ニコラスグールドのturnTRADING 10件のレビュー(3/5)

ニコラスグールドのturnTRADING

 ニコラスグールドのturnTRADING

ニコラスグールドのturnTRADING」は優良FXサイトなのか悪徳FXサイトなのか。ネットの口コミ評判は少なく、情報が不足しているようです。早速、サイトを検証したいと思います。

ニコラスグールドのturnTRADINGは、FX初心者に取引手法を教えるFXスクールではありません。
将来、turnTRADINGの運営会社「GooldTrading株式会社」所属のプロディーラーとして働く人材を育成する事を目的としています。詐欺まがいのスクールとは、志(こころざし)が違う様ですね。

Goold Trading株式会社はプロップファームという日本ではなじみの薄い投資専門会社です。プロップファームは、 投資家からの資金を預かって運用するヘッジファンドやCTAとは異なり、自己資金のみを自己の利益のために運用する投資専門会社の事です。

ニコラスグールドのturnTRADINGでは、トレードGYMというプロトレーダーを養成する為、有料の通信教育環境を用意しています。ここでプロからトレード技術を学び、一定の基準に達したら、月謝は不要になり、GooldTrading株式会社の資金を運用するプロトレーダーになれるという事です。

GooldTrading株式会社の資金を運用して、利益の50%がトレーダーの取り分となります。万が一損失が発生した場合でも、トレーダーは損失を負う事は無いそうです。プロとして運用している間もトレード技術の指導は続き、スキルが上がるとより大きな資金を任されるようになるようです。

ノーリスクで投資専門会社のトレーダーになるチャンスと言えますが、非常に厳しい世界ですからトレーダーであり続けるのは容易ではないでしょう。指導が受けられるとはいえ、利益を上げるどころか
会社に大きな損失を与えたトレーダーがいつまでも残れる世界ではありません。

サイトの説明によると、必ずしもGoold Trading株式会社のトレーダーになる必要は無く、自己資金で勝負するプロトレーダーがスキルアップのために指導を受けても良いそうです。

turnTRADINGの運営統括責任者ニコラスグールドは、リーマンブラザーズやマッコーリー銀行といった投資銀行のディーラーだった本物のトレーダーです。日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)主催のセミナーで講演するレベルの人物なのでご存知の方も多いかもしれないですね。

ニコラスグールドのturnTRADINGトレードGYMの概要は下記の通りです。

◆FX/CFD GYMコース
・初めの2週間は5,000円(税込)それ以降は1カ月25,000円(税込)
・トレードツール: MT4
・毎日マーケット分析レポート
・個人取引記録分析レポート
・毎月ライブオンラインセミナー
・毎月トレードルームセミナー
・プロップトレーダーのトレード解説
・USD/JPY、EUR/USD、EUR/USD、GBP/JPY、AUD/JPY、など
・N225,S&P,NY金,原油,など
・個別相談可能
・いつでも解約可能

料金については安価とは言い難いです。意地悪な見方をするとGooldTrading株式会社は社員教育コストを社員に転嫁していることになりますが、当サイトで検証済みの、投資の素人が講師になって役に立たない知識を教える悪徳スクールに無駄なお金を使うよりは、ましかも知れません。

教える側にとっては、生徒の成長が自社の利益に直結するので本気で指導するでしょうし、投資専門会社の持つ情報を使えるようになるというのは他には無いメリットです。

その反面、サイトの説明にはお小遣い稼ぎの人でもOKみたいに書いていましたが絶対無理だと思います。生半可な覚悟では付いていけない事は確実です。サラリーマンが仕事の後にトレードの勉強をするケースが多いと思いますが、かなり厳しい戦いになると思いますよ。

かといって、フルコミッションで獲得利益の50%では、たとえ運用資金は会社持ちで損失が出てもノーリスクとはいえ、いきなり脱サラするには無理が有りますね。何度も言いますが投資銀行や投資専門会社が戦っている市場は本当に厳しい世界です。それなりの覚悟が無いと脱落は必至です

