みんなの投資スクール 1件のレビュー(3/5)

みんなの投資スクール

 みんなの投資スクール

みんなの投資スクール優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はあまり高くないようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずみんなの投資スクールが如何なる株情報サイトなのか確認していくと、「個人投資家向けに設立された株式投資・FX・日経225・オプションの技術を業界最高レベルで提供する投資教育スクール」との事。

2016年4月に設立されたばかりの「みんなの投資スクール」ですが、運営責任者は「中勇人」氏との事。

「中勇人」氏といえば、株式会社エクストレードという会社の代表も兼任しており、本サイト以外にも「ジャパンインベストメントスクール」「清水洋介の株式投資羅針盤アカデミー」という情報商材の販売も手掛けています。

そんな同氏がわざわざ別の会社「株式会社Revial」を設立して新たに「みんなの投資スクール」を立ち上げたようです。

素朴な疑問として「なぜ別の会社を設立する必要があったのか」と思ってしまいますよね‥
なにか疾しい事でもあるのか‥

また不可解だと感じたのが、HPトップと「はじめに」というページの「 会員数6万1918人(2016年4月13日現在)」という記載。

冒頭でも申し上げた通り、みんなの投資スクールは「2016年4月」に設立されました。(HPにも記載あり)
また、運営会社の「株式会社Revial」も2016年4月に設立と会社案内に記載されています。

設立してから13日間で6万人以上の会員を獲得したという事になってしまいますよね‥
当然そんなのあり得ません

「中勇人」氏が有名人で人気者ならばまだ理解できますが、大して有名でもない上にネットで「中勇人」と検索すると「 詐欺」などの文言が目立つような人物です。

という事で、会員数に関しては 明らかに「嘘」ですね。

主なサービス内容
◆各講師陣の無料メルマガ
・岡安盛男
・若林史江
・不動修太朗
・山根亜希子
・真田敏明

各講師、メディア露出もあるようで業界内では割と知られた人物です。
実際、私もテレビやラジオで話を聞いた事があります。
しかし岡安氏以外は只の個人投資家ですから「金融のプロ」ではありません。
また彼らの 本業とされる「投資」で儲かっていればこのような「副業」は不要なはずなのですが‥
個人的には彼らの話も真に受けないほうがいいと考えます。

以下有料
・主催セミナー
・取り扱い商品
上記2つのコンテンツ共に「準備中」とのこと。
設立してから半年以上経過しているのにまだ「準備」しているんですね‥

その他、HPには講師陣の実績は掲載されておらず彼らの実力は未知数です。

最後に会社所在地についてですが、「東京都港区北青山3-6-7青山パラシオタワー11階」はどうやらレンタルオフィス のようです。
レンタルオフィス=いつでもトンズラ可のイメージですが‥

いずれにしても、しっかりした会社ならば拠点をレンタルオフィスに構えることはないでしょう。

以上、みんなの投資スクールの検証結果をまとめると、 全体的に怪しい点が多く、とても利用をおススメできる状況ではありません。
怪しい会社とは関わりを持つべきではない 、と提言させていただきます。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

みんなの投資スクールへの口コミ

  • サイト名 みんなの投資スクール 投稿者名 清水
    評価 投稿日 2020年08月04日

    fxセミナーに行きました。ほとんどの人が大きく稼いでいるようなのですが、会社名などない状況。本当に稼げるかなど情報ある方は教えてください。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る