専業トレーダーの備忘録 評価なし1件のレビュー(NAN/5)

専業トレーダーの備忘録

 専業トレーダーの備忘録

専業トレーダーの備忘録」は優良株式投資サイトなのか悪徳株式投資サイトなのか。ネットの口コミ評判は少なく、情報が不足しているようです。早速、サイトを検証したいと思います。

専業トレーダーの備忘録を検証するきっかけは、「霧子のシンプルトレードで資産運用」と言うサイトが閉鎖された「霧子のラブリートレード」の後継サイトではないかと言う情報を得て、検証すべくアクセスした所、同URLの「専業トレーダーの備忘録」にたどり着いたという次第です。

タイトルを変更したり、同じURLで別のサイトを運営する場合、サイトのどこかでアナウンスが有って当然だと思いますが、何の説明も有りません。なぜコロコロ名前を変えるのか疑問ですね。

↓現在のサイト画像↓
専業トレーダーの備忘録ト画像

この様に女性らしさを全く感じ無い株式投資ブログの為、霧子時代と物凄いギャップが有りますが、同じURLに有る以上別人が運営している可能性は低いでしょう。思い切ったキャラクター変更です。タイトルや管理人のキャラ設定を変えるのであれば、URLも変えて仕切り直した方が良いのでは‥

現在の「専業トレーダー」氏の設定は『元投資機関勤務の専業トレーダーが、備忘録的に気になる株についてコメントしています』とブログに書いてありますので、一気にお堅い感じになっています。
株式投資サイトでラブリーさは武器にならないと気付いたのでしょうか?


どんな投資機関にお勤めだったのか元外資系証券マンとしては少し気になるところですが、昔の勤務先が立派でも、今は個人資家としての実力がない例は多い昨今です。

まず、記事の印象を一言で言うと「無難」ですね。元投資機関勤務というのが本当っぽく感じるファンダメンタルズ分析。テクニカル分析に関しても極めて真っ当なことしか書いていません。

金融業界にいると監督官庁の締め付けの厳しさから、無難なことしか言えなくなりますが、既に退職して専業トレーダーになったのであれば、もっと尖った発言が有っても良いのでは?とも思いますね。匿名ブログなんだし‥正直プロの目から見るとちょっと退屈なブログですね。

「魅力ある株を日々紹介するメルマガ」という有料のメールマガジンも出しているようですが、こちらは週5回発行で、¥3,078(税込)/月 とかなり強気の料金設定です。と言うか、高すぎでしょう。

サンプル号に『基本的に+10%を短期トレードで目指しています』と書いてありますが、達成できているとは書かれていません。厳しい言い方かもしれませんが、短期トレードで 10%位の目標設定が達成できていないと専業トレーダーとしてはかなり厳しいのでは?

投資顧問会社の投資助言と違って、個人投資家のブログやメールマガジンは売買指示ができませんから、どうしても銘柄名を並べるだけの退屈な物になりがちです。「専業トレーダーの備忘録」もその域を出ず、個人投資家にとっては、利益をもたらすものではありません。

有料のメールマガジンも、投資機関の後ろ盾を失った専業トレーダーが誰でも手に入る情報の範囲でスクリーニングした銘柄を教えてくれると言うだけで、¥3,078(税込)/月 は高いと思います。法律上の問題も有りこれ以上踏み込めないのは分かりますが‥

本音を言うと、元投資機関勤務の専業トレーダーが、株式投資でしっかり利益を出せていれば、バカバカしくて有料メルマガで小銭を稼いだりしませんよ。ブログが退屈なのも、投資家として突き抜けていないのが最大の原因だと思います。

検証の結果、「専業トレーダーの備忘録」は実力は人並みで、それほど儲かっていない専業トレーダーが日々の投資の結果を書いた日記みたいな物で、他の投資家が読んで得になる物ではないと判明しました。備忘録ですが読者の皆さんにとっては忘れてしまっても問題ないでしょう。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

専業トレーダーの備忘録への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る