IBI Square Stocks 6件のレビュー(1.2/5)

IBI Square Stocks

 IBI Square Stocks

IBI Square Stocks 優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はいまいちのようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずIBI Square Stocksが如何なる株情報サイトなのか確認していくと、「テクニカル分析を主軸におき、銘柄推奨やシステム販売、スクリーニング、分析レポートの無料配信といったサービスを提供している」との事。

主なサービス内容
・無料メルマガ
毎週ウィークデイに有料メルマガの簡易版として配信。有料版から数銘柄を抜粋。各種情報等は有料版に比べて少ないですが、無料版だけでも十分に役立つとの事。

・ブログ
内容としては、有料コンテンツの宣伝がメインのようです。

以下有料
・チャート力向上プログラム
買いか売りかスルーか?その判断を行うための技術、先を読む力、波に乗るテクニックを向上させるためのプログラム
料金:15,000円

・チャート力向上プログラム(デイトレ編)
如何にすばやく、如何に安全にトレードをするか、その判断基準は勿論のこと、判断速度、「損切り・利益確定」を行なう際の決断力を養うためのプログラム
料金:15,000円

・自動売買システムUG
為替(FX)、N225先物(mini含む)、株式、商品先物これらの取引を完全自動でPCに行わせるプログラム
料金:35,000円

・デイトレ監視システムTHEラバ
一度に250銘柄を監視し、そのタイミングが発生した銘柄を自動で抽出するためのシステム
料金:10,000円

・ロジックメーカーLM
ロジック、ストラテジーに使用する各種指標のパラメータ、利確・損切の値幅を、総当たり方式にて最適化し、より効率的なトレードの設定を見つける為のファイル
料金:15,000円

・メルマガ「あっ、この銘柄上がりそう!!無料版」の有料版
※現在は募集停止中との事。

その他、HP上では個別銘柄の実績(仕手株など)は掲載されておらず、投資助言の実力を測る事は難しそうです。

個別銘柄の実績が掲載されていないのですが、日経平均の前日比と陰陽の当たり外れの正答率は直近までマメに更新されています。

大体50%前後の正答率はあるという事らしいのですが、これって何の意味があるのでしょうか?
陰線か陽線か等を 2回に1回当てても特に利益にならないような気がしますね。

むしろ「自慢できる実績がそれしかないのか」とため息が出てしまいます‥

有料コンテンツを見ても、チャート力向上プログラムでは「練習問題」なるものがあるようですが、試験対策じゃないんですから‥
まぁ、テクニカル分析を学ぶ事は多いに賛成ですが、このご時世 ネット等で十分に学べますよね。

また本サイトでテクニカル分析を学んで株式投資やFXで勝てるようになるという割には、自動売買システムや銘柄スクリーニング、投資ロジック最適化ファイルなどを販売している事に矛盾を感じますね。

サービス内容が
1.チャート力向上→投資教育
2.自動売買→シストレ
3.メルマガ→投資助言・個別銘柄推奨
と多岐に渡り過ぎで、結局どれが一番サイトとして自信があるのか‥

逆に言えば、 どれも自信がないからこそ、色々手出ししているように感じますね。
株情報サイトとして、 どれか一本のサービスで勝負し実績をマメに公開してくれない限りは利用者がらの信頼は得られませんよ。

会社の所在地を確認したところ、「熊本県人吉市下林町2129-2」という事で、なるべく偏見は排除して検証したいですが、ド田舎の個人投資家が副収入を得ようとしているだけ としか思えません。

よって、 IBI Square Stocksのご利用は現状ではおススメできません

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

IBI Square Stocksへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る