ウェルスナビ 61件のレビュー(2.61/5)

WealthNavi(ウェルスナビ)

 ウェルスナビに[やめたほうがいい]との評判、そのワケは?

世界約50カ国11,000銘柄に自動で分散投資が出来る資産運用アプリのウェルスナビ

手数料を支払うだけでポートフォリオを自動で組んでくれるウェルスナビは、初心者でも簡単に始められると評判です。

老後2,000万円問題やコロナの影響を受け、投資を始めるきっかけとしてウェルスナビを選択したという方も少なくないでしょう。

しかし、最近になってウェルスナビを「やめたほうがいい」という評判を見かける機会が増えてきました

一定のリターンも出しているウェルスナビになぜ「やめたほうがいい」という声が寄せられるようになったのか、その真相を明らかにしていきます。

ウェルスナビに「やめたほうがいい」という評判が広まった理由


ウェルスナビに何故「やめたほうがいい」という評判が広まったのか?

その理由は、ウェルスナビを利用したユーザーが“あえてウェルスナビではなくても良いことに気づき始めた”ことがきっかけでした。

その背景には「運用コストが高い」+「自分でもポートフォリオを組める」という理由が関係しています。

ウェルスナビは米国株や不動産・金といった値動きが異なる金融資産へ自動で分散投資をしてくれます。

手間をかけずに資産運用ができると評判を集めたウェルスナビですが、一部の投資家から「手数料が高い」という声も

▼ウェルスナビの手数料についての評判
ウェルスナビの手数料が高い
引用元:コケ水槽

ウェルスナビをやめた理由
引用元: ピヨピヨ丸@看護師兼副業

ウェルスナビの信託報酬は税込み1.1%です。

この税込み1.1%という信託報酬について、高いか安いかでいうと決して安くはない手数料です。

なぜならウェルスナビの半分以下である信託報酬が0.4%未満で運用可能なファンドが多数存在しているからです。

投資を始めて間もない人からすると、コストよりも「利益が出てるかどうか」に目が行きがちです。

しかし、大きな資産を長期で運用するほどこの信託報酬が後から大きくのしかかってきます。

利用し始めて手数料の重要性を実感したという方も少なくないでしょう。

そういった方がウェルスナビの利用をやめて自分で海外のETFや国内のインデックスファンドへと資金を移しているようです。

また手数料と比例して多く見受けられた意見が「あえてウェルスナビじゃなくもいい」という評判です。

▼ウェルスナビである必要性がなくなった
ウェルスナビ 解約の理由
引用元: えんふぁみ@子育て家族×投資家×ブロガー光る星

もうウェルスナビは必要ない
引用元:シーチキンのセミリタ生活

最近になってウェルスナビに頼らず自分で投資先を選定し運用することを選択する投資家が増えているように感じます。

ネットの口コミを見ていても、ウェルスナビのポートフォリオを真似して自分で運用することでコストを下げているという方も見受けられました。

ウェルスナビのポートフォリオは6つの海外ETFへ分散します。

▼ウェルスナビのポートフォリオ
●米国株(VTI)
●日欧株(VEA)
●新興国株(VWO)
●米国国債(AGG)
●金(GLD)
●不動産
参考元:ウェルスナビ

上記と同じように6つの海外ETFを購入すれば、ウェルスナビと同等のパフォーマンスで運用をすることは可能です。

パフォーマンスを下げずにコストを抑えられるとなれば、ウェルスナビをやめる理由としては十分と言えるでしょう。

ウェルスナビを「やめない」という選択をした側の意見


ウェルスナビを辞めた理由について掘り下げてきましたが、ここからは上記のような意見を踏まえてもウェルスナビを使いつづけている人達の声をご紹介します。

ネット上では指示派とアンチが論争しており、評価が分かれるウェルスナビ

ウェルスナビを「やめない」という選択をした人たちはどんなところに魅力を感じているのか、継続利用者の評判を掘り下げます。

継続利用者がウェルスナビを評価してる点は、やはり「運用を一任できる」ことのようです。

▼ウェルスナビ 継続利用者の声
ウェルスナビをやめない理由
引用元:トム⭐︎@コツコツ投資家

今は銀行にお金を預けていても金利がほとんどつかない時代ですからね。

ほったらかしで資産が増えた投資家はウェルスナビを信頼して継続利用することを選択したようです。

手数料が多少高くても、運用に時間や労力をかけたくないという方にはウェルスナビは評価されているようですね。

ウェルスナビの運用利回りは高いのか?


