じょうしょうダルマ 8件のレビュー(1.33/5)

じょうしょうダルマ

 じょうしょうダルマ

じょうしょうダルマ」は優良投資顧問なのか悪徳投資顧問なのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はイマイチのようです。早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず、「じょうしょうダルマ」が如何なる投資顧問なのか確認していくと、「新光証券(現みずほ証券)主催の仮想株取引「S-1チャンピオンシップ」において75000人中5位を獲得」した國澤晃氏が代表を務める投資顧問のようです。

國澤氏は証券アナリスト、FPなど金融・財務・税務関連の資格を保有しており、企業業績や業界動向を読み解きながら、テクニカル分析で株価の動きを見極めるのが得意との事です。

「じょうしょうダルマ」の主な無料サービスの内容は以下の通りです。

・無料メルマガ
・ブログ
國澤氏の日常・プライベートが記載されているだけなので、なんの意味もありません。

「じょうしょうダルマ」の主な有料サービスの内容は以下の通りです。

・有料メルマガ 料金:1カ月/3,980円~
業績、市場テーマ性、テクニカル、需給要因、他社比較などなど、総合的に判断して売り買いそれぞれの目標株価、損切り水準などを提示します。配信銘柄は週2銘柄以上。メールは市場概況、銘柄フォローなどを含めてほぼ毎日配信
・銘柄診断サービス 料金:6,980円
業績・業界の立ち位置・テクニカル・需給など様々な切り口から中期的な適正株価を弾き出し、投資指針としての情報を提供

その他、HPには2016年6月分の実績が掲載されており(検証は同年8月)、買い推奨銘柄と売り推奨銘柄が複数確認できました。銘柄の傾向としては、仕手株や大型株というわけではなく、基本に忠実にややテクニカル目線という印象でしょうか。中小型の微妙な銘柄が多いですね。

6月に関しては英国のEU離脱問題のおかげで「売り」で買っているようなに見受けますが、6月のBrexitショックを予想していたはずないので、評価対象外でしょう。

「買い」の実績に関しては、買値が常に推奨当日の安値もしくはその近辺であること、目標の利食い幅(おそらく10%)に達していないにも関わらず直後の高値で「勝ち」という掲載方法には疑問が残ります。

具体的には、ほくほくFG(8377)。
HPによると、6/1推奨で買値135円、高値142円、最大上昇率5.2%との事。
6/1の四本値は、始値136円・高値142円・安値135円・終値138円です。

file134

つまり推奨当日に安値と高値を言い当てない限り、HP掲載のような上昇率を利益として得る事はできないのです。 そんな事不可能ですし、Brexitショック前でも安値で118円まで下落してますから、普通に損切りで「失敗」ですよ。

HPにはこのようなセコイ掲載方法で、さも「勝ち」「プラスを維持」なんていう印象を与えていますが、 一番重要なのは「利用者がどれだけの利益を得たか」です。

私の見解では同社の助言を受けて6月はプラスだったとは到底思えませんし、正直そんなに銘柄選定が上手いとも思いません。

さらに直近で重要なのがBrexitショック後の対応ですよね。
7月の実績は掲載されていませんが、同社が7月に推奨しているポートフォリオ銘柄の成績が以下になります。

file133

・日本セラミック(6929)
買値7/1始値1923円、売値7/29終値2044円でプラス6.2%
・三菱製紙(3864)
買値7/1始値71円、売値7/29終値72円でプラス1%
・あさひ(3333)
買値7/1始値1472円、売値7/29終値1453円でマイナス1.3%
トータルでプラス5.9% ほど。

どのタイミングで買い推奨したかにより成績は上下しますが(HP掲載の内容的に三菱製紙とあさひは高値掴み、同じ期間の日経平均のパフォーマンスがプラス8%以上である事を考慮すれば、同社の実力は大した事ない事が分かりますね。

以上、じょうしょうダルマの検証結果をまとめると、実績の掲載方法は誤魔化しが多く、実際に利用して勝てるとは考えづらく、Brexitショック後の対応は低レベルなので、利用する価値のない投資顧問とさせていただきます。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

じょうしょうダルマへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る