検証の結果、ニコラスグールドのturnTRADINGはプロのトレードテクニックを学ぶいい機会ですが、内容は難易度がかなり高く生徒を選ぶ事が分かりました。世界を舞台にプロトレーダーとして戦いたいという方は腕試しに挑戦しても良いかもしれません。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

ニコラスグールドのturnTRADINGへの口コミ

  • サイト名 ニコラスグールドのturnTRADING 投稿者名 石川五右衛門
    評価 投稿日 2021年02月04日

    グレード氏自体が実際に勝っているトレーダーか疑問ですよね。
    セミナーで会った際の印象は疲れ切ってるし、少し貧乏臭さがありました!
    とてもとても、彼が勝ちトレーダーとは思えませんよ。。

  • サイト名 ニコラスグールドのturnTRADING 投稿者名 TH
    評価 投稿日 2020年08月15日

    本気で稼げるトレーダーになりたい方に必要な情報がそろっています。ある程度自分であれこれやってみてなかなか勝てるようになれないという方には非常に有効なプログラムでお勧めします。

    私の場合、自分のトレードレコードの分析が非常に役に立ちました。稼げている時間帯、通貨ペアなどが明確に表示されていて、自分の認識とは違う分析もあり、そのおかげで自分のトレードをより効率のよいスタイルに修正することができました。

  • サイト名 ニコラスグールドのturnTRADING 投稿者名 元会員
    評価 投稿日 2020年08月14日

    主催者のニコラス氏はオーストラリア出身。ロンドンなどの投資銀行を経て、東京を拠点に指導している。日本人トレーダーの中には海外移住する人もいるが、日本に腰を据えて直接指導している点は評価できる。

    デイトレや短期トレードが向いている人は、このスクールでトレーニングする価値はあるだろう。海外基準のシステム、プラットフォーム等への知見も広まる。

  • サイト名 ニコラスグールドのturnTRADING 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2020年05月08日

    GYM会員でした。GYMは、一通りの相場知識があるものの資金管理やルールが甘く自己規律できない人にとっては、価値があるかもしれません。

    すでに数年間相場に生き残ってきた人にとっては、基礎の重要性を再確認する場になります。結局はGYM利用云々ではなく、日々の積み重ねよりほかありません。

    プロップメンバーを目指すなどの場合以外は、Turn Tradingは営利目的の株式会社であることを踏まえた上で、短期利用に留めることが賢明です。

  • サイト名 ニコラスグールドのturnTRADING 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2020年02月02日

    やる気がないと勝てるようにならないってことは精神論を学びに行ってるってことですか?(笑)

  • サイト名 ニコラスグールドのturnTRADING 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2020年02月01日

    私のようなド素人でも、謙虚にルールを守っていくと半年程度で稼げるトレーダーになれます。恐らく当人の本気度にもかなり左右されるのではないかと思われます。

  • サイト名 ニコラスグールドのturnTRADING 投稿者名 佐藤さん
    評価 投稿日 2019年05月16日

    自分のトレードに対する評価、アドバイスを貰えるところがいいです。一人では限界のあるトレード改善がしやすくなりました。

  • サイト名 ニコラスグールドのturnTRADING 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2019年03月31日

    ターントレーディングでGYM会員からプロップメンバーになり資金を運用していました。数年間の経験がありすぐにプロップメンバーになりました。その後ステップがいくつかありクリアするのが大変です。私が在籍時には、ほとんどの方がステップをクリアすることなく、脱落されていました。脱落後はまた月額25000円のGYM会員に戻ることになります。

  • サイト名 ニコラスグールドのturnTRADING 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2019年02月28日

    GYMに入会していましたが、

    正直2.5万円の価値はなかったかなっていうのが率直な感想。

    とりあえず質問に対してのレスが遅いし、短文。

    そんな短文ならせめて早く返信してくれよっていう感じ。

  • サイト名 ニコラスグールドのturnTRADING 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2019年02月02日

    使っても利益出ないですよ。まったくお勧めできないですね。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る