ウィル(WIL) 25件のレビュー(1.15/5)

ウィル(WIL)

 ウィル(WIL)

ウィル(WIL)優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、 悪評が絶えないようですね‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずウィル(WIL)が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「着実に利益を重ねるための万全の投資環境を」と記載があります。

また、主な特徴としては以下を掲げています。
・投資期間提携での情報力
・成功率を高める分析力
・利益獲得を支えるサポート体制

「投資機関」とは不思議な表現ですね‥
金融のプロならば絶対に使わない表現であり、素人 が運営してそうな感じがします‥

まぁそれもそのはずで、本サイトは某悪徳グループの新サイトなのですから。
悪徳グループ一覧
アップ(UP)
ランク(RANK)
アクセス(ACCESS)
Home(ホーム)
リスト(List)
プラス(Plus)
ネクスト(NEXT)
クロス(CROSS)
マーケットグロース(MARKET GROWTH)
メディア(MEDIA)
コネクト(connect)
インデックス(INDEX)
START(スタート)
サイン(SIGN)
日本投資コミッション
日本投資支援協会
リターン(RETURN)
デイリー(DAILY)

さてウィル(WIL)は上記悪徳グループに晴れて仲間入りをしたのですが、まずHPの構成から見ていきましょう。
以下をご覧ください。

file261file262

いかがでしょうか、完全に悪徳サイト「リターン(RETURN)」と同じですよね。
しかも、本来ウィル(WIL)はリスト(List)からのリニューアルサイトのはずです。
リスト(List)からリニューアルを知らせるメルマガも来ていましたし‥

そのメルマガを見て検証しているっていうのに、まさかリターン(RETURN)のデザインを転用しているとは‥
自らの悪徳グループの関連を公表しているようなものですね。
本当にバカすぎて笑えてきます。

主なサービス内容
リスト(List)からのリニューアルという事もあり、勝手に会員登録されていました。
顧客に意思確認くらいしろよって話ですが‥

・本日の注目銘柄
その名の通りのコンテンツですが、株探の記事をそのままパクって転載 しているだけです。
しかも、ほとんど決算内容を記載しているだけなので、「注目銘柄」というより単なるニュースです‥

・マーケット最新情報
日本・米国の最新情報と見通しを配信しているとの事。
これも株探からの 無断転載

以下有料
◆投資コース
以下4つのコースが用意されています。
・ベーシックコース
入会から約6ヶ月間で純利益300万円以上が目標
・ミドルコース
入会から約1年間で純利益3000万円以上が目標
・アドバンストコース
累計利益・資産1億円突破が目標
・マスターコース
目標利益・目標資産完全非公開

◆ニューライズ情報
詳細ページには大袈裟な謳い文句が並べられています。
新規会員向けの有料情報と推察されます。

その他、HPには実績(仕手株など)が掲載されています。
サイトリニューアルは2017年2月前後のはずですが、HPには堂々と2016年の実績が掲載されています。
同グループの常套手段、 実績の捏造ですね。

ちなみに会社情報を見ると、相変わらず「株式会社フレア」で会社所在地も「東京都葛飾区鎌倉2-1-6 レオパレス シェソワ105」でした。

レオパレスと提携している「投資機関」ってどこなのか逆に気になりますね笑
しかも社員数は241名との事です‥

以上、ウィル(WIL)の検証結果をまとめると、HPは嘘と捏造・無断転載の嵐、相変わらずの「レオパレス」など、改めて同 悪徳グループの悪徳たる所以が見て取れました。
絶対に利用してはいけません

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

ウィル(WIL)への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る