第4次産業革命

本日の日経平均は457円高の17,363円と3日続伸。5月に再び産油国で会議が行われる可能性が取りざたされたこと、石油在庫統計で積み増しが想定を下回ったことから原油高となり、相場全体をリスクオンへ向かわせたようですね。円はそこまで戻ってないですが、やはり商品市況の改善は世界的に好感される模様。日経平均も一目均衡表の雲を上抜けました。

しかし、企業決算や日銀の追加緩和、原油相場の安定した価格や需給などまだまだ上昇に向けてハードルはたくさん残っています。今日注目した銘柄としては先日も触れていたモルフォ(3653)。ついに終値ベースで10000円を超えました。東大発ベンチャーで画像処理ソフトを手掛ける中、デンソー<6902>と資本提携したことで、自動運転など自動車IT化の流れのなか有力株として注目を集めています。

政府の“第4次産業革命”の目玉のひとつに、東京五輪開催年に高速道路での自動運転の実現化を掲げており、今後ますますのビジネス拡大が期待されています。10,000円超えた事で株式分割も今後あるのでしょうか。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る