MAX VALUE(マックスバリュー) 評価なし1件のレビュー(0/5)

MAX VALUE(マックスバリュー)

 MAX VALUE(マックスバリュー)

MAX VALUE(マックスバリュー)優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、全く認知されておらず情報不足のようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずMAX VALUE(マックスバリュー)が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「代表兼レポート/サイト監修の山本雅俊氏がJGB・短期金利・システム売買・オプション・株式・商品相場など多岐にわたる業務に携わった経験をもとに、独自に開発したトレード手法を商品化している」との事。

投資助言というよりは投資の教材としてDVDの販売や、レポートの配信がメインのようです。
HPがかなり見づらく、全体的に説明が不足しているのが気になりますね‥

同社が掲げる基本戦略が以下の3つです
①ポートフォリオ買い
現物を含めた買いポジションの構築。

②スウィングトレード
先物の短い波動を捉えるトレード。基本的にオーバーナイトし、3日以内に決済する。

③デイトレード
先物で9:00~15:15までのトレード。場合により米国市場のOPEN前までに決済。

なんか当たり前の事過ぎて、敢えて戦略として定義する必要ないように感じますね‥

主なサービス内容
無料コンテンツなし

以下有料
・225Brainプレミアム
4種類のレポート及び各種システムサインを配信。実践的に活用できるオリジナルシステム(TCP・アラジン)他、有効なテクニカルバイアスを公開
料金:1ヶ月/20,000円

・225BrainDaily
2種類のレポートを配信
料金:1ヶ月/10,000円

・225BrainMini
「225 Brain Daily」より抜粋した1ページを配信
料金:1ヶ月/4,200円

・MAX金融レポート
MAX金融レポートとアニバーサリー戦略の2種類のレポートを配信。
料金:1ヶ月/8,000円

・プレミアムMAX金融レポート
プレミアムMAX金融レポートとプレミアムアニバーサリー戦略の2種類のレポートを配信。
料金:1ヶ月/12,000円

・その他各種DVDや書籍

HPでは「実践で最高のパフォーマンスを生み出している」と豪語されていますが、特に実績が掲載されているわけでもなく実力は未知数です。

冒頭でも申し上げたように、全体的に説明不足で何が何だか分かりません。
確認できたのは
・独自の経験則やギャンの定義を利用している事
仕手株などの個別銘柄ではなく、日経平均や為替の動向のレポートを配信
・DVDや書籍の品揃えがやたら豊富
の3点だけ。

この状況で利用しようという気になるはずありませんよね。
人気がなく認知されていない事にも頷けます。
そもそも 代表の山本雅俊氏自体「誰?」って感じですし

当然、現状で同社の利用はおススメできませんね

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

MAX VALUE(マックスバリュー)への口コミ

  • サイト名 MAX VALUE(マックスバリュー) 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2020年03月05日

    マックスバリューは、まず社員教育が出来ていない。

    私の近所のマックスバリューでは、お客に対していらっしゃいませをいう社員はいません。

    店長に何度も注意したが、1週間程度でまた元に戻り社員はいらっしゃいませ、ありがとうございました、を全く言わない。

    マックスバリューは、社員教育をし直した方が良い。

    マックスバリュー九州のトップは、現場の店を全く知らないのではと思います。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る