東証2部銘柄

週明けの日経平均はアメリカ雇用統計の結果を受け、円安株高に。
8月は閑散とした相場になりやすいですし、近年良いことが無いんですよね‥個人的にも‥

雇用統計の結果は現状ではプラスに働いてます、利上げ観測がそこまで意識されていないのは円安進行の妨げにはなるものの、市場全体にはプラスだと捉えています。(だから雇用統計は悪い内容でもよかったわけです)

ところで、ここ数日東証2部銘柄が大きく上昇する場面が散見されてますね。
循環物色も一巡し、上値も追えない状況では低位株をいじくる人が多いという事なのでしょう。
私はこんな時は一貫して「空売り」姿勢を貫きます。(相場や銘柄次第で買う事ももちろんありますよ)なぜなら経験則的に東証2部銘柄は材料なく上昇し、長続きしない事が多いから。もちろんエントリーのタイミング、板読みは欠かさずに。
結構勝率高いし、値幅も取りやすいですよ。
ただし銘柄によっては日計り限定で手数料が高かったりするので、くれぐれも慎重に。
ちなみに直近ではジースリー(3647)や光陽社(7946)などでそこそこ取れましたよ。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る