AIAビジネスコンサルティング株式会社 評価なし1件のレビュー(0/5)

AIAビジネスコンサルティング株式会社

 AIAビジネスコンサルティング株式会社

AIAビジネスコンサルティング株式会社は優良投資顧問なのか悪徳投資顧問を運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はマチマチのようです。早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずAIAビジネスコンサルティング株式会社が如何なる会社なのか確認していくと「堀内昭利がプロの視点から為替市場を分析し、金融為替市場の情報発信、分析を生業としている」との事。

代表を務めるのは、その「堀内昭利」氏です。数々の著書やコラムの執筆を担当する人物であり「伝説のディーラー」というドラマのモデルにもなったようです。スイス銀行等の大手で為替ディーラーをしていたようで、立派な経歴で一定の安心感はありますね。

しかし、そんな堀内氏も1997年には退職し一線から退いています。それから20年以上も経過した今、彼にどれほどの力=実力が残されているのか‥

AIAビジネスコンサルティング株式会社の主なサービス内容は以下の通りです。

・本日の注目点
為替についての一言コメントと雑談が記載されているだけです。その他、メジャー通貨の4本値、主要株価指数、各種指標などの正直どこでも確認できる情報ばかりです。

以下が、AIAビジネスコンサルティング株式会社の主な有料サービスです。

◆本会員 料金:1ヶ月/29,500円(税別)
為替、金融、株式、金、原油市場の情報発信と分析を主体としている。質問、お悩み等ありましたら、堀内昭利が面談、メールで対応するとの事。その他、以下のサービスが利用可。
・AIAニューズレター
・独断と偏見レポート
堀内昭利が心の内に秘めた思いを執筆します。ニューズレターと並ぶ人気レポート。
・おはようレポート
前日の為替相場概要や値動き、ポイント等をご報告します。当社オリジナルのシステムトレードであるYテクニカルや堀内昭利の一言コメントも掲載。
・その他、経済指標送信、会員専用ページへのアクセスが可能になる。
◆ニューズレター購読 料金:12週間分/27,700円(税別)
上記本会員の中から以下3つのサービスのみ利用可。
・AIAニューズレター
創業以来続いている世界で一番早いAIAニューズレターを毎週日曜日に発行。堀内昭利が独自の切り口で為替や金融マーケットを分析。当社自慢のレポート。
・おはようレポート
・経済指標送信

上記のサービス内容を見て分かる通り、同社はレポート発行がメインであり、助言サービスは行っていません。また個別銘柄(仕手株など)に関する投資情報も基本的になく、為替を軸に株式市場や原油、金などのコモディティ(商品)に関する堀内氏の相場観を売りにしているようです。

そのため、当然HPに実績は掲載されておらず堀内氏の現在の実力は未知数です。有料サービスが有益であればおススメできるのですが、これと言ったメリットもよく分かりませんし、ネット上でも特に評判は良くないです。

堀内氏のファンや信者からすれば魅力を感じるのかもしれませんが、そうではない人には関係ありません。正直言って約20年前に活躍していた人物の相場観なんて現在では当てにならない、と思ったほうがいいでしょう。

以上、AIAビジネスコンサルティング株式会社の検証結果をまとめると、悪徳の要素は見受けられないものの、利用するメリットがよく分からず、堀内氏の現在の実力も当てにはできない事を考慮すれば、利用はおススメできません

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIAビジネスコンサルティング株式会社への口コミ

  • サイト名 AIAビジネスコンサルティング株式会社 投稿者名 ナナ
    評価 評価なし 投稿日 2018年07月05日

    Twitter始めたみたいだからフォローしてみたら、予想が外れたら相場がおかしいと連呼しててそっとフォロー外しました。期待できないでしょう。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る