システムトレード塾 1件のレビュー(1/5)

システムトレード塾

 システムトレード塾

システムトレード塾優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はあまり高くないようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずシステムトレード塾が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「企業理念、個人の活動理念は「人生に多大な影響を与える情報の流布」。人が言っていることはあまり繰り返して表現しませんが、人が言っていないこと、世の中に広まっていないことを中心に情報発信していく」と記載があります。

HPを開くとトップにはいきなり3つの書籍が紹介されています。
システムトレード塾というくらいですから、スクール系をイメージしていたのですが‥

そしてその書籍の著書であり、代表を務めるのが「津島 朋憲」氏です。
・プロフィール
福岡県北九州市小倉生まれ。専業トレーダー。職人的麻酔科医である父の影響を強く受け、その背中に憧れて育つ。20代を通して精神的不調から普通に社会生活ができない時期を過ごし、この厳しい経験から「人生は投資の連続である」という現実に気づき、投資の世界へ。商品先物での失敗の中から、ほぼ独学でシステムトレードの手法を会得。システムトレードによる’03~’05年の投資成績は年率140~600%程度(’06年以降は非公開)。他方、戦略家らしく数十年単位での大規模リスクや社会動静、その具体的対処法について熱く語ることも多く、他の投資情報関係者やトレーダーとはまったく違った性質のポジションを確立しつつある。

何だか変な人ですね‥
上記以外にも、不登校であったことや、実際に死に瀕したことも何度かあり、NPO法人で不登校関連の活動などが記載されています。

また、気になるのは「2006年以降の実績は非公開」という部分です。
率直に「なぜ?」という感じです。
ちなみにそれ以前の実績(仕手株など)もHPに掲載されていませんけどね‥

主なサービス内容
・無料メルマガ
FX・システムトレード以外にも、情報商材、銀行、証券会社の広告まで、堅実投資伝道師の名前を賭けて徹底する、投資情報評価メルマガとの事。
登録を試みたのですが、「現在は利用できません」との事なので、既に廃止されたみたいです‥

・無料情報
システムトレードを行う上で役立つ情報リストとの事。
2010年8月20日を最後に6年以上更新されていないようです。

・コラム
津島氏が執筆する資産運用・戦略論との事。
こちらも2010年8月20日を最後に6年以上更新されていないようです。

以下有料
本サイトでは以下の有料情報商材の販売を行っているようです。

・ラリーウイリアムズが提唱している「FXアノマリー解析集」
わずか13ページのPDFファイルであなたが全く気付いていない法則を歴史に学べるとの事。
料金:1,050円

・津島が友人・親戚だけに送った緊急出版「資産防衛法」
津島が友人・親戚に伝えたリアルな情報で、本気で動けばすぐできる資産防衛術が具体的に書いてあるとの事。
料金:1,480円

・値段の価値はサポートにある!極秘情報教えます。汎用節税法
クリックしてもエラーページが表示されるため詳細は不明です。
料金:不明

HPはロクに更新されておらず、廃止されているコンテンツすらある惨状‥
「システムトレード塾」を謳うわりには、情報商材を販売しているだけであり、エラーページが表示される始末。
津島氏自身も正直よく分からない人物ですし、 特に関わる必要性のないサイトですね。

検証するだけ時間の無駄でした。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

システムトレード塾への口コミ

  • サイト名 システムトレード塾 投稿者名 F
    評価 投稿日 2019年06月11日

    代表の津島氏は、全国に不倫相手がいる。以前より、恥辱プレイを得意として、SNSで不倫相手を探し続けている。日暮里のウィークリーマンションに不倫相手を呼び出し恥辱プレイを耽っている。また、不倫相手には、摘発されにくい脱税方法を教えているほか、違法な脱税行為を手伝わせている。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る