運用を一任できるウェルスナビですが、得られるリターンは他の投資信託と比較して高いのでしょうか?

ウェルスナビでは、リスク許容度が1~5の5段階で設定されており、数字が大きいほどリスクが高くなります。

ネットの評判を見る限りでは、リスク許容度5で運用している方が多いようです。

実際にリスク許容度5で想定される期待リターンは6%前後(経費控除後)となります。

手数料が税込みで1.1%ここから引かれるので、実質には5%前後のリターンが期待できるという事になります。

この利回りがパフォーマンス的に良いか悪いかについてですが‥。

結論から申し上げると、ウェルスナビのようなバランス型のサービスはリターンがあまり高くありません

実際に証券会社などが開示する投資信託のパフォーマンスを見ても、バランス型に比べ外国株式などに特化した投資信託のほうがパフォーマンスは遥かに高いです。

▼投資信託のリターン比較
バランス型ファンドとの比較
引用元:SBI証券

上記画像は、三菱UFJ国際-eMAXISSlimの先進国株式インデックスとバランスを比較したものです。

ご覧頂いてわかるように、トータルリターン(3年)で”倍近く差がついている”ことがわかります。

人というのは不思議なもので、一度でも成功体験を味わうと多少のリスクを負っても、それと同等ないしはそれ以上のものを得ようとします。

ウェルスナビで投資のコツを掴んで、更なるステップアップをしようとする人が増えたのも「やめがほうがいい」という評判に繋がってるのかもしれませんね。

ハイリターンを期待する方は海外株などに特化した投資信託や、個別株に資金を移しているようです。

長期運用が前提のウェルスナビ 短期利益を狙うなら別の選択肢も


ウェルスナビのコンセプトは長期の積立・分散投資です。

従って短期間で大きな利益を得たいという方にはあまり適しません

実際にウェルスナビの公式サイトの資産運用シミュレーションを見ても分かるように、30年間積み立てた場合を想定した利率が算出されています。

ウェルスナビの想定では、100万円から始めて、毎月3万円の積立投資を30年間続けた場合、元本の1,180万円が50%の確率で2,225万円以上になるとのこと。

今は銀行に預けておいても金利が0.001%ほどしかつかないので、ほったらかておくことを考えればウェルスナビでの運用は非常に効果的と言えるでしょう。

ただ積み立て投資で利益を得るには、下がった時も買い続ける強いメンタルが必要になります。

相場に一喜一憂していてはダメなので、資金を細かく動かして短期で利益を手にしたいという方は失敗する可能性が高いです。

短期で利益を得る方法として今注目を集めているのが、ハイリターンが期待できる有望株をAIが抽出する銘柄抽出ロボです。

1ヶ月で株価上昇率300%超えの銘柄を複数抽出するなど、利益率の高さが魅力です。

当サイトでも性能やネットの評判など検証を行っているので、宜しければ当記事と併せてご覧ください。

株価上昇のサインを事前予測する高性能AI循環物色アナライザーの最新の評判

ウェルスナビの会社概要


ウェルスナビは、2015年4月よりサービスを開始したロボアドバイザー会社です。

2020年の12月には東証マザーズ市場にもIPOしたウェルスナビ

ロボアドバイザー業界初のIPOだったこともあり、大きな話題となりました。

▼ウェルスナビの基本情報
運営企業:ウェルスナビ株式会社
代表者:柴山和久
住所:東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル9F
設立年月:2015年4月28日
資本金(資本剰余金含む):17億6,147万1,125円 ※2021年1月20日現在
上場市場:東証マザーズ(7342)
自己資本規制比率:893.3%(2021年3月末)
※自己資本規制比率は企業経営の健全性を表す重要な財務指標で、金融商品取引業者は、この自己資本規制比率が120%を上回るよう努めることが義務付けられています。
登録番号:関東財務局長(金商)第2884号
事業内容:金融商品取引業
引用元:ウェルスナビ公式HP

