CEリサーチ 11件のレビュー(1.13/5)

CEリサーチ

 CEリサーチの評判を検証

■検証記事
今回検証を行うのは、「Cutting Edge Research(カッティング・エッジ・リサーチ)」という投資レポートサイトです。

この 通称:CEリサーチ の記事を読み来られた方は、私同様に「株の裏投資「抜け穴」マガジン」に登録し、川内と名乗る人物からこのサイトを案内された方々でしょう。

企業の内部情報をレポートにまとめて提供しており、【帝国データバンクのようなサイト】と称するCEリサーチですが、結論から申し上げれば 投資顧問サイトの無料情報以下 のサービス内容でした。

CEリサーチを勧めてきた株の裏投資「抜け穴」マガジン。そもそもこのサイト自体が詐欺サイトです。

利用者からも悪評判が寄せられており、財務局から警告を受けるのも時間の問題と言われています。

詳しい内容をご覧になりたい方は、「株の裏投資「抜け穴」マガジン」の記事をご覧ください。

では改めてサイト内検証へ移ります。

【レポート内容が糞】
リサーチレポートの内容例を見るに、記載されているのは、「企業名」「決算内容」「財務指標」といった企業のIRや四季報を見れば一目瞭然のものばかり。

このレベルで企業の内部情報をレポートしていると言ってるのだとしたら、愚の骨頂です。

▼CEリサーチのレポート料金表
株の裏投資「抜け穴」マガジンから届いたメール

最も高いレポートで450,000円。
このレベルのレポートにそれだけの価値があるとは到底思えません。

はっきり言って、投資顧問サイトの無料情報以下
私だったらこんなものに1円も払いたいとは思いません。

【会社所在地がワンルームマンション】
紹介してきた川内氏が言うには、自分はCEリサーチを利用して「数億円の資産」を築いたとあります。しかし、CEリサーチの会社所在地を調べてみると、ワンルームマンションであることが判明しました。

▼CEリサーチの会社所在地
株の裏投資「抜け穴」マガジンから届いたメール

驚くことに家賃は約5万円で間取りは1K。東京に上京したての大学生の家賃相場よりも下でした。
※新入生の平均家賃は約6万円

なぜワンルームマンションで運営を行ってるのか?答えは簡単、お金がないからです。数億円の資産を提供する会社にお金がないなど本来あり得ませんからね。

このことからも、川内氏が言ってることは十中八九「嘘」であると考えて間違いないでしょう。

【サイトが出来たのは2019年8月】
CEリサーチのドメイン取得日を検証してみると、2019年8月5日ということがわかりました。

▼CEリサーチのドメイン情報
株の裏投資「抜け穴」マガジンから届いたメール

このドメイン(URL)がなければ、サイトをオープンさせることは不可能です。従って、CEリサーチが運営を開始したのは早くても2019年8月5日以降ということがわかります。

さらに言うと、CEリサーチを運営する「株式会社アミューズ」について調べてみると、法人番号指定年月日が2019年3月15日であることも判明しました。

▼運営元の株式会社アミューズ
株の裏投資「抜け穴」マガジンから届いたメール

まあ、言ってしまえば運営会社すら出来てから半年程度しか経過していないということです。

【CEリサーチを総括】
株の裏投資「抜け穴」マガジンの川内なる人物がて「数億円の資産」を築いたレポートサイトとして紹介してきたCEリサーチでしたが、ただのポンコツレポートサイトであることがわかりました。

あのレポートで数億円の資産が築けるなら、今頃9割の投資家は「億り人」になってるでしょう(笑)

株で利益を出したい方は、運営元すらわからないCEリサーチのようなサイトではなく、金融庁から認可を受け、投資家からも「口コミで高い評価を受ける投資顧問」の利用をお勧めします。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

CEリサーチへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る