与沢翼のGIVE WING BUSINESS SCHOOL(GWBS) 評価なし2件のレビュー(NAN/5)

与沢翼のGIVE WING BUSINESS SCHOOL(GWBS)

 与沢翼のGIVE WING BUSINESS SCHOOL(GWBS)

GIVE WING BUSINESS SCHOOL(GWBS)優良情報スクールなのか悪徳情報スクールを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、あまり評価は高くないようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずGIVE WING BUSINESS SCHOOL(GWBS)が如何なる情報サイトなのか確認していくと「実践知を教える新型ビジネススクール」と記載があります。

本スクールの監修を務めるのはあの「与沢翼」氏です。
「与沢翼」と言えば、何かと問題の多い人物ですが、現在は投資家として復活している模様。

ただし、自己ブランディングにより新たな金儲けの手段を模索している感は否めず、知人から借りた多額の借金を踏み倒すなど、最近ではペテン師疑惑のある「ウルフ村田」との結託 している事も発覚しています。(グローバルトレーダーズスクール参照)

投資家として成功しているなら、黙って投資を続けていればいいだけであって、スクールやら商材やらのサイドビジネスは不要なはずです。単に表に出たがりってだけかもしれませんが‥

さて本スクールのコンセプトですが、実際の事例を取り上げ学習を進めていく「ケーススタディ」を掲げています。要は、「実際のリアルタイムの相場を毎日使って講義する」という事ですから、予め用意された内容の講義よりかはマシな内容かもしれませんね。

以下、主な無料サービス内容。

・GWBS説明動画
動画を見るたびにご自身のレベルUPをご実感いただける、感動の講義をお届けする、と豪語されています。

動画は第1話~7話用意されており、1話40分以上です。
全部は見ていませんが比較的内容はまともかと思います、それにしても手の込みようが凄いです。ちなみに感動はしません。

以下、有料サービス内容。
上記の感動する説明動画の後に紹介されるのが以下3つのサービスです。

◆エブリ デーライブ講義
平日は毎日ライブの講義を行います。これを丸3か月間続けることで、トレーダー及び投資家としての思考、習慣、さらに必 要な知恵を網羅的に習得できるとの事。

料金:不明

◆FX 短期トレード集中講座
エントリーやロスカット、相場の向き、スキャルピングなどの講義を66回+関連教材が主な中身。
料金:30万円

◆長期株式投資集中講座
配当でリタイヤするだけの財を築くことを大真面目に考えてもらうとの事。
講義内容としてはファンダメンタルズ系かと思われます。

料金:30万円

その他、特典が多数付与されるようです、詳しくはHPを参照ください。

それにしても、料金設定はハッキリ言って高額ですね。
「与沢翼を信じて稼げるようになった」というリアルユーザーの存在を確認できない現状では、30万円を投下するのを躊躇する方がほとんどでしょう。

知名度があれば信用できるってわけではありませんからね。
実際、与沢翼自体の評判も良くないですし。

本スクールだけに限れば、そこまで不信感は抱きませんが、与沢翼の過去、そして現在の投資家という姿、それを利用したスクールや商材の販売‥総合的に考えれば、 やはり「怪しい」というのが正直なところです。(私の主観ですが)

30万円という大金が絡む事柄ですから、もし少しでも「怪しい」「怖い」「危険」と感じるのであれば、利用するべきではないでしょうね。まぁとにかく、利用は慎重に検討してからでお願いします。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

与沢翼のGIVE WING BUSINESS SCHOOL(GWBS)への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る