ウェルスナビのようなロボアドバイザーは投資初心者や働く人達から一定の評価を受けています。

老後2,000万円問題や新型コロナの影響を受け、投資をはじめる人が増えたこともウェルスナビの利用者が増加した要因でもあります。

尚、ウェルスナビは金融商品取引業者です。

金融商品取引業者には、分別管理義務というものがあり、顧客から預かった有価証券や金銭などの資産を、区分して管理する義務があります。

なので、もしウェルスナビが経営破綻したとしても、原則として顧客の資産は保護されます。

また金融商品取引業者は、分別管理義務と併せて投資者保護基金への参加も金融商品取引法により義務付けられています。

もし、ウェルスナビが分析管理をきちんと行っていない場合でも、日本投資者保護基金が顧客一人当たり1,000万円まで補償してくれます。

ウェルスナビのメリット


ウェルスナビのメリットは大きく分けて5つです。

▼ウェルスナビのメリット
・ロボアドバイザーが運用を行ってくれる
・ユーザーに合わせたプランを提案してくれる
・NISA対応している
・スマホ1代で利用が可能
・分散投資でリスクを軽減

◆ロボアドバイザーが運用を行ってくれる
ロボアドバイザー業界では利用者数1位のウェルスナビですが、最大のメリットはロボアドバイザーがほぼ自動で資産運用をしてくれることです。

ほったらかしで運用ができるため、知識の乏しい初心者の方でも比較的安心して投資を行うことができると言えるでしょう。

◆ユーザーに合わせたプランを提案してくれる
ウェルスナビでは、事前に「年齢」「年収」などの6つの質問に答える無料診断を行い、その人に合った資産運用プランを提案してくれます。

おもに、どの程度のリスク許容度があるかを判別し、その人に適したポートフォリオ(=保有資産の組み合わせ)が選択されます。

ウェルスナビのポートフォリオは主に5つで、それぞれリスク許容度が1~5で設定されています。

リスク許容度によって想定できるリターンも変わってくるので、注意が必要です。

◆NISA対応している
ウェルスナビはNISAに対応しており、「おまかせNISA」というサービスで運用ができます。

既にウェルスナビを資産運用していて、おまかせNISAを使ってないという人はすぐにでも活用しましょう。

ただNISAについては1つの金融機関でしか利用が出来ないので、証券会社などで既に口座開設しているかは必ず確認しましょう。

◆スマホ1代で利用が可能
ウェルスナビはスマホ一台で資産運用が可能です。

まあ今どき株の売り買いもスマホでやる人が多いので、投資環境を選ばずに運用ができるのはありがたいですね。

◆分散投資でリスクを軽減
ウェルスナビでは、7種類のETF(上場投資信託)を通じて、世界50カ国、約11,000以上の銘柄(米国株・日欧株・新興国株・米国債券・物価連動債・金・不動産)に分散投資を行っています。

