大型株見直しデー

本日の日経平均は177円高の15928円で取引を終えました。原油高が材料視されるものの、米国株安や1ドル107円台の円高が嫌気され売り先行で始まりましたが、その後は早い段階で上昇に転じ、上げ幅は一時200円を超える場面もみられましたね。

要因として、年初から売り先行姿勢だった海外勢のショートカバーや年金勢の買いが入った模様。先日から触れていたトヨタ(7203)が一段強含んだほか、新日鐵住金(5401)は原油の回復期待などで値上がり率7%台に拡大し三菱UFJ(8316)などのメガバンク、値がさのファナック(6954)なども大幅に上昇しました。小型株の多い新興市場は反落しましたので、今日は完全に大型株見直しデーということでした。

ただし今週に控えるビッグイベント次第なことに変わりはないので押し目を狙いつつも、押し目は慎重にですね。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る