時鳥・政経レポート「天の時」 5件のレビュー(1/5)

時鳥・政経レポート「天の時」

 時鳥・政経レポート「天の時」

時鳥・政経レポート「天の時」優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、あまり認知されていない のか情報不足のようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず時鳥・政経レポート「天の時」が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「驚異の「全勝記録」!政策と国際情勢分析のプロが、相場に直結する「ここだけ情報」をリアルタイム大公開。巨大な富をつかむには、賢く、堅実に、年に数回の取引で十分。「相場の天底」を判断して、勝てる時だけ勝負すれば、それでいい。 読者の皆様からの熱烈な要望にお応えして、本年も執筆を継続」との事。

本サイトはブログ形式で運営されており、本名は公開されておらず「時鳥」という人物が管理をしているようです。
・プロフィール
元政策担当秘書(国会議員政策担当秘書資格試験合格)、シンクタンク勤務。投資家。会社経営者。永田町、霞ヶ関、内外シンクタンクに広がる人脈と、海外トップスクール、研究機関で得た国際経済、経済政策の知識をもとに、「相場の天底」を判断します。
借金生活を挽回し、投資を始めて数年で築いた総資産は●億円。過去に手痛い失敗もありましたが、「負けない投資法」を確立しました。

プロフィールが事実ならば凄い人物ではありますが、これだけの情報筋があり「負けない投資法」が実践できるならば、ネットでもっと騒がれているはずですよね‥

主なサービス内容
・ブログ
グローバルリスク、本日の情勢分析、永田町情報などについて触れているブログです。基本的には有料メルマガの宣伝が趣旨であり、読む価値はないでしょう。

・ツイッター
ブログの内容をツイッターで公開

以下有料
・メールマガジン
衝撃の相場情報を連発する時鳥氏が、メルマガ読者だけに特別情報を発信するとの事。
具体的には
①来週の相場展望
②極秘・政策情報/国際情勢分析
③秘伝「基盤的国策銘柄」(※毎週、アップデート)
④時鳥のエントリー戦略
⑤時鳥のポートフォリオ戦略
料金:1ヶ月/3,300円

正直、「負けない投資法」や「衝撃の相場情報」「極秘情報」とかいう割には安い情報料ですよね‥

時鳥氏は他に生活基盤があるため、高額の情報料は必要ないものの、「あまりに情報料のバーを下げ、あちこちに拡散してはせっかくの極秘情報が台無しになる」との事ですが、 3,300円ならすぐに拡散してしまいますよね‥

ここまでHPの情報を見て、イマイチ信憑性がないと感じるのは私だけでしょうか‥

本当に極秘情報で拡散を防止したいのならば、自信を持って高額な料金設定でも問題ないはず。
逆に言えば3,300円という安価な料金設定は、自信がない事の表れなのかもしれません。

その他、HPには実績として「2014年2015年全勝の記録」というコンテンツが存在します。
「日経平均先物や金の相場動向を完璧に読み切り全勝」というような内容なのですが、「基盤的国策銘柄」などと謳っていたにも関わらず個別銘柄の実績は皆無です。

基盤的国策銘柄とは、政官財のトライアングルが総力をあげて守る「黄金の銘柄」との事ですが、要するには筋が介入している仕手株という事でしょうか‥

いずれにしても、相場動向を読み切った証拠もありませんし、個別銘柄実績がなくては実力を測る事はできません。

ブログには「止まらない絶賛の嵐」と記載されていますが、 一体どこで絶賛されているのか教えてほしいですね‥

以上、時鳥・政経レポート「天の時」の検証結果をまとめると、悪徳の証拠こそ発見できなかったものの、怪しいですし、信憑性に欠けるというのが正直な私の感想です。
よって、個人的には利用はおススメできません。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

時鳥・政経レポート「天の時」への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る