市場センチメントは改善‥

パウエルFRB新議長の議会証言はやや「タカ派」の内容で、市場は株安・ドル高で反応しました。ただし、年4回の利上げを示唆しているものの、まだ多数派では無い点は要注意。

タイミングが良いのか悪いのか、日銀が買いオペを減額した事が伝わると、円高・ドル安に動きました。しかし日銀の減額は想定通りであり、反応は限定的でした。

ドル円の予想レンジは年度末にかけて105円~108円で設定します。

日経平均は200日移動平均から100日移動平均のレンジで動きます。100日移動平均を明確に超えないと上昇トレンドにはなりません。

一方で市場センチメントには改善が見られ、金利上昇→株価暴落→円高という過度な反応が無かった事はプラスに捉えたいですね。今日の新興市場が活況だった事からも分かる通りです。

最後に注目銘柄を無責任に挙げていくと、注目銘柄のネットマーケティングとグローバルリンクはとりあえず継続。新たにアンリツ6754、セック3741も注目銘柄に加えます。結果報告は週間総括や来月のコラムで。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る