的中率92%!いちろうの法則の検証 5件のレビュー(2/5)

的中率92%!いちろうの法則の検証

 的中率92%!いちろうの法則の検証

的中率92%!いちろうの法則の検証優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、情報が不足しているようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず的中率92%!いちろうの法則の検証が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「2002年1月からスタートさせ、いちろうの法則によって抽出された銘柄の実力をご紹介している」との事。

本サイトはブログ形式で運営されており、本来であれば検証対象外ですが、有料コンテンツを含むため一応検証していきます。

また本サイトには会社情報や運営者プロフィールなどの詳細な情報を一切記載されておらず、信用するに足るサイトではない前提 で以下の内容をご確認いただければと存じます。

さて運営者の情報が一切ないので困っていたのですが、どうやらアメブロでも同様のブログがある事が確認できました。
URL:http://ameblo.jp/emu5678/

アメブロのプロフィールを確認すると、運営者の基本的な考え方(投資方針)が記載されています。
◆基本的な考え方
 ・「買い」は、スクーリングによって底値が判断されたとき
 ・「手仕舞」は、15%上昇したとき
 ・対象銘柄は、100円~300円の低位銘柄のみ
 ・1つの売買単位を30万円で行う(1ユニット=30万円)
 ・1ユニットあたりの年間売買目標回数は6回程度とする
 ・累計利益が30万円になったらユニットを増やす

要約すると、「底値圏の低位株に少額から投資する」という事ですね。

この「いちろうの法則」により延べ8000銘柄の検証を行い、15%の利食いを的中率は92%との事‥

主なサービス内容
・無料メルマガ
限定300名で発行。
銘柄情報と実績が公開されているようです。

・ブログ
相場観、コラムなどのカデゴリに分類されています。
特に有益な情報は記載されていません。

以下有料
・笑夢レポート(買い講座)
毎日22時に配信されるレポート。
生涯使える「いちろうの法則」という手法を伝授するとの事。
料金:3ヶ月/5,000円

その他、HPには実績(仕手株など)は公開されておらず、無料メルマガに登録するか有料レポートを購入する以外に実績を閲覧する方法はないようです。

一部公開されている銘柄も利食いできたものだけなので、トータルでの成績は確認できません。

本当に92%的中しているならば、8000銘柄全て公開しても問題ないはずですよね。

ちなみに 空売りの利食い実績であるサノヤスHD (7022)を確認してみると、
空売り推奨日:2016/7/13
仕込み値: 272
達成値:257円(11/4)
と記載されています。

file206

同期間のチャートをご覧ください。
どう言い訳したか分かりませんが、推奨直後から株価は暴騰、7/25には 高値865円まで上昇しました。
株価3倍以上 になりました。

改めて言いますが、「空売り」ですからね。
資金力の乏しい投資家なら 追証になっているレベルですし、 少なくともロスカットしていたのは間違いありません‥

それを 「極上銘柄 空売り利食い状況」と堂々と記載するあたりで、本サイトのレベルが見えてきませんか?

どれだけ長い期間で実績を算定しているか分かりませんが、利用者が本サイトに従って売買した結果が92%勝てるわけではありません

まともに売買していれば、ロスカット基準もあるでしょうからせいぜい3~4割勝てれば上々でしょうね。

以上、的中率92%!いちろうの法則の検証の検証結果をまとめると、サノヤスHDでの大失態を実績として自慢 するあたりで「的中率92%」には大きな疑問が残りました。
ご利用はお勧めしません

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

的中率92%!いちろうの法則の検証への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る