リアルストックレポート(Real Stock Report) 評価なし0件のレビュー(0/5)

リアルストックレポート(Real Stock Report)

 リアルストックレポート(Real Stock Report)

リアルストックレポート(Real Stock Report)優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、「実質運営停止」や「不可解な社名変更」などの悪評が散見 されますね‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずリアルストックレポート(Real Stock Report)が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「ハイリターン投資情報の提供を追求した日本株式の情報配信サイト」との事です。

主な特徴としては以下が掲げられています。
・全体の相場動向に左右されない投資戦略があるようで、短期で大きな利幅を狙える銘柄はもちろん、中・長期的に投資を考えている人向けの銘柄情報まで幅広く取り扱う事で、全ての会員に総合的にバランスの良い資産形成を目指してもらえる。

・今買うべき銘柄をスピーディーに提供するらしく、「すぐに結果を出したい」「確実な上昇力を持つ情報 を得たい」といった希望を持っている投資家の為に、潤沢な情報網を駆使して選び抜いた銘柄を、ピンポイントに、同業他社よりも迅速に届ける「情報スピードは業界随一」と自負。

・他社とは一線を覆す高度な精査能力を兼ね備えたアナリスト達が、身近な株式投資のパートナーとして、保有銘柄や現在検討中の銘柄の動向を、細かくアドバイスする。

その他にも「仕手株情報」「即日暴騰銘柄」など正直胡散臭いワードが多数見受けられます。

まず、「確実な上昇力を持つ情報」という表現は「断定的判断の提供」としてアウト でしょうね。
この段階で本サイトは素人が運営している事が判明しました。
プロが「確実」なんて言うわけありませんから。

主なサービス内容
「実質運営停止」という口コミ通り、現在は「第13期無料モニター会員の募集は満枠に伴い終了致しました」と記載されています。
登録できない以上「運営停止」と見なされても仕方ありませんね。

・無料銘柄相談
・本日の注目銘柄

※有料
・ゴールドセレクトレポート

上記のコンテンツがあったようですが、詳しい内容は確認できませんでした。

その他、HPには実績が掲載されていますが、2014年8月と2年以上前の銘柄ばかりです。
「13期」も運営されているのに、なぜ2年以上前の実績しかないんでしょうか‥
このあたりの整合性が考えられない、まさに「素人」 ですね。

最後に「不可解な社名変更」についてですが、ネットで調べたところ以下のような事実が判明しました。

file201

関東財務局から「 無登録で金融商品取引業を行う者」として警告を受けていますね。

そして備考には「当該業者が提供するサービスの名称は「Real Stock Report」 であり、平成27年5月22日付で警告を行った「株式会社エイチケー」が提供していたサービスの名称と同一である。」と記載されています。

どうやら当初は「株式会社エイチケー」その後「合同会社101」と社名を変更、さらに現在は「ブレインズ合同会社」と表記されています。

当然会社所在地や連絡先も
・東京都中央区日本橋兜町17-2→千葉県千葉市稲毛区荻台町38番地1
・03-4589-0739→050-6867-6374

要するに、 警告を受けるたびにトンズラこいていたという事です。
もはや議論の余地なしですね。

間違いなく悪徳株情報サイト です。
今後も、社名変更→サイトリニューアルという迷惑なサイクルが起こり得るので随時検証していきたいと思います。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

リアルストックレポート(Real Stock Report)への口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る