Fisco AI(フィスコエーアイ) 2件のレビュー(2/5)

Fisco AI(フィスコエーアイ)

 Fisco AI(フィスコエーアイ)

Fisco AIは優良株式投資サイトなのか悪徳株式投資サイトなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、どちらかと言えば悪評が優勢です。早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずFisco AI(フィスコエーアイ)が如何なる株式投資サイトなのかと言うと『人工知能(AI)が株価を予測し、上がる株・儲かる株を一発判定。』と記載されていますので、今流行の人工知能(AI)を使った株予想サイトと言ったところでしょうか。

「銘柄名・銘柄コードの入力だけで、チャートや業績を基に買い時・売り時を自動判定するWEBサービス」

との記載もあり、個別銘柄のシグナル配信も可能なようです。人工知能による株価予想、非常に興味がありますね。

運営主体は株式会社フィスコ。ジャスダック上場企業として一定の社会的地位もある会社なので、流石に悪徳という可能性は低いと思われます。なお、同社は「CLUBFISCO(クラブフィスコ)」「フィスコマーケットマスターズ」の運営も行っています。

Fisco AIの主なサービス内容は以下の通りです。
・メルマガ
株初心者の「山屋美祐」が最近の注目銘柄をFISCO AIでウォッチするコーナーや、FISCO AIの有効な活用術を掲載してFISCO AIをより快適に使っていただくためのメールマガジンとの事。この「山屋美祐」って一体誰なのか‥ネットで調べたところ、本サイトを実際に利用している人で普段は只のOLみたいです。なんだか意味不明ですね。AIに書かせればいいのに‥
・10日間無料体験
人口知能(AI)による株価予想サービスを10日間無料で利用できるとの事。

以下が、Fisco AIの有料サービスとなります。
◆FISCO AI 料金:月額/3,240円
株価予想チャート・株価予想診断・ファンダメンタルズ分析と株価予想の基本サービス。
◆FISCO AI PRO 料金:月額/10,800円
FISCO AIのサービスに加え、以下のサービスが利用できるようです。
・本日の注目テーマ
・証券会社レーティング
・レポート‥マーケット展望ウィークリーを公開
・ディーリング銘柄
・新聞材料

その他、HPには実績(仕手株など)は掲載されていません。AIだから仕手情報が無いのは当然ですが、 AIによる運用実績位教えて欲しいですね。あまり実績は芳しく無いと言う事でしょうか。

さて、ここまでHPを全体的に見てきましたが、特に不審点はありませんでした。しかし、利用者が気にするのは「利用価値があるのか=儲かるのか」だけです。

そこで10日間無料体験を利用し、実際に会員ページを見ていくと、確かに銘柄コードを入れると株価予想が表示されています。さらにランキングを見ると、買いサイン・売りサインなど人口知能が導いた銘柄が掲載されています。

検証日当日の「買いサイン」ランキング上位に「新日本理化」が表示されており、「買いサイン点灯、絶好の買いタイミング」などと記載されています。しかし、その後1週間経過しましたが、 株価はやや右肩下がりくらいでサインも「保ち合い」に変わってしまったようです。

これだけ見るとなんか微妙ですね‥人工知能と言っても、結局過去のデータを引っ張り出し、現状に当てはめているだけなのかもしれません。その程度ならAI無しでも可能ですし、AIを活かしきれていないのではないでしょうか?

テクニカルやファンダメンタルズ分析に基づき銘柄抽出が行えるサイトは無数にありますし、中には無料サイトもあります。それらと比較して、本サイトが特に優れているとは思えませんでした。

あくまで参考としてならば別に良いのかもしれませんが、個人的にはご利用はお勧めできません。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

Fisco AI(フィスコエーアイ)への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る