日経総合投資顧問 18件のレビュー(1.53/5)

日経総合投資顧問

 日経総合投資顧問

■最新追記(2018/6/7 追加検証済み)
日経総合投資顧問の運営元「ヘッジファンドバンキング㈱」が5月22日 行政処分を受けました。
内容はこうです↓


・金商免許を持っている会社が、裏で「無免許サイト」を回していた。


要は、金融庁の認可を受けた「正規」の投資顧問業者が、無認可の「非正規サイト」を混ぜて運営していたわけです。しかも隠れて

これ、めちゃくちゃタチが悪いですよね‥当然これを見つけた関東財務局は、即時に処罰を下します。 ●罪状:3か月の業務停止

3か月後にどのツラ下げて復活するつもりなのでしょうか?
今は日経総合投資顧問の非会員ページにはしっかりと罪状とお詫びが記されていますが、3か月後にはこの文言は100%削除されていることでしょう。

▼反省のふりも3か月だけでOK
日経総合投資顧問の行政処分について
これも金商免許の怖いところなんですが、違法な行為であるにも関わらずそう簡単に「逮捕」や「免許はく奪」にはならないのです。

一度金融庁が認めてしまった免許・・業界では「水戸黄門の印籠」ほどの効果があると思って頂けば分かりやすいかもしれませんね。

今回の場合は、無免許サイトを同時に運営していたわけですから、金融庁をも騙していたことになります。もちろん一番騙されていたのは関連サイトやグループに登録していた「既存会員」の人たちでしょうけど・・。

1年前の検証で「怪しい関連サイト」を上げていきましたが「やっぱり」でしたね。
引き続き、特に行政処分が解ける「2018年8月29日」近辺は注意深く見て行こうと思います。


■追記(2017/8/1/追加検証済み)
「日経総合投資顧問」の検証を行ったのは約1年前(2016年)。
その間、何か変化はあったのか、HPや読者様からの口コミなどを基に再度検証していきます。

まず冒頭ではありますが、本サイトが「ヘッジファンドバンキング株式会社」によって運営されている事を強調しておきます。

これまで同社が運営するサイトを多数検証してきましたが、総じて低評価 で利用するのは危険と言わざるを得ません。詳しくは以下の検証記事をご覧ください‥

グループ一覧(ヘッジファンドバンキング株式会社運営サイト)
株無双
ヘッジファンドバンキング→閉鎖
ユニバーサル(UNIVERSAL)→閉鎖
トラストインベスターズ(Trust Investers)→閉鎖
カブトレックス投資顧問
株ナビゲーター
株ドカン!
若林史江の実況!生トレード

根本的に同じ会社が複数サイトを運営しているだけで不審ですよね。プロの投資顧問として実力で、=サイト1本で勝負してもらいたいですね。
まぁとにかく、あまり期待せずに再検証を進めていきます。

まずはHPについて。
久しぶりにHPを見ましたが、全く変化なしです。
若干古臭く、「まずは無料登録」をという同グループお決まりの流れ。

サービス内容について。
上述のように本サイトでは無料登録を受けています。

会員ページは手抜きと言える内容で、非常に簡素。
ただ、以前のように「銘柄情報が欲しけりゃ電話しろ」的な記載は消えていますね。

・無料メルマガ
1日2通、寄り前と大引けの東京市場についての配信があります。

・最新ニュース
「東京市場サマリー」が引け後に更新されています。
調べたところ、文言を一部他サイトから パクっている事が判明しました‥

左「日経総合投資顧問」 右「日経新聞電子版」

file407file406

ちなみに、一応言っておきますが、本サイトは「日経新聞社」とは一切関係がありません。無断で記事を転載するのは投資顧問サイトとして問題アリ ですね。

・無料銘柄相談
以前までは電話番号の入力を要求されましたが、今でもむしろ「電話での銘柄相談はうけつけていない」との事。

電話で相談されても答えられないからでしょうか‥
利用者が自発的に電話で相談したい場合は、応えるべきだと思いますがね‥

単純に今までの運営体制が批判され過ぎて、「電話番号ありき」な営業手法からは一応脱却している模様。

以下有料
本サイトでは以下2つのコースが用意されていますが、申し込みページは存在しません。
という事は、利用するには「問い合わせ」しかありません。

◆短期スイングトレードコース
資初心者の方や経験の浅い個人投資家の皆様のために買い付け価格やロスカット値、一部コンテンツなども無料で開放するコース。
料金:30万円~