投資先を絞らず、複数のジャンルに分散することでリスクヘッジを行っています。

ただこの分散投資については、リスクが下がる分個別の投資信託などと比較するとリターンが減るというデメリットも持ちあわせています。

ウェルスナビのデメリット


次にウェルスナビで投資を行う場合のリスクやデメリットを紹介します。

▼ウェルスナビのデメリット
・手数料が高い
・元本割れのリスクがある
・為替の影響を受ける可能性がある

◆手数料が高い
長期・分散・積み立てをコンセプトにおくウェルスナビですが、やっていることはポートフォリオを組んでETFを買っているだけです。

そのため、ポートフォリオを真似するだけでウェルスナビと同じような利率の運用が可能になります。

証券会社などが販売している投資信託は手数料が0.5%を切ってくるものもあります。

ウェルスナビの手数料は税込み1.1%なので比較するとかなり高額です。

投資商品の選定が出来る方にとってはあまりメリットがないというのが正直なところでしょう。

◆元本割れのリスクがある
分散投資でリスクヘッジをするウェルスナビですが、他の投資商品と同様に、投資に伴うリスクを完全に避けることはできません。

将来のことは誰にもわかりませんし、経済や景気の動向はその時度で変化します。

ウェルスナビの投資対象である海外ETFの価格が値下がりした場合には、元本割れを起こす可能性もあります。

◆為替の影響を受ける可能性がある
海外ETFのに投資をするウェルスナビは、売買時に為替リスクが発生する場合があります。

株価は上がったが為替の影響で利益が伸びないなんてケースも出てくるかと思うので、利用を検討している方は事前に把握しておきましょう。

ウェルスナビの評判・口コミ


ウェルスナビの評判について、利用者からは次のように口コミが寄せられています。

▼ウェルスナビの評判
『ウェルスナビは積み立ててるだけで利益が出て優秀なサービスだけど、勉強しないからスキルは上がってない気がする』

『比率をみてS&P500+全世界株式の投資信託買えばいいと思ったので解約した』

『ウェルスナビってなんか胡散臭い』

『何が正しいかわからないから「インデックス」「個別株」「ETF]「ウェルスナビ」「仮想通貨」といろいろやってる』

『やっぱりウェルスナビは最強だと思う』

『ウェルスナビ利確、以前と比べて動きが少なくなってきたから一旦さよなら』

『THEOはとウェルスナビは解約後に一気に手数料をひかれて唖然とした』

『5カ月ほど利用しているがかなりイマイチの成績』

『今まで投資は敬遠してたけど、これからの時代資産運用は必須だからウェルスナビを選んだ』

『リスク許容度5で運用開始1ヶ月の結果:マイナス0.61%、マイナスで手数料も取られるのか…』

※SNSなどで見られた個人の感想をまとめたものです

ウェルスナビの評価については、ほったらかしで運用可能な点が好評な一方で、手数料については「高い」という声が目立ちました。

さらに、コロナ後の上昇相場で利益を得たウェルスナビユーザーも、ここ最近は相場の影響もあり「伸びがいまいち」と感じているようです。

その時々の景気や為替などに影響を受けることがあるウェルスナビ運用、短期目線ではなく長期での運用を心がける必要がありそうです。

為替変動を受けないという意味では国内株に目を向けてみるのも有りでしょう。

下落相場でもトレンドを正確に予測できれば利益を掴むことは可能です。

数日~1ヶ月前後の短期スイングトレードで結果を残す「話題株セレクト」は投資家からの評判も上々です。

上記のウェルスナビの評判でも複数の投資先に分散して投資をしている方がいらっしゃいましたよね。

1つのサービスではなく複数を併用して運用していく、短期と長期でそれぞれリスクを抑えながら利益を得ていくことでより投資効率を上げることが出来ます

話題株セレクトは、短期投資の面で非常に高性能の銘柄抽出AIです。

当サイトでも投資実績や抽出精度について検証を行っていますので、宜しければご覧ください。

>>> 短期トレードが評判の話題株セレクト

ウェルスナビの総括


投資一任型のロボアドバイザーのウェルスナビに、なぜ「やめがほうがいい」という評判が寄せられるのか調査しました。

ネットのウェルスナビ利用者の声を調べると↓

▼ウェルスナビ「やめがほうがいい」の真相
・手数料が高い
・あえてウェルスナビである必要がなくなった

この2つの要因が大きく関係していることがわかりました。

ひとり一人に合わせたプランの提案や投資リスクの分散化、運用の自動化といったメリットがあるウェルスナビ。

