JCブレイン投資顧問 40件のレビュー(1.32/5)

JCブレイン投資顧問

 JCブレイン投資顧問

JCブレイン投資顧問は優良投資顧問なのか悪徳投資顧問なのか。ネットの口コミ評判を見る限り、
評価は低く『まだ存続しているのが不思議』という意見も‥早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

JCブレイン投資顧問がどのような投資顧問なのか、まずはHPから確認していきましょう。HPには以下の4つの特徴が記載されていました。

・当社は(社)日本証券アナリスト協会検定会員の資格を持った社長が率いる正統派の投資顧問会社です。
・推奨する銘柄はテクニカル面や業績などファンダメンタルズ面からふるいにかけて絞り込んでいますので、精度の高さが実感できる内容になっています。
・会員に買っていただく銘柄は会社に直接取材するなど深く調べた銘柄を基本としています。
・なぜその銘柄を推奨するのか理由がはっきり分かる内容になっています。「本物の情報を売る」という姿勢で臨んでいますので質の違いが実感できるはずです。平易な文章で書いてありますので、株式初心者は勿論、プロの投資家にも参考になる内容になっています。

さらに助言方針として、『信憑性が乏しく、相場観の働かない「仕手株」にはあまり興味はありません。推奨銘柄はファンダメンタルズ(業績やその会社の可能性など)やテクニカル面からみて有望だと思われるものに絞るつもりで、根拠の定かでないもの、思惑で動いているものは原則としてお勧め致しません。』との事。

ここまで特に問題視される部分はないのですが、証券アナリストの資格なんて特筆すべきものではないし、証券業界では「アナリスト=当たらない」という考え方も根強いです。

というのも、助言方針に書いてある通り、彼らは根拠がないと銘柄推奨できない人種なのです。しかし実際の現場では、根拠を待っている余裕はないし待っていては遅いケースがほとんど。株価というのは思惑も含めて需給で決まるものですから、そういった意味での相場観は不可欠です。

主張している事は間違ってないし、合理的ですが「頭でっかち」な投資法では勝てないと思われます。例えば「騙し上げ」に敢えて乗っかるような大胆さは時に必要だと私は考えます。(私の個人的な考え方ですがね‥)

※騙し上げ‥大量に株を保有している投資家が高値で売り抜けたいときに使う手法で、売るために意図的に株価を上げて、個人投資家が提灯を付けた所で、購入した株と保有株を一気に売り抜ける手法

その他、HP上では特に不審点は見受けられませんでが、上記の特徴や助言方針についての実力を証明する実績が掲載されておらず、利用者は何を参考にすればいいのか不明確です。また無料コンテンツは「お試し入会」と「銘柄相談」だけであり、コラムやレポート、メルマガなどは一切ないようです。

最近の投資顧問会社は従来の対面型ではなく、ネットを介して運営されているケースが多いのですが、それならば対面型に負けないような信頼を利用者から得るべく、実績の掲載はもちろん無料コンテンツも充実させるのが当たり前ですよね。

利用者は初心者の方も多いはずですし、情報不足では不安にさせるだけ。顧客を安心させるのもプロの仕事だと思います。銘柄推奨するには根拠が必要だというくせに、JCブレイン投資顧問を利用するメリットや利用すべき根拠は示さないというのは納得できません。

私の経験上では「頭でっかちなアナリスト」に従って売買して良い結果になったことはあまりないのですが、JCブレイン投資顧問は実力を示す情報が不足しており、利用者が安心できない事は問題視すべきでしょう。

従いまして、今の状況ではJCブレイン投資顧問のご利用はおススメできません。後日、お試し入会した結果をアップデートできればと存じます。

※補足ですが、アナリスト全般を否定しているわけではありません。私の知り合いにも凄腕アナリストはいますので。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

JCブレイン投資顧問への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る