スイングトレードの達人 2件のレビュー(2.5/5)

スイングトレードの達人

 スイングトレードの達人は如何なる株情報サイトなのか?

スイングトレードの達人は優良株式投資サイトなのか悪徳株式投資サイトなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、あまり評価は高くないようです。早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずスイングトレードの達人が如何なる株情報サイトなのか確認していくと、サイトには「スイングトレードの達人は株式投資、チャート分析、テクニカル分析の情報サイトです。売買シグナルも配信中」と記載があります。

HPを見るとそこそこのコンテンツがある事が分かります。また上述の通り、売買シグナル配信などと記載があるのですが、銘柄提供など有料サービスは行っていないようです。

気になるのは自らを「達人」と称する人物・会社が運営を行っている事です。「達人」が如何なる人物なのか確認したかったのですが、会社情報等含めてHPには記載されていませんでした。サイトの内容も、この程度で達人を名乗られても困りますね。当たり前の事しか書いていないんですから。

どこの誰だか分からない謎の人物・会社が運営する無料サイトという事ですね‥一体何が目的でこのようなサイト運営を行っているのでしょうか‥他サイトのリンクや広告は結構見受けられますから、広告収入が目当てのサイトと言う事は充分考えられます。

以下は、スイングトレードの達人の主なサービス内容です。投資顧問ではないので個別銘柄(仕手株など)の助言は行っていません。どこの馬の骨とも分からない人物が運営しているという事を念頭に閲覧する分には問題ないです。

・スイングトレード
スイングトレードに関する基礎・実践が記載されています。
・本日の売買サイン
上昇中(下降中)の株価の流れに乗ってさらなる上昇(下降)を期待する取引に利用できるとの事。各テクニック指標ごとにスクリーニングした結果が記載されているだけですね。
・株投資コラム
割と頻繁に更新されているコラムです。特に参考になる点はありません。
・テクニカルチャート
各銘柄のテクニカル判断が簡単に行えます。
・リアルタイム株価
その名の通りのコンテンツです。
・証券会社比較
こちらもその名の通りのコンテンツです。

各コンテンツページを見てきて気になるのは、やはり他サイトのリンクと広告です。
中には「ウルフ村田」のサイトもありましたので、何だか一気に胡散臭い感じがしてきました‥

まぁあくまで無料サイトなので、特にケチの付けようがありませんが、どこの誰とも分からない人物が運営するサイトだけに内容の正確さに保証は有りません。同様の情報を無料で配信するサイトは無数にあるので敢えて、このサイトを利用する理由は見つかりませんでした。

よって、今回の検証はここまでとします。本気の株式投資に利用するなら信用のおけるサイトの情報を参照すべきでしょう。利用は控えた方が安全です。広告目的のサイトが悪いのではありませんが、広告サイトでも運営者情報は開示するのが当たり前ですよ。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

スイングトレードの達人への口コミ

  • サイト名 スイングトレードの達人 投稿者名 にゃにゃにゃ
    評価 投稿日 2021年03月23日

    2021/3/15からデータの更新がないですね.全銘柄の株価がゼロになってます.
    運営者の身に何かがあったのかしら.

  • サイト名 スイングトレードの達人 投稿者名 furuken66
    評価 投稿日 2021年03月18日

    3点チャージ 4点チャージの分析で25日線マイナス乖離がすべてー100とは信じがたい。
    毎日チェックしているのだろうか。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る