利用者それぞれに色々な思いはありながらも「卒業する」という選択をした投資家が一定数でてきているようです。

出来る限りコストを下げて運用したい方や、自分で投資商品の選択やポートフォリオを組める方は、他のサービスを検討してみるといいでしょう。

逆にこれから投資を始める方や、時間がない、運用の手間に悩まされたくないという方はウェルスナビを一度利用してみるというのも手かと思います。

最後にお伝えしておくと、メリットしかない投資商品は存在しません。

どんなものにもメリット・デメリットがあるので、自分のニーズを叶えるうえで一番適切なサービスかどうか、比較検討しながら決めるようにしましょう。

▼アクセスの多い人気記事
・最強の個人投資家と評判の「五味大輔」
・高騰銘柄を次々に抽出「グローイングAI
・ラジオ日経でも番組を持つ「大岩川源太

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

ウェルスナビへの口コミ

  • サイト名ウェルスナビ(WealthNavi)投稿者名順ちゃん
    評価評価なし投稿日2021年09月11日

    赤字になってないからいいよ
    ウェルスナビでほったらかしておいて金稼ぐなら
    今はウェルスナビとぺいぺいボーナスのみ
    勝手がわかってきたからそろそろ投資信託でも買ってみるか

  • サイト名ウェルスナビ(WealthNavi)投稿者名名無し
    評価投稿日2021年09月08日

    一発当てたいと思ってたけど、どんな将来にしたいかで運用方法とかも変わるってことか。やめたほうがいいって言われてるのはそういうことね。はいはい納得。ウェルスナビは長期だなやっぱり!短期で稼げるいいサービスないかな?

  • サイト名ウェルスナビ(WealthNavi)投稿者名名無し
    評価評価なし投稿日2021年08月26日

    自分もウェルスナビはもう使えってないですけど悪徳だからやめたとかではなくもっといいものがありそうと思ったからやめただけって感じです。

  • サイト名ウェルスナビ(WealthNavi)投稿者名名無し
    評価投稿日2021年08月25日

    やめたほうがいいとか、怪しいとか、嘘っぽいとかあるけど俺は利益出せたよ。長期積み立ての運用なのに短期で結果出そうとしてる人がクレーム言ってるだけに思うけどな。wealthnaviは十分優秀♪

  • サイト名ウェルスナビ(WealthNavi)投稿者名名無し
    評価評価なし投稿日2021年08月18日

    ウェルスナビな^もっと手数料安くなったらな~全資金ウェルスナビに投入してもいいんだけどな~

  • サイト名ウェルスナビ(WealthNavi)投稿者名名無し
    評価投稿日2021年08月13日

    それはあなたが投資の知識経験がある方だからではないですか?自分も今は個別株にシフトしてますが、一年前に投資したことがないときにはウェルスナビがあってとても助かりましたよ。

  • サイト名ウェルスナビ(WealthNavi)投稿者名N
    評価投稿日2021年08月12日

    やめたほうがいい、ウェルスナビなんてバカ高い手数料とるサービスなんてやる価値ない!

  • サイト名ウェルスナビ(WealthNavi)投稿者名名無し
    評価投稿日2021年08月09日

    自分は2年ウェルスナビを利用して今は自分で運用しています。最初は何から始めればいいかわからなかったのでウェルスナビをとりあえず始めれば大丈夫みたいな記事を見て始めました。あのときはじめて良かったです。

  • サイト名ウェルスナビ(WealthNavi)投稿者名名無し
    評価投稿日2021年08月06日

    最近なんだか伸び悩んでます。

    そろそろ解約どきかな?

  • サイト名ウェルスナビ(WealthNavi)投稿者名名無し
    評価評価なし投稿日2021年07月07日

    掛け算(笑)
    投資をしてる人間からしたらなんでこんなの使うのって思う人は一定数いるだろうなと感じます。
    でもこういうロボアドが出たおかげで投資へのハードルが下がったってのは事実じゃないですかね。
    知らないですけど(笑)

  • ▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 某有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る