株の学校 3件のレビュー(2/5)

株の学校

 株の学校

株の学校優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、比較的評価は高いようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず株の学校が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「元手30万円から1億円まで伸ばしたトレーダー兼スクール講師が教える株の新常識」と記載があります。

「株の学校」と聞けば、スクール系をイメージされるかもしれませんが、本サイトは情報サイトでもスクールでもなく、「株の学校」という名の書籍を紹介しているだけです。

たかだか書籍を紹介するためだけに存在するサイトですから、HPも情報商材の宣伝ページのようなペラ一。

あまり検証する価値がなさそうですが、以前検証した「株の学校ドットコム」で講師を務める「窪田剛」氏が執筆していますし、結構大々的に広告されているので、一応検証を続けます。

ちなみに「株式会社トレジャープロモート」という「株の学校ドットコム」の運営を手掛ける会社が本サイトも運営しています。

・窪田剛氏 プロフィール
2003年、ベンチャー(専門商社)に就職。経理・経営企画・IPO関連業務。2005年退職後、ロサンゼルスに短期留学、その後専業トレーダーへ。2008年株式会社DJC(投資会社)設立。現在、トレードをしながら複数企業に投資、経営、投資先は宇宙、コンテンツ、消費財、ネットセキュリティ、不動産、飲食、農業、医療、メディアなど。

テレビ出演や「ダイヤモンドZAI」で紹介された実績もあるようなので、そこそこの有名人という事でしょうか。私は全く存じ上げませんでしたが‥

窪田氏のプロフィールを見て分かるのは、彼は金融のプロではなく、個人投資家として成り上がったという事。

しかし、いつも言ってますが、個人投資家として大成した人が今更講師なんてやるとは思えません。少なくとも今は講師としてのギャラや書籍の印税を当てにしているのですから‥

まぁ現在進行形の実績でも公開されていれば問題ありませんけど、それも当然ないので、窪田氏の実力は未知数です。

主なサービス内容

「株の学校」という書籍が紹介されているだけなので、特に有料コンテンツはありません。よって、書籍について簡単に記載しておきます。

◆株の学校
株の学校ドットコム」の講師である窪田剛が、数多くの失敗と、損失を重ねて掴んだトレードの「本質」が惜しげも無く公開されているとの事。

目次はPART1~6で以下のように構成されています。

・なんでこれまで儲からなかった?
・もう失敗しない!売買ルールを決めよう!
・今度こそ利益を出す!銘柄選びのルール
・誰も教えてくれない!チャートの本当の読み方
・いつエントリーするか?売買のタイミング
・実践!トレーダーが実際にやっていること

なお、書籍を購入した特典で、株の学校ドットコムの無料メール講座への登録、特別レポート『株式投資8つの誤解』もプレゼントしているとの事。

書籍購入で「株の学校ドットコム」の無料メール講座への登録となれば、これって 入校を勧誘される流れじゃないですか?

料金:1,728円

HPによるとアマゾンや楽天で絶賛されているような事が書かれています。
実際、高評価ではあるものの、レビューを詳しく見ると「参考にはなるが 勝てるようにはならない」という評価が大半です。

まぁ本読んで勝てるくらいなら、皆さん苦労しませんよね‥

それにしても価格が1,728円と安価なのにも関わらず、わざわざHPを用意した意図はなんなのか‥やはり 最終的には「株の学校ドットコム」へ入校させる事なのかもしれませんね。

ここまで全体的にHPを確認してきましたが、特に感想はありません。

本読んで勝てるなら苦労しない 」とだけ申し上げておきます。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

株の学校への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る