あくまでもショートカバー

本日の日経平均は452円高の16,381円と続伸。前日の夜にサウジアラビアとロシアが原油増産凍結と一部報道で伝わるとWTIは大幅高、市況の改善が意識され円安に動いたこともプラスに働いた相場となりました。

昨日に続いてメガバンクなどの大型株が買われ、ナンバー2の辞任の話が出ているセブン&アイ(3382)や自社株買いを発表したイワキ(8095)も上昇しました。しかし、日経平均がテクニカル的に一目均衡表の基準線や雲の下限などに近づいており、本格的な底入れは目先に控える重要イベントを無事通過してからというところですかね。

今日までの上昇はあくまでも短期筋のショートカバーと考えましょう。個別では小野薬品工業(4528)が5連騰。ガン免疫薬「オプジーボ」の売り上げ見通し公表を受け証券会社の相次ぐレーティング引き上げ、今後株価はどこまで伸びるか楽しみですね。

あくまでもショートカバーへの口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る