用手法の開発とサービスを提供している」との事。

またHPのトップでは「1998年にCSTVの資産運用チャンネル・インベステーション主催、クレディスイス投信、野村アセットマネジメント投信等の協賛により行われた日本初の資産運用コンテスト「S1グランプリ」 にて、株式投資のプロの運用担当者を含め1万人以上が参加する中、運用期間年利回り124%!の驚異の成績をあげ、文句なしの優勝を果たしました」と豪語されており、対外的な評価も得ているようです。

主なサービス内容としては、
・無料トライアル
・ブログ
・セミナー開催

以下有料
・225先物直接助言会員
入会金21,600円 会費:半年~/32,400円~ 成功報酬20%
・個別銘柄・個別報酬直接助言会員
入会金108,000円 会費:半年~/151,200円 成功報酬20%
・スポット銘柄会員
1か月~/10,800円~

上記有料サービスの中で実績が掲載されているのは、225先物に関してだけであり、勝率で50%を上回ったのは2012~2015年のうち2012年だけのようですね‥
アベノミクス最盛期の2013年で勝率5割以下なんて、センスないとしか言いようがない ですね。

file110

その他、個別銘柄・スポット銘柄に関して実績は公開しておらず、どのような助言が受けられるか不明確です。
仕手株中心なのか大型株中心なのかくらいは教えてくれないと利用する気にもなりませんよね。

225先物の実績を見る限り、個別銘柄も悲惨な結果なのでしょうかね‥
そんな全体的なセンスの無さを利用者に見透かされたのか、ブログの読者数は9人という、単純に需要がなく全く必要とされていない事が明らか です。

こんな悲惨な状況の投資顧問が、資産運用コンテスト「S1グランプリ」で優勝なんて変だなと思い、ネットで調べた結果、 「S1グランプリ」がマーケットバンク絡み以外で確認できませんでした

という事は、可能性として考えられるのは
①「S1グランプリ」自体が存在しない
②「S1グランプリ」はあったが、価値がないため現在は無くなった
という2つ‥

余談ですが、ショーン・Kのプロフィールを見ると、同グランプリのパーソナリティを担当したと記載がありました笑
「類は友を呼ぶ」 でしょうか‥

「S1グランプリ」についての真相は分かりませんが、仮に事実としても225先物の実績やブログの読者数から推察するに、 「マーケットバンクは必要とされていない」事は明白です。

よって、悪徳かどうか以前に、センスの無い投資顧問は利用すべきではない でしょう。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

株式会社マーケットバンクへの口コミ

  • サイト名 株式会社マーケットバンク 投稿者名 先物でボロボロに
    評価 投稿日 2020年06月29日

    助言通りに売買するだけで大丈夫です!

    といううたい文句でやりましたが、全て逆に動き、1か月ほどで300万を100万にされました。

    その後電話で「申し訳ありません。チャンスください」と言われましたが、ここまで実力もない投資顧問会社もないわ!と思い、願い下げでした。

    チャンスください。というなら、すぐに消えた200万をあなたが肩代わりして、増やしてから言ってくださいよ。ホントに。

    まあ、わたし的には、詐欺にあった気分です。

  • サイト名 株式会社マーケットバンク 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2019年01月08日

    誰かに相談されたら「絶対やめろ」と自信を持って言える。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る