ついに大台を

本日の日経平均は120円安の16,758円と3日続落して取引を終えました。前場は機関投資家による年度末特有のドレッシング(決算期末に株価水準や評価額を意識する動き)を期待する雰囲気があり、大手銀行株や電力株は高かったのですが、後場にかけては円高による重しと明日に控える日銀短観、雇用統計を前に動けずじまいといった雰囲気で、大引けにかけてさらに下落して引けてしまいました。

本日は今話題のシャープに触れたいと思います。鴻海の郭台銘会長の執念で日本の政府系ファンド、産業革新機構を叩き潰し、ついにシャープ買収を実現した事を好感し寄り付きは続伸スタート!だったのですが、割当増資の発行価額は1株118円から88円に引き下げられ、潜在株式を含めた希薄化率は260%を超える水準に。また、通期営業損益は従来予想の100億円の黒字から1700億円の赤字に下方修正、、、

近いうち、ついに大台100円を下回るかもしれませんね。

ついに大台をへの口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る