◆中期スイングトレードコース
特に正確性の高い情報を弊社専門チームが精査を行い、決断次第随時公開していく『特注品』のプラン。
料金:30万円~

両プラン共に契約期間も具体的な料金設定も不明ですか‥それでは利用者側から問い合わせるしかないじゃないですか‥

「電話番号ありき」→「利用者からの問い合わせありき」に変わったという事ですかね。 それはそれで「おかしな話 」です。

実績について。
HPには直近の実績が公開されていますが、検証日段階では2016/11/10が最新実績のようです。(検証日8月上旬)

単に更新をサボっているのか、本当に実績がないのか分かりませんが、利用検討する上で欠かせないファクターですから、しっかり仕事をしてもらいたいところ。

以上、「日経総合投資顧問」の再検証を行ってきましたが、低評価を覆すだけの要素は見受けられませんでした。やはり 安易に関わるべきではないでしょうね。

引き続き、「日経総合投資顧問」の動向を注視していきたいと思います。

※以下、サイト全体の検証記事になります。
上記の追記と合わせてご覧ください。

■検証記事

日経総合投資顧問優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価は最悪ですね‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず日経総合投資顧問が如何なる投資顧問なのか確認していくと、「日本の株式市場において起こりうる全ての事例の中からより入念な調査を行いご提供する事で、お客様の大切な資産が更なる飛躍を遂げるよう最大限のサポートを行い、快適なトレードライフをご提案する」との事。

検証進めていく前に、同社は悪徳投資顧問である可能性が極めて高い という事を言っておきたいと思います。
なぜならば、運営事業社はヘッジファンドバンキングであり、同社は以前検証した「株無双」も運営しているからです。

ちなみ株無双の検証結果は、 「損切りが呆れるほど下手であり素人が運営している可能性大の悪徳投資顧問」です。
よって、ほぼ間違いなく日経総合投資顧問も素人が運営していると思われますが、一応検証を続けていきます。

主なサービス内容
・無料銘柄相談
・東京市場サマリー
・無料メルマガ

以下有料
・中期プラン
推奨銘柄を見てもどうすればいいのかわからない、といった特に投資初心者の方や経験の浅い個人投資家の皆様のために買い付け価格やロスカット値、一部コンテンツなども無料で開放する事で、株式専門用語などにも慣れて頂き、不明な点についてはお問い合わせ頂く事で随時細かくご説明させてご説明内容も豊富なため継続してプランをご利用頂く事も可能
料金:10万~90万円

・長期プラン
一般個人投資家が事前に知り得る事がまず不可能な特定短期資金流入観測や、ファンド介入、または大口資金介入の高期待情報もあり。この中から特に正確性の高い情報を弊社専門チームが最速で精査を行い、決断次第随時公開していく『特注品』のプラン。随時提供のため、ひとつのプランに対してご購入頂けるシステムとなっており、定額制プラン会員様にもご購入が可能
料金:100万~350万円

その他、HPには実績が掲載されているのですが、当然信用してはいけません。
銘柄は材料系仕手株ばかりで、上昇率を比較的控えめにして信憑性を出そうとしているだけです。

無料コンテンツも内容がペラペラで中身は全くなく、メルマガに記載されている銘柄情報を受け取るにはなぜか 「電話番号」の入力を要求されます。

メールで十分なのに電話番号に拘るあたり、教えてしまったが最後、 しつこい勧誘をしてくる事は間違いないでしょう。

今後も引き続き、メルマガや実績の動向をチェックしますが、 素人が運営している限り必ずボロが出てくると思います。
実際に利用された方はもう素人投資顧問の餌食になっているかもしれませんが‥

同社のように金商こそあるものの 素人が運営している投資顧問も多数ありますので、気を付けましょう。 日経総合投資顧問は悪徳投資顧問の可能性が極めて高いので、絶対に利用してはいけません

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

日経総合投資顧問への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る