4月は良くない‥

週明けは軟調な地合い。
引き続き市場に漂うのは地政学リスク、北朝鮮では国会が召集され核開発の強化など米国に対して挑発的な態度に変わりはなく、中国・ロシアと合わせてVS日米の構図が浮き彫りに。
まぁ地政学リスクは経験則から言えば、比較的早期に収束する事と思われますが果たして‥

FRBは年2回もしくは3回の利上げに向けて、6月利上げも意識されます。
これがドル円為替110円台キープの要となっているのは言うまでもありません。
しかし現状で米国経済の回復に陰りがでてくると108円~105円くらいまで円高が進行してもおかしくありません。
その場合は当然日経平均も18000円を割り込むでしょう。
特に4月はフランス大統領選もあれば、「セルインメイ (Sell in May)」を意識して売りが出やすくもあります。

つまりは4月の見通しは良くありません。
懸念材料がこれだけあれば当然ですね。
問題はどのように動くべきかなのですが、早めに手仕舞いし静観か現状維持で何もしない、もしくは思い切ってドル円や日経225先物の売りで攻めるか。

ちなみにリタリコとセラクは先週時点で損切りましたので、私は今のところ手仕舞い静観スタンスです。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る