YUCASEE(ゆかし) 11件のレビュー(1/5)

YUCASEE(ゆかし)

 YUCASEE(ゆかし)

YUCASEE(ゆかし)違法投資顧問サイト「ヘッジファンドダイレクト㈱」の姉妹サイトです。同じ穴の狢‥口コミ評判最悪…グループ企業が受けた行政処分の余波がここにも及んでいます。

まず、YUCASEE(ゆかし)がどんな投資サイトなのか確認していくと、『純金融資産1億円以上の方だけが入会できるオンライン上のプライベートクラブ』との事。日本最大規模のリアルな口コミ件数、会員同士がオンライン上での情報交換が可能、また入会には審査があるようです。

●入会基準ふざけすぎ
残念ながらYUCASEE(ゆかし)の入会基準は金融資産1億円という事です(笑)
富裕層以外は利用が難しいようですね、さようなら。HPによると、メディア掲載実績もあり一定の信用もありそうですがどうなんですかね‥

やはり気になるのはこの「入会基準」なので踏み込んで検証します。
どうやら、お金さえあれば入れるわけではなく明確な選考基準は非公表。専門スタッフによる電話インタビューや各種書類の照会などのチェック体制を導入しているようです。

実際の入会登録フォームの必須項目も多岐に渡り、
・住所
・電話番号
・会社名
・役職
・世帯年収
・所得の種類
など

これだけ個人情報を抜かれて、審査に落とされたら最悪です。
利用するのに二の足を踏んでしまいますね‥


YUCASEE(ゆかし)の主なサービス内容は以下の通りです。

❶富裕層の口コミとレビュー
メディアやインターネットでは見つからない情報が手に入るとの事。
❷プレミアムな企業からのプレゼント
プレミアムな商品・サービスを提供する企業から特別オファーをお届け。
❸会員限定パーティーに招待。

有料サービスについては詳細を確認できませんでしたが、HPによると『顧客の趣味・嗜好に応じてその都度ご提供』との事。

本サイトは基本的に入会金・年会費は無料、退会は自由のようですね。では、何が収入源なのかというと「スポンサー収入」。しかし、『無料』や『営業行為はない』と謳ってはいるものの、顧客を取り込みビジネスに派生させていくのは間違いのないところ。

実際、運営元のアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社の商品開発に関して会員に『ご意見を伺う』との事。その運営元のHPが閉鎖しているようでは話になりませんがね‥

さらにグループ企業には「ヘッジファンドダイレクト株式会社」という投資顧問もあります。

ヘッジファンドダイレクト株式会社はアブラハム・プライベートバンク株式会社と言う社名でした。関東財務局から6カ月間の業務停止命令を受けており、当時はNHKや各雑誌で取り上げられるほど大きなニュースになった過去があります。

そして私が本サイトで一番気になったのは、『プレミアムな企業からの特別オファー』です。

取引実績企業には高級自動車メーカー・保険会社・不動産会社など有名企業が多く、「会員限定パーティー」という名の「営業の場」を利用してビジネスに結び付けようとしているのでしょうね。

例えば入会登録フォームで「所得の種類」→「不動産所得」などと回答すると、そういった方面からのアプローチがあるのでしょう‥

以上、YUCASEE(ゆかし)についての検証結果をまとめると、一見不可解な点はないように見えるものの、最終的には何らかの形でビジネスに発展させようという魂胆は丸見え

こういったサイトに関わると思わぬ損失被害を被る可能性もあるので、安易な利用は避けるべきと提言させていただきます。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

YUCASEE(ゆかし)への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る