クイックマネーワールド(QUICK Money World) 評価なし1件のレビュー(0/5)

クイックマネーワールド(QUICK Money World)

 クイックマネーワールド(QUICK Money World)

クイックマネーワールド(QUICKMoneyWorld)は優良株式投資情報サイトなのか悪徳株式投資情報サイトなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、一定の評価を得ている印象です。早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずクイックマネーワールド(QUICK Money World)が如何なる株式投資情報サイトなのか確認していくと『金融情報サービス会社のQUICKが提供する株式投資・金融情報サイトです。個人投資家の投資や銘柄探しに役立つ機能や情報を無料でお届けします。』と記載があります。

この業界で「クイック」といえば、日本経済新聞社グループの金融情報サービス会社である「QUICK」に違いありません。言わずと知れた金融情報ベンターですね。

私が現役の頃は会社のシステムにも導入されていたくらいの、社会的信用力のある会社ですので、
悪徳という可能性は皆無です。また冒頭にも記載があるとおり、あくまで情報サイトなので個別銘柄(仕手株など)の助言等は行っておらず、サービスは全て無料です。

クイックマネーワールド(QUICK Money World)の特長は以下の通りです。
・QUICK独自情報を使った銘柄探し
・ここでしか見られない市場レポートが満載
・SNSでも情報発信

信用できる会社の無料サービスですから、後は有用かどうかだけですね。クイックマネーワールド(QUICK Money World)のサービス内容は以下の通りです。

◆オリジナルツール
QUICK株サーチ・マーケットカレンダー・簡単業種分析・トレンドワード・上場企業ツイート・コーポレートアラート・ニュースランキング・注目株ランキング・IRroidと探す・決算サプライズメーター・ドル円ポジション・金融用語集など多様なサービスが提供されています。
◆マーケットレポート
QUICK短観・QUICK月次調査<株式>・QUICK月次調査<債券>・QUICK月次調査<外為>・QUICKコンセンサスDI・金融コラム・アジア特Q便・くらしのお金など、こちらも多様なレポートが用意されています。

どのコンテンツも、一般的と言えば一般的ですが、これだけ豊富で尚且つ無料ならば文句はいえませんね。特にレポートは情報鮮度こそ大した事ありませんが、内容は中々です。状況を簡単に把握する上では、役立つと思います。

ここまで全体的にHPを確認してきましたが、特にケチのつけようがありません。
まぁ有益な情報があるか?と問われれば微妙ですが、無料ならば十分です。
利用方法は人それぞれですが、情報収集用のサイトとして活用してみてもいいかもしれませんね。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

クイックマネーワールド(QUICK Money World)への口コミ

  • サイト名 クイックマネーワールド(QUICK Money World) 投稿者名 mitunari2050
    評価 評価なし 投稿日 2019年08月14日

    70歳過ぎて、年金+預金では100歳まで生きる必要な預金(資産)は2000万円!と金融庁(粗投資家企業の駄犬が有識者)が「報告書」で発表!時の財務兼金融大臣が「報告書」の受け取り拒否したが、家計の収入をイデコやイーサなどの投資を年金関係者でもある厚労省が参加しており・・(無能)大臣そこのけ!の勢いで「投資ブーム」に成りにけり!( ^)o(^ )投資を漁場とすれば、ヨーロッパや米国周辺の魚は賢くて魚群探知機を避ける様だ!?一方、日本周辺の魚(個人消費者・家計)は労働所得だけでは老後に必要な2000万円の貯蓄は無理かもと疑心暗鬼ゆえに釣り針の餌(投資額)に糸も簡単に引っかかるナイーブな魚(投資無知)である。<<警告>>2025年度に日本における一億の個人である「消費者C」を団結させて「消費者集団Cs=消費家」を結成する!その結果、「事業家」「投資家」「消費者(低価格消費の購入に満足する個人)」の二家一者から「事業家」「投資家」「消費家(企業の年間総売上から「還付金」を要求する集団)」の三家に変貌する!同時に、日本国家の経済主体(グランドデザイン)が「政府(税収と行政サービス)」「家計(労働と消費活動)」「企業(雇用と生産活動)」の三角形から「国民(消費者集団Csの「還付金(家計に分配)」のダイヤモンド(ニューグランドデザイン)思考(志向・指向)に激変する!それらを実現する技術革新の一つが「5G」である!企業の年間総利上げは「政府(法人税・個人所得税)」「企業(内部の労働者や外部の投資家)」だけでは無い!「国民(還付金)」を要求する存在を見据える必要がある!いわゆる、{モノ言う「消費家」}の登場である。勢い、政治家は2030年度迄には「消費者C」の{権利1:B2C取引したBの年間総売上から「還付金」を獲得する権利}と{権利2:物価を上昇させて「還付金」を増大させる権利}を制定せざるを得ないのである。企業Bは還付金の見返りとして企業内福祉や年功序列や長期雇用の義務がなくなる!また、企業Bは倒産合併廃業すること!あるいは、DX(デジタルトランスフォーメーション:AI・IOT・5G・・等々)の導入でコストを削減して「還付金」を捻出する!2018年度は「GDP=535兆円」「税収=62兆円」「労働所得=283兆円」「還付金=0円」である!しかし、2050年度は「GDP=1200兆円」「労働所得=200兆円(労働者減・残業ゼロ)」「還付金=350兆円(デフレ脱却・経済成長する物価上昇をコントロール可能)」である。還付金は家計(一億の個人消費者)に150万円をベーシックインカム的に分配する!200兆円を個人消費者Cの年間消費(購買)額に応じて分配する!還付金は「円+還付金」で公的年金や医療保険料や介護保険料の納付率100%を実願する!還付金は当年度中に使用する義務を課す!よって、救急車の有料化(「ゼロ円」+万円分の還付金」も可能である!日本の経済成長戦略は「モノの生産はロボット」であり「消費者はコトを消費」する!「円+還付金」での消費活動・・宇宙旅行(月周回等々)費用が3000万円の場合「1000万円+2000万還付金」で決済する必要がある!投資のサポート集団や機関投資家は「消費者C」が「円+還付金」で消費活動する新規事業に投資するコトが日本の新経済成長戦略であることに留意する必要がある!すなわち、GD(グランド・デザイン)が三角からダイヤ(三角形の二倍の面積:GDP)に資する投資を考えない輩(投資家集団)は国民のパイを増やさない!という点において「空騒ぎ」の誹りを免れない!NGDは「国家国民プロジェクト」である!

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る