年利130%投資法、連敗投資家を連勝投資家にかえるマル秘テクニック 評価なし2件のレビュー(NAN/5)

年利130%投資法、連敗投資家を連勝投資家にかえるマル秘テクニック

 年利130%投資法、連敗投資家を連勝投資家にかえるマル秘テクニック

年利130%投資法、連敗投資家を連勝投資家にかえるマル秘テクニック優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、情報が不足しているようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず年利130%投資法、連敗投資家を連勝投資家にかえるマル秘テクニックが如何なる株情報サイトなのか確認していくと「筆者がこれまで経験してきた有用な情報と使える投資テクニックを余すことなく紹介します」と記載があります。

本サイトでは株式投資系情報商材が紹介されています。
何でも「素人の年利130%株式投資法」なのだとか‥

HPはペラ1のセールレター、FC2が無料提供するページを利用しています。
「特商法の表記」を見ると、会社情報等は記載されておらず、販売者が「大谷弘樹」という人物である事が分かります。

セールレターを読んでいくと、「NISA口座は少額投資家にとっては絶好のCHANCEです」と主張しているように、NISAの有用性をアピールしていますね。

実例として平成25年2月~平成26年1月に勝ち取った「57305円」の利益に対する税金の画像キャプチャーが貼ってあります。

ここから察するに、セールレターは長い事更新されていないという事になるし、3~4年前から本商材は販売されている、と推察されます。

ここまで基本的な概要に触れてきましたが、まとめると「素人がアベノミクス相場×NISAという時代の流れに便乗し商材を開発、個人レベルで販売」って事ですね。

ちなみにこの「素人」を自称する人物に関する情報は一切記載されていません。
販売者の「大谷弘樹」という人物が監修しているという事なのか‥

主なサービス内容

・無料メルマガ
「素人の年利130%株式投資法、連敗投資家を連勝投資家に変えるマル秘テクニック」 内で紹介している4つのマル秘テクニックを特別に無料でご紹介するとの事。

早速登録しましたが、何の音沙汰もありません‥セールレターも長い事更新されていませんし、既にサービスを廃止したのでしょうか‥

以下有料

◆「素人の年利130%株式投資法、連敗投資家を連勝投資家に変えるマル秘テクニック」 監修者の稼げる「売買テクニック」と貴重な「経験」を網羅したPDF40ページの情報商材。

株式投資を初めて行う方から、既に経験のある方まで利益を出せるように、「優良銘柄の抽出方法」「保有銘柄の売却サインに関する情報」等を盛りこんでいるとの事。

販売は大手ASP「インフォトップ」を介してなのですが、申し込みページを見ると「 販売終了」との事‥上記の無料メルマガも稼働していないし、本商材は既にこの世に存在してないも同然ですね。

料金:5,800円

その他、HPには実績(仕手株など)として平成25年2月~平成26年1月に勝ち取った「57305円」の画像キャプチャーが掲載されています。

情報が古いし、いくら少額でも利益「57305円」とはね‥ アベノミクス相場とNISAの恩恵を語るレベルではありません
この時期は100万円単位で稼ぐ人がほとんどでしたから‥

それにしても絵に描いたような 素人発案の商材ですね。
アベノミクスでちょっと稼いだ個人投資家風情が、 調子に乗って商材で小銭稼ぎを目論んだものの失敗した、という‥

この手の商材はこれまでも多数検証してきたからよく分かりますよ。
まぁその中でも相当下位に位置する商材ですね。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

年利130%投資法、連敗投資家を連勝投資家にかえるマル秘テクニックへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る